1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

旭川の片隅にある、中身のスゴい会社のハナシ

こんにちは! 今回はUIターンを考えられている方にぜひお伝えしたい、旭川の片隅にあるのに、中身はすごい会社「ルシダス」について、クマガイがお届けします。

多国籍企業?

ルシダスは「旭川本社」と「東京支社」を構えております。

本社が旭川なので社長の出身は旭川なのかな? と思いきや、なんとアメリカ生まれの東京育ち。どうやら北海道の大自然に魅せられてやってきたとか?(諸説あります)

さらにルシダスの社員には、イスラエルに住んでいたとか、ブラジルに住んでいたとか、とにかく聞けば聞くほど不思議な縁が集まっている会社です。
このあたりはルシダスウェブサイト「多様性の尊重」の考えが自然と人を惹きつけているのかなぁと思っています。

旭川本社にはUターンやJターン勢も多く、かくいう私も北海道の実家を出てから、東北や関東を転々としたのちUターンしてきたクチです。

旭川の求人事情とヘン!?な会社

旭川の求人情報を眺めていて、まず最初に思ったことは「ウェブ関係の求人が無い!」でした。
ウェブ関係に絞って探すとほとんどが「札幌」です。

ここで、北海道あるあるなのですが、「今度、知人が札幌に引っ越すことになったよー」……と言われても、旭川〜札幌間は133km、東京から富士山にいけそうな距離なのです。


広いよ! 遠いよ!

そんな中、偶然ルシダスを知ることとなったのですが、求人票にはこんな感じの文言が……。

「営業の妨げになりますので、電話でのお問い合わせはご遠慮ください」。

……なんと尖った会社でしょうかw
さっそくルシダスのウェブサイトを開きました。

これぞコンテンツマーケティング!?

転職を考えている人間にとって、会社情報や経営者の考えが見えるコンテンツに目を通すのは必須の行動かと思います。
ルシダスのウェブサイトにももちろんリクルートページがあり、「ルシダスってどんな会社?〜応募検討者へ〜」に目を通したところ、

学校で指導されるような就活のセオリーとは違う考えが、理由とともに書かれていたのでした。

履歴書に絞って例を挙げますと、

  • 履歴書と職務経歴書の書式は自由
    →定型にこだわらず、応募者が伝えたいことを採用者の負担にならずにより良く伝えられる書式にするべき。
  • 履歴書と職務経歴書は手書き不要
    →手書きは、字がキレイかどうかがわかるだけで、応募者への負担にしかならない。
  • 履歴書に写真も不要
    →外見で判断はしないし、面接にくれば写真以上の本物に会えるから。

まだまだ挙げるとキリがないので、このくらいにしておきますが、当時の私は目からウロコ、でも共感できることが多く、ついついルシダスウェブサイトやブログを読み漁り、結果として今ルシダスで働いています。

ルシダスの考えに共感してくださる方へ

ルシダスのウェブサイトやブログを読んで共感してくださる方、きっとルシダスは働きやすい会社だと思います!
もっともっと、色々な価値観を持った方の集まる会社になればいいなと思いますので、思い切って移住を考えているIターン希望のアナタもぜひお待ちしています!

*こちらの記事は2018年7月6日投稿のブログ「旭川の片隅にある、中身のスゴい会社のハナシ」(https://www.lucidas.co.jp/lucidas-in-asahikawa.html)より転載しています。

株式会社ルシダス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more