Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Members

View all (113)

What we do

株式会社LITALICOは「障害のない社会をつくる」というビジョンを掲げ、事業・技術・政策をつなげて多面的なアプローチから社会を変えることにチャレンジしている会社です。

事業は誰しもが生まれた環境に左右されず自分らしい人生を歩めるよう、幼児期の可能性を広げる教育から就職の支援までワンストップサービスを提供。また、オフライン事業で培ってきた知見をインターネットの力を使って全国に情報発信していくメディア事業にも注力し、子育て情報メディア「Conobie」や発達障害がある子どもの家族向けポータルサイト「LITALICO発達ナビ」などを運営しています。

テクノロジー領域では、AIを通じた自殺予防やハードウェアへの投資、教育系アプリを自社開発している他、2015年にはLITALICO研究所を設立し、アカデミックな領域との連携を推進しながら事業成果を客観的なファクトへ変換しています。それらの事実をもって社会の仕組みやあり方を政策提言という形で積極的に発信しています。

■主な事業 (http://litalico.co.jp/ir/service/
・ソーシャルスキル&学習教室「LITALICO ジュニア」(https://junior.litalico.jp/

・IT× ものづくり教室「LITALICO ワンダー」(https://wonder.litalico.jp/

・障害のある方の就労支援サービス「LITALICO ワークス」 (http://litalico.co.jp/service/works/

・みんなでつくる発達障害ポータルサイト「LITALICO 発達ナビ」(https://h-navi.jp/

・うつ症状の予防・回復・再発防止をサポートするSNS「U2plus」(https://u2plus.jp/

・ママとパパのための情報メディア「Conobie」(https://conobie.jp/

Why we do

「障害」とはなにか。

社会生活に大きな困難があるために「障害者」と括られている人がいますが、もし、肢体不自由の方が軽快に移動できるカッコイイ車イスがあったら、「移動する困難」はなくせるのではないか。もし、精神的に不安の強い方でも安心して働ける職場があたりまえにあったら、「働く困難」はなくせるのではないか。社会には多様な人がいます。社会の側に人々の多様な生き方を実現するサービスや技術があれば、障害はなくしていける。

障害は人ではなく、社会の側にある。

そのように考え、働くことに困難のある方向けの就労支援サービス「LITALICOワークス」、学ぶことに困難がある子ども向けのオーダーメイド学習教室「LITALICOジュニア」、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を展開してまいりました。

Social media

About us

私たちは「障害のない社会をつくる」をビジョンとしています。
障害は人ではなく、社会の側にある。社会にある障害をなくしていくことを通して、多様な人が幸せになれる「人」が中心の社会をつくろうと考えています。

社会のための人ではなく、人のための社会づくりがしたい。そう考え、働くことに困難のある方向けの「LITALICOワークス」、オーダーメイド学習教室「LITALICOジュニア」、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」やインターネット事業「LITALICO発達ナビ」、研究所を展開しています。

Slide show

Story

Recent posts

Job listings by 株式会社LITALICO

View more

Location

東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F

Articles

Page top icon