Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

SASAGE.AIはECに取り組む企業の効率化を支援するサービスです
サイズレコメンドエンジンの「unisize」は独自のアルゴリズムで精度の高いレコメンドを提供しています。
株式会社メイキップは「unisize(ユニサイズ)」という、簡単なアンケートに答えるだけで、身体にぴったり合うサイズを表示してくれるWEBサービスの開発運営を行っています。 unisize http://unisize.makip.co.jp/ EC事業者、エンドユーザーそれぞれに「unisize」を提供しサイズがわからないという理由で、ネットでお買い物ができない悩みを持つEC利用に安心してお買い物をしていただける環境作りを⽬指します。 また、2018年にAIや画像解析技術を活用し、ささげ業務(撮影・採寸・原稿作成)の効率化を図るクラウドサービス「SASAGE.AI」をリリースしました。 SASAGE.AI http://sasage.ai/ 従来、業務にかけていた工程をAIが行うことで工数・時間の短縮を実現します。 Makipは代表の柄本が【不可能なことをITの力を使って可能にしたい】と思い立ち上げた会社になります。日本で見られるいわゆるピラミッド型の組織ではなく、自律・自走を前提としたマネージメントをしない組織を目指しています。ですので、出社も月・水・金のみで火・木はどこで働いていただいても構いません。 また、ユニークな取り組みとして、Vacation先でも働けるWorkationというルール(旅行先でもコアタイムに稼働していればOK)も取り入れています。また、日々プロフェッショナルとして戦っている社員のメンタルを健全に保つために、スポーツチームや有名スポーツ選手を診ているメンタルヘルストレーナーにサポートいただいています。今後も常識に囚われず、様々なユニークな取り組みが増えて行くと思われます。

Why we do

代表取締役社長 柄本 真吾
makipメンバー
【Vision】 [Make IT Possible] インターネットにはまだまだ非常に大きな可能性があると私たちは信じています。数年前に不可能だったことを可能にできる時代を生きています。未来での当たり前を今作り出すことができる、そんな環境でビジネスができるということに喜びを感じつつ、ものすごく大きなチャレンジをし、当たり前を作ったと胸を張りたいと思っています。 アパレルの分野において、ECで買い物をする上での悩みであるサイズの課題に対して取り組んでいるのが「unisize」になります。 非常に地道な作業と奇抜な発想、最新テクノロジーや分析を通してサービスを提供しています。 ユーザーにとってより良い形を日々模索しながらその時々の最善の形でサービスをお届けできたらと思っています。 また、「unisize」だけにとどまらず、結果を出し次々にサービスを生み出したいと思っています。 [より多くの人に自分の人生と向き合ってほしい] 僕(代表柄本)はより多くの人に、それぞれの人生と向き合ってほしいと思っています。それぞれの人生なのでもちろんそれぞれの個人の勝手ではありますが、そうなることでより良い人生を各自が送れるのではないかと信じています。そんな状況を僕らが創り出すことができたら、そんな状況に僕らのサービスを通じてなってくれたら僕はとても幸せです。 【行動指針】 1. 真摯であれ誠実であれ平等であれ  真摯で誠実でないとビジネスは長期的には成り立ちません。また、平等でないと不平不満が出てビジネスも会社も成り立ちません。ここができていないと入社はできません。 2. 本質を捕まえる  日々仕事をしていたり各論の話になっていくと、どうしても本質を見失ってしまう方が多いのですが、本質を見失って良い仕事はできません。何が本質なのか?何のためにやっているのか?を常に認識しながら仕事をする必要があります。 3. 大人の組織  マネージメントをしない組織を目指しています。そのためには、各々がやらなければならないことを正確に理解し、自分を律しながら仕事を進める必要があります。空気を読めという話では全くなく、逆に言わなければならないことは空気を読まずにきちんと言わなければなりません。 4. Role of White-collar  Blue-Collar的な働き方をしてはいけない。常にクリエイティビティの高いアウトプットを出し続けることに価値があるのであって、誰かが作ったルールの上で働くのではなく、自らルールを変えに行ったり、改善をすることに価値がある。作業をするにしても、どうやったら少しでも早くできるのか?上手くできるのか?を考えることに価値がある。 5. 遊び心を忘れない  張り詰めた糸は切れやすく、ガチガチな考え方に面白みはありません。そこから良い仕事は生まれません。自らを律し、余裕を持ち、良い仕事をしたいと思っています。

How we do

サイズの悩みを解決すべく、日々サービス改善に励んでいます!
Relaxルームがあり新たなアイディアを出すためにはうってつけの環境
【メンバー構成】 ボードメンバーが30代中盤から構成されていることもあり、様々なインターネット企業を経験し、それぞれの企業で重要なポジションを担っていたメンバーが多く働いています。 ですので、それぞれの分野においては非常に専門知識と経験が多く、かつ、専門以外の領域においても意志やこだわりを持っているメンバーが多く存在しています。 【働き方】 働き方は非常に自由で、週3日出社という形を取っており、月・水・金曜日のみ全員顔を合わせます。それ以外の火・木曜日は出社しても自宅で仕事をしても、社外で働いても構いません。 勘違いして欲しくない部分としては、出社しなくても良いだけで、個々人のタスクや業務は徹底的に追っていただくという点です。 なので全く”楽”な環境ではなく、個々人がそれぞれの任務に対して責任を持ち、最も効率の良い形を自分で決めて追求していただくということになります。 【カルチャー】 固定概念に囚われず、新しい考え方、新しい解決方法を常に模索し続け、それぞれが意見をぶつけ合います。 非常に高いプロフェッショナル度をそれぞれが求め合い、非常に激しい議論も辞さないので、初めて会議に参加される方はびっくりされることが多いですね(笑) それぐらい全員が真剣にサービスのことを考え、新しい方法を求めている会社です。 【今後の展開】 海外展開も2017年からスタートしています。ワールドワイドで固定概念に囚われず、挑戦を恐れず、スピードを追求し、高いプロフェッショナル度の要求にも応えられる人材を求めています。人材もワールドワイドな採用をして行きたいと思っています。 2018年からはAIを活用した、サイズ課題解決にもチャレンジします。 [日本経済新聞] メイキップ、「ささげ業務」AIで アパレルEC向け  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39129090Z11C18A2X30000/ [ECのミカタ編集部] アパレルECの「撮影・ 採⼨・原稿」業務を効率化する『SASAGE.AI』がサービスイン https://ecnomikata.com/ecnews/21176/ [logmi] 急拡大するアパレル業界のEC運営現場
AIを駆使する「SASAGE.AI」が示す、問題解決への一手 メイキップ、AI技術を用いたささげサービス「SASAGE.AI」ローンチ https://logmi.jp/business/articles/320259 [pilotboat] アパレル業界のささげとサイズ問題を解決。メイキップが取り組むファッション業界の課題 https://pilotboat.jp/2019/02/makip/