1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

入社3年目のデザイナーが、LMCについて思うこと

こんにちは、デザイナーの今井です。

今回はわたしからみたLMCについてご紹介いたします。

わたしの自己紹介などは下記よりご覧ください!

※写真は去年の忘年会での一枚です。



会社の成長・将来性


現状、テレワークを使用しながら制作を進めているところですが、
近い将来を考えると、飲食業関連の撤退や不況から、エンタメ系、それに携わる関係企業、負の連鎖は様々な業界の不況に続き世界中で経済的にうまくいかなくなり不動産契約を終える方が増えてくると思います。
コロナ禍で世間が不況であればあるほど弊社はコンサルのご相談が増え忙しくなります。
そういう逆境に強いところが弊社の一番の強みだとこのような状況になるとひしひしと感じます。


やりがい


自分は新規制作の担当で、駅前によくある不動産屋の壁にたくさん並んでいる「図面」と言われるB4の不動産情報紙をメインに、
物件のパンフレット、ポスター、チラシ、バナー、看板デザイン、ノベルティデザインなど、紙媒体中心の幅広い制作物を作っています。
コンサルの担当と打ち合わせをして、物件が成約をとれるように
何が必要でどう表現していけばいいのか、どこを押していけばいいかを考慮しながらデザインしています。なので契約に至るデザインができることが嬉しいです。
決まった型などもないのでコンテンツ含めてどのように作っても全て自由です。
その分責任も重大ですが、コンサル担当者のこういうものを作ってもらいたいという熱い思いに対して
真正面から取り組んで、評価頂けた時がデザイナーとして最もやりがいを感じる時だと思います。


社風・社員


若い社員が多くとても挑戦的で前向きな人が多い会社だと思います。
体育会系な人もいればインドアな人もいますし、自分を持っている人が多い会社だと思います。
若い社員全員に言えることはみんな素直でまっすぐで熱い想いを持っていると思います。


入社後のギャップ


今までの会社と違い、デザイン制作会社ではないのでライターもカメラマンもディレクターもいない点です。その分自分にできる範囲でなんでもやらなくてはならないですが、逆にそれが楽しいです。また、ベンチャー企業で若い社員が多く体育会系な会社かと思ったら、意外に落ち着いていて静かな人も多く、体育会系の雰囲気ではなかったのが良い意味でギャップでした。

簡単にではありますが、わたしからみたLMCをご紹介しました。

もし興味を持っていただけたら、ぜひ気軽に話を聞きに来てくださいね!

リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more