1
/
5

【100%自社開発アプリ】ナレコムVR体験会を開催いたしました!

先週11/2にナレッジコミュニケーション自社製品である「ナレコムVR」の体験会を開催いたしましたので、その時の様子を公開いたします!

今回の体験会ではナレコムVRのインストールから実際にHololens2を被り体験頂き、MRの活用イメージを持って頂くことが目的となっております。

ナレッジコミュニケーションでは、MR技術やHololens2活用ご興味のある方向けイベントを定期開催しております。

■ナレコムVRとは

「ナレコムVR」は、米国マイクロソフトコーポレーションが提供するMixed Reality(複合現実)ヘッドセット「HoloLens2」向けのアプリケーションです。 「メタバース(仮想空間)」という言葉が日常生活に浸透し始めた2022年は「メタバース元年」とも呼ばれており、「VR(仮想現実)」や「AR(拡張現実)」といった技術を駆使し、仮想空間を複数人で共有する技術にますます注目が集まっています。製造業や教育分野等、様々な業界・業種で活用ケースが増えております。ナレコムVR紹介動画はこちら


こちらの記事下部にアプリインストール・無料会員登録のご案内がございます。

ぜひお試しください!



【教育分野での活用例】

・講義、研究分野におけるVR/ARの活用 紙媒体で学習していたものを3次元で可視化することで、学生の理解促進を目的とした新しい授業を実現できます。

・オープンキャンパスでの人の誘導・人手不足解消 学校内でのMRナビゲーションによる人の誘導。普段の学校の様子を現実世界に投影し、入学後イメージを促進。ナビゲーションの公開機能を利用すればQRコードを読み取るだけでナビゲーションを体験することができるので、広報部の人手不足にも役立ちます。

教育分野向け利用イメージ動画



【製造現場での活用例】

現場作業での人手不足解消・技術継承を目的とした ・作業誘導 ・工場見学、新人研修での活用 普段、機械が動いている様子や障害発生時の対応方法を3Dモデル・動画などを利用して現実世界に投影。現場に説明できる人がいなくても何度もトレーニングが可能です。

製造業向け利用イメージ動画



イベント参加対象者

・大学におけるVR・AR活用促進・研究支援を検討中の方

・製造現場にて技術継承・トレーニングにDX推進を求める方

・HoloLens2の利活用を考えている方


■体験会アジェンダ


●ナレコムVRの概要紹介

セミナー形式でナレコムVRの概要やユースケース・導入フローなどをご紹介

●ナレコムVR体験会

HoloLens2、スマートフォンを用いて、実際に3Dモデルを空間上に配置、又ナビゲーションのデモ体験

スタッフが横について回るので、QAが常にできる状態で体験していただけます。


ナレッジコミュニケーション最新情報は公式Twitterから!

https://twitter.com/KnowComInc

【無料登録ご案内】

https://narekomu-vr.com/#flow

アプリをインストール、登録すればすぐにお試しいただけます。


1.アプリインストール

まずはスマホで体験がおすすめです!

IOS版(おすすめ!)

https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A0vr/id1579268145

Android版(おすすめ!)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.DefaultCompany.NarekomuVR2Mobile&hl=ja&gl=US&pli=1

HoloLens2版

https://apps.microsoft.com/store/detail/%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A0vr/9N0BNNML4CC0


2.会員登録

アプリから会員登録すると、メールが届きます。

URLより本登録をお願いします。


3.ナビゲーション作成

ログイン後、ナビゲーション作成・コンテンツ配置の体験ができます。

※会員登録後に自動でお試しコンテンツがアップされておりますので、ぜひご利用ください。

ナビゲーション作成イメージはこちら

https://youtu.be/1R-VGfkI4vA


■お問い合わせ、資料ダウンロードはこちら

https://narekomu-vr.com/contact/

株式会社ナレッジコミュニケーション's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ナレッジコミュニケーション
If this story triggered your interest, have a chat with the team?