1
/
5

漫画を仕事にすることを諦めなかった二人の若手が語る、”出版社”じゃない漫画の会社で働く意義【先輩インタビュー】

こんにちは!採用担当の西村です。

ナンバーナインでは、2022年7月1日より新卒採用をスタートしました。様々なポジションから漫画に携わる「総合職」と日本発の人気WEBTOONを制作する「クリエイティブ職」の2ポジションの募集を行なっています。

総合職
23新卒採用!漫画業界の新しい可能性を私たちと一緒に切り拓きませんか?
2016年11月に創業した、「すべての漫画を、すべての人に。」をMissionに掲げるデジタルコミックエージェンシー。デジタル配信サービス「ナンバーナイン」や確定申告代行サービス「ナンバーナインタックス」、オリジナル漫画制作など、デジタル領域で活躍する漫画家さんが個人の活動の幅を広げるためにさまざまな事業でサポートを行っています。 コーポレートサイト: https://corp.no9.co.jp/ 漫画アプリ「マンガトリガー」を開発・運営する会社として創業した後、2018年のデジタル配信事業のスタートによって、事業展開を「漫画読者のためのサービス」から「漫画家のためのサービス」へとピボット。デジタル配信事業をグロースさせつつ、同年から確定申告代行、そして2020年には作家マネジメントといった漫画家サポート事業も開始しました。デジタル時代において、商業・同人を問わず活動するすべての漫画家、すなわちインディペンデント作家の創作活動に不可欠なインフラとなるべく邁進します。 ■デジタル配信サービス「ナンバーナイン」 漫画家自身が権利を持つ漫画を、取次を通して最大145の電子書籍ストアに配信し、ナンバーナイン入金額の最大80%を収益として漫画家に還元する国内最大規模のデジタル配信サービスです。2018年7月にサービス開始して以来、2022年3月末時点で2,770作品以上の漫画を電子書籍化。商業、同人、SNS漫画家など、ご利用いただく方はジャンルを問わず様々で、1,202名以上の方々にご利用いただいています。 https://no9.co.jp/ ■確定申告代行サービス「ナンバーナインタックス」 漫画家とイラストレーターを対象に、領収書や明細などを送るだけで確定申告(青色申告)作業を最低9万円(税別)から依頼できる確定申告代行サービスです。2018年のサービス開始から4年で590件以上の確定申告を代行。漫画家・イラストレーターの苦手な事務作業を引き受け、創作活動に充てる時間を創出しています。 https://tax.no9.co.jp/ ■Studio No.9(WEBTOON制作スタジオ) 2020年に再び注目を集めたWEBTOON(縦読みフルカラー漫画)を、スタジオ制を取り入れる形で制作しています。弊社のスタジオでは、「原作・ネーム・線画・着色・背景」の5つの工程を、作品に応じて担当を付けて制作。チームで日本初の大ヒットWEBTOONを生み出すために、日々邁進中です。 ■その他 スケジュール管理やタスク管理といった漫画家のマネジメント業務、漫画クラウドファンディングの企画プロデュースなど、漫画家の創作活動をサポートする様々な業務を行っています。
株式会社ナンバーナイン
WEBTOONクリエイター
23新卒採用!日本発のヒットを作る未来のWEBTOONクリエイター募集
2016年11月に創業した、「すべての漫画を、すべての人に。」をMissionに掲げるデジタルコミックエージェンシー。デジタル配信サービス「ナンバーナイン」や確定申告代行サービス「ナンバーナインタックス」、オリジナル漫画制作など、デジタル領域で活躍する漫画家さんが個人の活動の幅を広げるためにさまざまな事業でサポートを行っています。 コーポレートサイト: https://corp.no9.co.jp/ 漫画アプリ「マンガトリガー」を開発・運営する会社として創業した後、2018年のデジタル配信事業のスタートによって、事業展開を「漫画読者のためのサービス」から「漫画家のためのサービス」へとピボット。デジタル配信事業をグロースさせつつ、同年から確定申告代行、そして2020年には作家マネジメントといった漫画家サポート事業も開始しました。デジタル時代において、商業・同人を問わず活動するすべての漫画家、すなわちインディペンデント作家の創作活動に不可欠なインフラとなるべく邁進します。 ■デジタル配信サービス「ナンバーナイン」 漫画家自身が権利を持つ漫画を、取次を通して最大145の電子書籍ストアに配信し、ナンバーナイン入金額の最大80%を収益として漫画家に還元する国内最大規模のデジタル配信サービスです。2018年7月にサービス開始して以来、2022年3月末時点で2,770作品以上の漫画を電子書籍化。商業、同人、SNS漫画家など、ご利用いただく方はジャンルを問わず様々で、1,202名以上の方々にご利用いただいています。 https://no9.co.jp/ ■確定申告代行サービス「ナンバーナインタックス」 漫画家とイラストレーターを対象に、領収書や明細などを送るだけで確定申告(青色申告)作業を最低9万円(税別)から依頼できる確定申告代行サービスです。2018年のサービス開始から4年で590件以上の確定申告を代行。漫画家・イラストレーターの苦手な事務作業を引き受け、創作活動に充てる時間を創出しています。 https://tax.no9.co.jp/ ■Studio No.9(WEBTOON制作スタジオ) 2020年に再び注目を集めたWEBTOON(縦読みフルカラー漫画)を、スタジオ制を取り入れる形で制作しています。弊社のスタジオでは、「原作・ネーム・線画・着色・背景」の5つの工程を、作品に応じて担当を付けて制作。チームで日本初の大ヒットWEBTOONを生み出すために、日々邁進中です。 ■その他 スケジュール管理やタスク管理といった漫画家のマネジメント業務、漫画クラウドファンディングの企画プロデュースなど、漫画家の創作活動をサポートする様々な業務を行っています。
株式会社ナンバーナイン

求人を見るだけではわからない「ナンバーナインってどんな会社なんだろう?」「どんな人が働いているんだろう?」という疑問に応えるべく、現在活躍する先輩たちにインタビューを行いました!

このストーリーでは、22年4月に新卒として入社後クリエイターエコノミー事業部にて活躍するHさんと、コンテンツ事業部の漫画編集者であるFさんのお二人にお話を伺いました。

漫画に関係する仕事に就きたい方、ナンバーナインに興味を持っている方はぜひご覧ください。

(左:先輩・Fさん 右:22年新卒・Hさん)

ーー Hさんは総合職社員として22年4月に新卒入社されたと思うんですが、まずナンバーナインを選んだ理由を教えてください。

H 自分のやりたいこと、好きなことに関わる仕事に就きたかったのが一番の理由ですね。

実は就活して他の会社で内定をもらっていたんですが、すごく興味のある分野の仕事、というわけではなかったんです。会社や社員さんの雰囲気は良かったけど、新卒で働くなら自分が1番好きな分野で働きたいと思うようになりました。「好きなことを仕事にしないほうが良い」って言葉もよく聞くので迷ったんですが、その内定先でインターンをしていた時に「自分は好きなことを仕事にしてもやっていけるタイプなんだ」って気づいたんです。

ナンバーナインではもともと大学4年からインターンとして働いていたのですが、それも漫画が好きだからというのが大きな理由でした。インターンとしての関わりの中で会社の雰囲気や社員さんがいい人だということも知っていたので、そこも決め手の一つですね。

ーー 入社後のギャップはありましたか?

H 入社前に「TikToker推し漫グランプリ」というイベントを配信で見て、面白い企画をやってる会社だな〜〜って思ってましたね。入ってからも面白い会社だったので、特にギャップはないです。(笑)

ーー そんな面白い会社で働く社員の人たちについて教えてください!

F 全員漫画が好きですね。特に僕の所属しているコンテンツ事業部のメンバーは「この流れならこの漫画のあのシーンのセリフを言う」っていうのをみんなやってますね。

H ある!!(笑)ここで『SLAM DUNK』のこのセリフ、とかやりますよね。

F 全員やりますからね。インターン生から社長まで。

H 楽しいですね。(笑)

F 遊び心はみんな持ってますね。

H あとは、対等に向き合ってくれるところもうちの会社の好きなところです。インターン時代も今もそうなんですが、上司の方たちがメンバーや新卒の意見を聞いて良いと思ったものはしっかり取り入れてくれるんです。すごくありがたい。意見を言ってだめって一蹴されるんじゃなくて、まずはきちんと聞いてくれる。入社年次や経歴に関係なく意見を尊重してくれる人が多いです。

ーー ナンバーナインで働く中で、どんなところが楽しいですか?

F 漫画家さんと直接コミュニケーションが取れる環境なのは良いですよね。僕の場合は編集者というポジションで漫画家さんとWEBTOONを作っているんですが、漫画家さんって自分じゃ思い付かないような斜め上の発想を出してくれるんですよ。打ち合わせがあっという間に過ぎていくくらい楽しいです。他の部署でも漫画家さんとのコミュニケーションそのものが刺激になっていることは多いんじゃないかなと思います。

H 業務外だと、最近発足したカラオケ部ですかね。他の部署の人とも交流が持てるし、好きなことを共有できるのが楽しいです。漫画家さんもカラオケ部のメンバーに入っているので、意外な一面を知ることができますね。

F 漫画家さんが会社のカラオケ部に所属してるって、他の出版社ではなかなかないと思う。(笑)

H そうですね。(笑)歌ってる時部員が盛り上げてくれるのも楽しい。

F カラオケ部行ったことないな…。

H 盛り上がってますよ〜!

F カラオケ苦手なんで…それでいうと、僕はポケカ部に注力してます。

H 流行ってますね。ちなみにどちらも非公認です!

F そうですね、勝手に発足してますね。(笑)

ーー 逆に、大変なことはどんなところでしょうか?

H 仕事の裁量が大きいので、一人ひとりの責任がかなり重い仕事もあります。もちろん新卒でも。

F 自分の部署の仕事だけじゃないよね。僕の場合も漫画編集と「漫画家ミライ会議」っていうイベントの運営サポートもやったりするので。

H わかります。部署を超えての兼任での仕事もありますよね。

F 「この部署だからこの仕事だけ」ってことがない。大変な部分もありますが、新しいことにチャレンジできるので楽しい部分も大きいですね。

ーー 最後に就活中の学生に向けて、ナンバーナインをオススメするならなんて言いますか?

F Hさんみたいに漫画が好きで、漫画関連の仕事に就きたいって漠然と考えている人も多いと思います。そういう人に、漫画業界で働くことについて、色々な選択肢があるということを伝えたいです。ナンバーナインでは漫画に関する様々なサービスを提供しているので、自分の志向性に合った仕事が見つかると思います。最初から選択肢を狭めずに、いろいろ見てほしいですね。

H あと、評価されるのが数字だけではないところもいいですよね!

F 確かに。ナンバーナインでは毎月MVPが選出されるんですが、その基準が「バリューを1番体現した人」なんですよね。

H 営業実績が1位だった、数字を1番上げた、ではなくて、年齢や業務内容関係なく、ナンバーナインの大切にしている価値観に対して頑張った人が評価されています。

F HさんもMVP取りましたもんね。

H そうですね、ありがとうございます!

F 個人で稼げる漫画家さんを増やす「アクセルナイン」というプログラムも去年始まったばかりなんですが、社員の声から生まれたサービスなんです。漫画・漫画家さんのためになることであればすぐ言える環境が整っているし、しっかり受け止めてくれるメンバーが集まっているので、漫画に関わりたいという方にはオススメしたいですね。

H 漫画が好きで、漫画に対して少しでも貢献したいという人にはピッタリな会社だと思います!

F 飽きずに楽しく働けるんじゃないでしょうか。

H まさに。飽きることはないですね。

株式会社ナンバーナイン's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ナンバーナイン
If this story triggered your interest, have a chat with the team?