1
/
5

What we do

2016年11月に創業した、「すべての漫画を、すべての人に。」をMissionに掲げるデジタルコミックエージェンシー。デジタル配信サービス「ナンバーナイン」や確定申告代行サービス「ナンバーナインタックス」、オリジナル漫画制作など、デジタル領域で活躍する漫画家さんが個人の活動の幅を広げるためにさまざまな事業でサポートを行っています。 コーポレートサイト: https://corp.no9.co.jp/ 漫画アプリ「マンガトリガー」を開発・運営する会社として創業した後、2018年のデジタル配信事業のスタートによって、事業展開を「漫画読者のためのサービス」から「漫画家のためのサービス」へとピボット。デジタル配信事業をグロースさせつつ、同年から確定申告代行、そして2020年には作家マネジメントといった漫画家サポート事業も開始しました。デジタル時代において、商業・同人を問わず活動するすべての漫画家、すなわちインディペンデント作家の創作活動に不可欠なインフラとなるべく邁進します。 ■デジタル配信サービス「ナンバーナイン」 漫画家自身が権利を持つ漫画を、取次を通して最大150の電子書籍ストアに配信し、売上の最大80%を収益として漫画家に還元する国内最大規模のデジタル配信サービスです。2018年のサービス開始から3年で1900作品、4000冊以上の漫画を電子書籍化。商業、同人、SNS漫画家など、ご利用いただく方はジャンルを問わず様々です。 https://no9.co.jp/ ■確定申告代行サービス「ナンバーナインタックス」 漫画家とイラストレーターを対象に、領収書や明細などを送るだけで確定申告(青色申告)作業を最低9万円(税別)から依頼できる確定申告代行サービスです。2018年のサービス開始から3年で200件以上の確定申告を代行。漫画家・イラストレーターの苦手な事務作業を引き受け、創作活動に充てる時間を創出しています。 https://tax.no9.co.jp/ ■その他 自社オリジナル漫画の制作や企業様からご依頼いただいた漫画の企画編集業務、スケジュール管理やタスク管理といった漫画家のマネジメント業務、漫画クラウドファンディングの企画プロデュースなど、漫画家の創作活動をサポートする様々な業務を行っています。 漫画に関するご相談、お待ちしております。

Why we do

東京オフィスのメンバーは、平均年齢30歳。インターンを含めると男女比率8:2くらいです。 ※2021年7月頃撮影
デジタル配信サービスの根幹となる電子書籍制作や、確定申告代行の対応を行う日南デジタル漫画ラボのメンバー。男女比は、5:5くらいです。 ※2020年9月頃撮影
ナンバーナイン創業メンバーだけでなく、働く全員が漫画好きであり、人生において漫画に少なからず影響を受けてきた経験があります。大人になったいま、漫画産業に恩返しをしたいという気持ちが芽生える程度には漫画好きです。 2017年に電子コミックスが紙コミックスの売上を上回り、電子コミックス市場は年々右肩上がりに成長を遂げるなど、漫画業界も電子書籍が立ち上がってからの10年で激動の時代を迎えています。 商業、同人、SNS、WEBTOON……。もはや媒体を選ばず、あたらしい漫画たちは毎日のようにどこかで産声を上げています。ナンバーナインは、誰もがつくり手になれる時代だからこそ、「すべての漫画を、すべての人に。」というミッションを掲げ、つくり手が創作に専念できる環境や生み出された物語を読者に届けきるサポートを行います。

How we do

主力サービスであるデジタル配信サービス「ナンバーナイン」から、KADOKAWAとの提携で紙単行本の発売が実現したり、オリジナル漫画の連載・単行本化など、他社と連携しながらアナログとデジタル様々な取り組みを行っています。
ナンバーナインの従業員ステートメント「9 Values(ナインバリューズ)」。5つの価値観を、働く上で大切にしています。
私たちのMISSION「すべての漫画を、すべての人に。」を実現させるために、主に下記の3つの方針を立て、「技術(スキル)と魂(ソウル)で漫画(コミック)の価値(バリュー)を最大化(マキシマイズ)する」ために日々の業務に取り組んでおります。 ■ 電子コミックスのグロース戦略立案と実施 SNS施策、ストアセール、個人連載など、多くの読者に届ける独自戦略を企画立案 Kindleマンガ売れ筋ランキング1位を多く獲得するなど販促実績も多数 ■ 徹底した効率化と品質向上を目指した制作環境の実現 2019年に日南デジタル漫画ラボを設立し、電子書籍制作の専門チームを組成 独自の制作ノウハウと日々の改善によって、高効率・高品質な電子書籍制作を実現 ■ 漫画家が創作に専念するためのサポート事業を多角展開 確定申告代行、作家マネジメントを通して作家の事務作業を担当 漫画制作や漫画クラウドファンディングなどを通して、漫画制作の機会を創出