1
/
5

ママでもベンチャー企業でしっかり大活躍!2児のママがMMP受賞!


子ども、仕事、この両面に妊娠が発覚した際に不安はありましたか?(仕事として、ママとして)

不安ありました

妊娠発覚した時は正直驚きましたし、不安もありました。初めてのことですしね。

仕事の面では、自分のお腹に子どもがいる状態で、今の働き方はできるのか(していましたけど)、職場は受け入れてくれるのか(受け入れてくれているけど)など、すごく短期間でいろいろ悩みました。
(まだ未知としても設立して間もなく、仕事も忙しく、その中で私が抜けていいのかと・・・
未知のことが大好きだし、仕事も頑張っていきたいし、今まで未知としての前例もなかったので、色々悩みましたね。)

出産に関しては、ほかのママさんと何も変わらないと思います。

不安もあり、楽しみもありといった感情ですね。
今は無事出産できていますが、妊娠出産は何があるかわからないので、自分の体と子どもの成長に不安はありつつも、楽しんでいたといった感じでした。

1回目と2回目の産休・育休で何か変化ありましたか?(仕事復帰への不安など)

変化ありました!


1回目は、長い期間お休みをいただいて、きちんと社会人として復帰できるのか不安のほうが大きかったです。
お休みの間は子どもと一対一で向き合うことに集中できますが、仕事を復帰するとそうもいかないので・・・・

また、長期間お休みをいただいている間、ほかのメンバーは仕事において成長し続けているので、自分は「置いて行かれている」という不安もありました。(自分自身、仕事でも成長し続けたいという想いは強かったので・・・)

仕事に復帰して、自分も「みんなと同じレベル感で仕事ができるのか」など、今となれば悩む必要もないようなことで悩んでいました。

2回目は、1回目の経験もあり、「早く仕事に復帰したい」という楽しみの感情のほうが大きかったです。
1回目に復帰した際、自分は、「自分ができることをしていくことがベスト」ということを知れたし、未知のメンバーとしてみんなが受け入れてくれるという安心感があったからです。また、子育ての面でも少し余裕が生まれたからだと思います。

子育てしながら仕事する、ぶっちゃけしんどいことは何でしょうか?

常に気を張り続けていることです

業務上、お客様へ提供する記事に誤りがあってはいけないし、チーフとして、私の指示がメンバーのアクションに大きく影響を与えることを知っているので、当たり前ですが、仕事中は常に気を張っています。

出産前は、退社すれば自分の好きなことに時間を使うことができ、リラックスする時間も、自分の体調やメンタル状況を見ながら確保できました。
しかし、子どもが生まれればそうもいかなくなりました(笑)

自分の想像を優に超える行動をとるので、少しでも目を離せば、何かを壊したり、ケガをしてしまったりするので、気は抜けません。

ただ、毎日気を張り続けていることに慣れてしまえば、それが普通になってきます。
しんどいかと聞かれれば「しんどい」のですが、やめたいですか?と聞かれても「やめたい」わけではないんです。

両立する中で、しんどいことがあるとき、どうやって乗り越えていますか?体調管理はどうされていますか?

乗り越えられているかはわかりません(笑)


していることとしては、人と話す機会を設けます。
幸いにも、実家の近くに住んでいるので、妹や母親(サザエさん)に会いに行き、「しんどい」理由を口に出して発散します。

また、子どもを実家に預けて、カラオケに行くなど、自分の時間をもらうようにしています。

社内でも上司の渡部さんにお時間いただいて、心が整理できるよう相談させていただいてます。
未知へ入社する前から現在もの長い間、支え続けてくださっている方なので、正直何でも話せます。

体調管理は、正直特別なことは何もしていないんです。
ただ、遺伝なのか家族全員、風邪をひくことも珍しい家系なので、もともと体調を崩しにくいんだと思います。

メンタル関連は、体に影響を与えることもあるので、深く悩まないこと、悩んでしまいそうなときは、家族や未知のメンバーへ相談しながら、コントロールしています。

子育てしながらも仕事でチーフという役職にもつき、MMP賞まで受賞した理由はなんだと思いますか?(がんばれた理由は何ですか?)

未知と未知のメンバーとお客様が大切だからですね。


でも、全力で進むしかない状況下だったということも大きいです。

仕事に復帰した直後の部署内の状況は、お世辞にも快適な環境とは言えない状態でした。

メンバーの退職や体調不良によって、業務量と人とのバランスが崩れているような状況だったと思います。

かといって私に何事も解決できるようなスキルはないので、自分のできることの中から、ひとつずつ、気になる部分を整えていくことに集中しました。

自分のできないことをできるようにすることも大切ですが、これだと時間が結構かかってしまうので、できている部分を活かす、伸ばすことにフォーカスしました。

MMPをいただけた理由は正直わからないです(笑)

がんばりを評価してくださって、票をいれていただけてとてもうれしかったのですが、仕事の面で成果につなげられなかった部分もあったので、もっとがんばらなければ、と思っています。

未知での子育ての理解はありますか?

理解ありますね

自分とは打って変わって、子どもはすぐに体調を崩すので、急遽お休みをいただくことや、在宅勤務の許可をいただくこともあるのですが、柔軟に対応くださっています。

保育園の送迎中は連絡が取りづらいこと、在宅勤務中は、電話越しに子どもの声が聞こえたり、打ち合わせ中に子どもが入り込んだりしてしまうことも、理解し、笑ってくださいます。

すごくありがたいです。

ただ、自分以外のメンバーも子育てしやすい環境かどうかという視点では、まだ体制が整っていない部分があると感じています。

これから子どもを産むかうまないか悩む人に伝えたいことはありますか?

難しい質問ですね。

妊娠出産への考えは人それぞれですし、妊娠して出産すること自体も奇跡だと思っています。

いえることとしては、妊活すると決めた時点で、これまでの自分の生活がガラリと変わってしまうということです。

子どもを産むと決めたのであれば、決めた時点でもう考えや生活が変わると思います。
さらには妊娠し、出産、子育てすることになれば、これまでのような生活は、子どもが大きくなるまでの長い期間、ほぼできないと思います。

私もママ歴3年という浅い経験しかありませんが、「子ども」を考えているのであれば、さまざまなケースを考えて、慎重に判断されることをおすすめします。

石谷さんの夢、将来していきたいことは何ですか?

子育てや介護によって、自分のしたいことを諦めている人の、輝ける場を提供したいです。

具体的な方法や、内容はまだこれから考えなければいけないのですが、私の周りは、子どもをきっかけに、辞めたくなかったのに仕事を退職されたり、したいことができないと悩んでいたりするママが何人かいます。

もともと、人や環境に対して「嫌い」という感情を少なくできる世界を作っていきたいと思っているので、その世界を作るためにはまず、子育てや介護をしていて、したいことを諦めている人からアプローチしていきたいなと思っています。

未知でできることとしては、子育てしながら働かれている人が、代表の下方さん、副社長の俊介さん、私のみなので、きちんと子育てしながらも未知で安心して働ける体制を整えていきたいです。

未知株式会社 's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more