1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【日常】春だ!花見だ!桜が咲いた!~毎年恒例、メディプラスのお花見レポート~

【メディプラスの日常】

こんにちは!メディプラスのまっつんです。

東京はすっかり春の陽気ですね!あちらこちらでソメイヨシノの開花が告げられるや否や、あっという間に満開に!

メディプラスのオフィスがある東京・恵比寿でも、そこかしこで薄ピンクの桜がきれいにほころんでいます。この季節に毎年、全従業員で行っているのが「お花見ランチ」。今年も数グループに分かれて、続々と行ってきましたのでご紹介しますね。

桜が咲いたらさあお花見です!

全社員を数グループにわけ、業務に合わせたタイミングでそれぞれお花見日程を決めたら、みんなで近くの公園へレッツゴー!


シートをひいて、お弁当を並べて、車座になってみんなで「いただきます!」

春の風に舞う桜の花びらがお弁当に入ったり、食べ終わった男性社員たちがふざけて遊びだすのを女性社員がおしゃべりをしながら眺めたり。和気あいあい、とっても楽しいひと時です。



年功序列も男女も関係なく、ワイワイ楽しみます!

メディプラスでは、どんなに業務が多忙でも、皆がコミュニケーションをとるためのイベントは必ず行っています。それは会社と従業員、また従業員同士のエンゲージメント(会社や仲間に対する愛着、絆)をとっても大切にしているから。

エンゲージメントが高まれば、従業員は組織の目標達成に向けて、自発的に自らの力を発揮しようとする傾向が高まります。そして同時に、従業員自身も成長する。それがメディプラスの理想とする自転成長であり、企業理念である「今よりもっと、もっとよりずっと。」に基づいた、「笑顔で一緒に成長できる組織づくり」の施策の一つと言えます。従業員が「一緒に」参加できることがとても重要なんですね。

今しかできないお花見ランチで、たくさんエンゲージメントを高めて楽しんできます!

<社員インタビュー>

<過去の記事>

第1回:ストレスは「コントロールする」時代。明日から変えられる「働き方」、はじめの一歩

第2回:あのクラス替えのドキドキを、もう一度。自分の「居場所」があるっていい感じ。

第3回:得意技は「おせっかい」。会社が休み方さえもプロデュースしてくれた結果

第4回:言われた通り働くだけじゃない。事業を「自分ごと」にするための朝の1時間とは?

株式会社メディプラス's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings