1
/
5

≪社員インタビュー#7≫産業保健事業部 保健師対談

こんにちは!社員インタビュー第7弾は、産業保健事業部カスタマーサクセスチームにて産業保健師として活躍している舍川美咲(シャガワミサキ)さん※写真中と、今年新たに入社した島田綾弥(シマダアヤ)さん※写真左と出口春花(デグチハルカ)さん※写真右との対談形式です。

※写真撮影の時のみマスクを外しております。

まず弊社の保健師として最前線で活躍している舍川さんに質問です。

1.新型コロナウイルス流行前後で、保健師業務はどう変わりましたか?

≪舍川さん≫
昨年の緊急事態宣言に伴い、在宅勤務やオンラインに切替された企業様がとても多く、チャットやビデオ会議でのコミュニケーションギャップなど、オンライン特有の相談が増えております。

また、自分が新型コロナウイルスに感染したらどうしようと不安を抱える方も多くいらっしゃいます。
少しでも安心してもらえるよう、保健師として正しい感染予防対策をお伝えしています。

良い変化としては、面談者が自宅から繋いでオンラインで面談する機会も増えたので、会社の会議室等で面談するときよりも、リラックスしてお話が出来ている印象もありますね。

保健師の業務ですと、いままで書面でのやりとりしていたものを電子化し、早く正確に企業様とやり取りが出来るようになりました。

次は、今年入社したお二人に質問です。

2.弊社の魅力は?

≪島田さん≫
入社時の教育・研修がしっかりしていて、先輩の保健師がフォローしてくれるので、未経験でも半月程の研修で、すぐに成長することが出来るのが魅力だと思います。

また、週1回保健師全員でミーティングをしており、各自担当する企業様での事例共有や、不安点や分からないことを相談できているので解消できています。

≪出口さん≫
会社の雰囲気として、お互いの意見を尊重し合うことを大事にしていると感じています。

まだ入社して間もないメンバーで発言がしにくい立場でも、会議等で自分がどう感じたかを聞いてくれるので、対等に意見が言えます。
また、その意見が全体に反映されるので、自分のやりがいにも繋がりますし、会社の魅力だと思います。


続いて、お三方に質問です。

3.保健師としての今後のキャリアやビジョンはありますか?

≪舍川さん≫
今まで健康経営を意識していなかった企業様へ、0からのスタートを支援をしたいと考えています。
健康管理室の立ち上げを支援したいです。

また企業様ごとに従業員向けのセミナーもしていきたいと考えております。

≪島田さん≫
更なるステップアップとして、メンタル不調者や休職者の数をどうやったら減らせるか、
企業様の健康経営についてサポートができるようになりたいと考えております。

また今後は、新たに入社する保健師の指導も出来るようリーダーのポジションを目指していきます。

≪出口さん≫
まずはAvenir保健師としてのベースを身に着けて、数年後はリーダーシップを発揮できる存在になりたいと考えております。
健康経営を提案できる保健師を目指していきます。

最後の質問になります。

4.どういう人と一緒に働きたいでしょうか?

≪舍川さん、島田さん、出口さん≫
一番大事なことは、向上心のある方、同じ目標に向かって走れる方ですね。

医療機関との大きな違いでいうと、患者さんは待ってても来ますが、保健師業務は待ってる姿勢では変わらないので、攻めの姿勢も必要になります。

一緒に働く保健師とは、自分の意見を伝え相手の意見を尊重し、よりよい答えを導き出し、お互いの足りないところを補って、伸ばせるところを伸ばしていきたいです。

そのためには、人との関わりやコミュニケーションを大切にできることも大事だと考えております。

インタビューは以上となります、ありがとうございました!
3人とも日々訪問でお忙しい中、インタビューに参加していただき、ありがとうございました。
コロナ禍で中々お会いできなかったので、たくさんお話聞けて良かったです。

弊社では引き続き、産業保健師の採用を強化して参ります!
産業保健師が未経験の方、保健師の資格はないが興味がある方でも
ぜひご応募お待ちしております!!

株式会社メンタルヘルステクノロジーズ 's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more