1
/
5

3人のママの私がダブルワークに挑戦!「やりたいこと」を実現するために…<スタッフインタビュー>

メディアファースト採用チームの島田です。
別のお仕事とメディアファーストのお仕事とのWワークをしつつ、主人と息子、双子の娘たちの5人で暮らしています。

長男が生まれたときに勤めていたのは、金融機関でした。

息子を遅い時間まで両親に預けて、毎日忙しく働く…。
せっかくの週末には疲れ果ててしまって、思うように息子と向き合えない…。

罪悪感を抱えながらの毎日でした。

そんな中、待望の第2・3子の誕生。
双子かつ生まれつき病気を抱えていたことから、より「子どもとの時間を大切にしたい」という思いが強くなりました。

育児を最優先にできる秘書のお仕事と出会えたこともあって、思い切って転職し、いまも続けています。


時が経つのは早いもので、長男が高校受験を控える年齢になりました。

息子と進路の話をしていたら「お母さんの今の夢は何?」と聞かれることがありました。

今になって夢を聞かれることもなかったので、、、
戸惑うと同時に「まだ夢を語ってもいいんだ!」とハッとしたことを覚えています。

子どもたちも大きくなり、少しずつ時間に余裕をもてるようになってきたタイミング。
息子との会話がきっかけで、自分のこれからを考えるようになり、私の就職活動が始まりました。


私の「やりたいこと」ってなんだろう?でも、子どもたちとの時間も大切にしたい!

自分のこれからを考えるようになったものの、
「自分のやりたいことをやる」というのは難しい、ということに気が付きました。

きっかけは、やはり息子との会話。

子どもたちには、常々「やりたいことをやりなさい」と言っていました。
でも長男に「お母さんはやりたいことやってる?」と言われたのです。

またまた、ハッとさせられました。
「理由をつけては、やりたいことに目をつぶっている自分」がいることに気が付いたのです。

そこで、まずは「私の楽しみ」を見つけることから始めてみました。

私の今の楽しみは、
育児や家事、仕事の合間に「ネットサーフィンでお気に入りを探す」こと。

ファッションから、お料理、暮らしのヒント、育児のヒント…
様々な情報に触れて刺激を受けていました。

そうするうちに「自分もこうして発信していきたいな」「やりたいをやってみよう!」
そんな思いを抱くようになり、SNS発信やWEBデザインに興味を持つようになりました。

とはいえ未経験…。
インスタも最近になってようやくアカウントを作ったようなレベルの私に何が出来ようか…。

それに、
子ども達がやりたいことを止めたくないし、子どもたちの時間を削らない為には今以上に家を空けるわけにはいかないし…。

それなら、在宅ワークならどうだろう?

そう思って、
「子どもたちに、やりたいことをやってみる私を見せたい!」
「スタートするときは、誰でも初めてだ!」
と、ここは思い切ってチャレンジしてみることにしました。


在宅ワークを軸にお仕事探しがスタート!でもなかなか応募できずにいて…

「在宅ワーク」に焦点をあてて求人を探す日々。

とはいえ、どうも「フルリモートは怪しい」という気持ちが拭えず、、、
なかなか応募の一歩を踏み出せずにいました。

そうこうしている間に出会ったのが、メディアファーストの求人。

これまで見た求人よりも、細かく会社の紹介がされており、どんどんページを読み進めて惹きつけられていった感覚を今でも覚えています。

  • 完全フルリモートで出社は必要ない
  • ライフワークバランスを重視している
  • 「オープンポジション」という職種にとらわれない求人で、新しいことに挑戦させてもらえる環境にあるかも
  • WCMというフレームワークで、しっかり自分に向き合える機会がある
  • 広告業界なら、これからやっていきたい「SNSでの発信」について勉強出来そう

まさに、今の私が求める条件にフィット!

これまで、色んな求人を見ては眺めているだけに終わっていた私にとっては、応募することですら勇気がいることでしたが、
「これも1つの挑戦だ!」と思い切って応募することにしたのです。


メディアファーストでの仕事がスタート!WCMを通してお仕事が決定♪

採用が決まってからまもなく、研修期間がスタート。
メディアファーストでのお仕事の進め方などを学ぶと同時に、「WCM」というフレームワークに取り組みました。

「WillCanMust」は、自分と向き合うフレームワーク。
自分の「Will(やりたい・なりたいこと)」などを見つめる時間です。

そこで大苦戦!
今まで「自分のやりたいという思い」「自分の本当の気持ち」を見てこなかった分、時間がかかりました。

あぁでもない、こうでもない…
色んな側面から自分を見つめなおしました。
堂々巡りをしていくうちに、気持ちが沈んでいくことも。

でも、代表が一緒にとことん向き合ってくださったり、先輩方が温かいお声がけとアドバイスをくださったり。
また、思い出すと辛い過去も改めて振り返ることで、なんとか自分の人生で引っかかっていた部分を見つけることができました!

たくさん時間を使ってしまいましたが、
ようやく言葉にまとめられたときには、本当に光が差したような感覚だったことを覚えています。

ここで見つけた「やりたい」「なりたい」に仕事を通して近付いていく。
これまでの経験も活かせるということもあって、採用チームでのお仕事にチャレンジすることとなりました。

とはいえ「採用」そのものに関わるのもはじめて。
しかも在宅ワークで、どうやってコミュニケーションをとっていくの?と不安でした。

ですが、マニュアルが整備されていたり、チャットやオンラインミーティングで先輩が優しく教えてくださったりしたので、スムーズに仕事に慣れることができました。

分からないことがあれば質問できるので、大変有難い環境だなと感じながら、安心して業務に取り組んでいます。


Wワーク&家庭との両立をする生活もスタート!覚悟はしていたものの…

秘書のお仕事に加え、メディアファーストのお仕事もスタートしたことで、初めてダブルワークをすることになりました。

覚悟はしていたものの、いざスタートするとなかなか大変…!

秘書のお仕事は、毎日ではないものの、朝出勤して夕方に帰宅をするというもの。
今までは帰宅すれば家の事に集中できていました。

でも、ダブルワークを始めてみたら「家に帰った後もメディアファーストのお仕事をしなくちゃ!!」
と、頭の中は仕事のことばかり。

子どもたちから声をかけられても、つい「待って」「後にして」と言ってしまう…。

「何のために在宅ワークにしたんだろう…」
「本当にこれでやっていけるの?」

不安に思いましたが、「せっかくのチャンスをまたここで諦めてはならない!」と生活リズムを見直すことにしました。

  • なるべく子どもたちに変化を与えないようにする
  • 子どもたちとの時間以外に仕事をする
  • 時間のリソースが足りず仕事をするのが厳しいときは、素直に先輩に相談してみる

家と仕事との優先順位を決めてからは、メリハリがつけられるようになってきました


実は、メディアファーストでのお仕事をスタートしてすぐに、子どもたちがインフルエンザになってしまったことがあったのですが、
仕事を休んだり、子どもを留守番させたりせず、変わらずに仕事をすることができました。

子どもに無理をさせず側にいてあげられる。仕事も休まなくていい。
まさに在宅ワークの魅力を実感できた出来事でした。


これから出会う「新しい」にチャレンジしたい!私らしく輝きたい!

「自分のやりたいやってみたいをやってみる!」
「自分で自分を諦めない!」

「私のWill」を見つけた時の思いを忘れずに、
メディアファーストでこれから出会う「数々の "新しい"」にチャレンジしていきたいと思っています。

自分のペースとバランスを大切にできる環境。
まだまだ試行錯誤の段階ではありますが、こうして試行錯誤できるのもまた、メディアファーストの魅力のひとつかなと思っています。

プライベートでも「自分のやりたい」を大切に。
今後も私らしく、心にゆとりを持って、気持ちよく過ごせるように。

無理なく両立をしていきたいと思っています。

株式会社メディアファースト's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社メディアファースト
If this story triggered your interest, have a chat with the team?