Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Members

View all (118)

What we do

【障害のない社会をつくる】
障害は人ではなく、社会の側にある。
そのブレないビジョンで、事業推進をしてきた会社、LITALICO(リタリコ)。
大きな売上げを上げるのみが重要ではなく、本当に今社会に求められることを「自ら定義し」、推進する。
「障害のある方が、ちゃんと働ける環境構築を」
障害のある方々が、社会での活動を支援する、就労支援施設を運営、日本最大の規模まで発展させてきました。
「発達障害がある子どもたちの、皆と変わらない明るい未来の生き方の手助けを」
未就学からその後まで、発達の遅れが気になるお子様に、お子様にあった教育を提供してきました。
「英数国理社教育に縛られない、子どもたちへの創造性豊かな教育提供を」
創造性高い教育の提供を志し、幼いお子様にプログラミングやロボット製作など、興味関心をもった分野の教育を提供してきました。
すべての人の可能性が最大に拡がる社会の仕組みを、築くとともに世界が誇れる文化を創出する、その理念に愚直に事業を展開しています。
多くの方々の人生に深く関わる中で、我々なりの教育のあるべき姿を見出しました。
今度は、それをインターネットを通じ、全世界の人々に届けたいと思っています。

Why we do

【「障害がある、ない」は関係ない。】
生まれながら、出来ない子はいない。
発達に早い、遅いもない。
シンプルに、得意なものと不得意なものがあるだけ。
早熟型か、大器晩成型かの違いでしか無く、皆に伸ばすべき才能があると信じたい。
これは、本当に会社として、色々なお子さんと向き合ってきた中で考えている思想です。
何百、何千というお子さんたちとの教育の過程で見えてきた成長・教育論。
百人のお子さんがいれば、教育の方法論は百通りか、それ以上のはず。
でもどこか画一的。皆が一度は思ったことのある疑問。
「何でみんな一緒の教育なの?」に一石を投じたい。
【「障害」とはなにか。社会の側にある障害をなくしていく】
社会生活に大きな困難があるために「障害者」と括られている人がいますが、もし、肢体不自由の方が軽快に移動できるカッコイイ車イスがあったら、「移動する困難」はなくせるのではないか。
もし、精神的に不安の強い方でも安心して働ける職場があたりまえにあったら、「働く困難」はなくせるのではないか。
社会には多様な人がいます。
社会の側に人々の多様な生き方を実現するサービスや技術があれば、障害はなくしていけると考えています。
【未来のあたりまえをつくる】
ただ奉仕できればいい、ただ金儲けできればいい、という二者択一ではなく、 理念やビジョンから垂直に下りた部分に事業が存在するよう、経営的なジャッジもビジョンやミッションベースでなされるのが当社の特徴でもあります。
理念にそぐわないことはやらない、社会から求められていることに答えていくことをコンプライアンスと捉え、ビジネスを行なっています。
サービス展開している事業所も、毎月1~3センターというスピード感を持って 拡大をし、企業としても、毎年150%の成長を遂げています。
頭の中にある空論ではなく、社会貢献性と事業性を両立しながら、拡大をしています。
なぜできないかではなく、どうしたらできるかを考える。今の常識にとらわれず、理想に向けて、LITALICOだからこそできることに挑戦し続けます。

How we do

障害は人ではなく、社会の側にある。
そのような考えのもと、
働くことに困難のある方向けの就労支援サービス「LITALICOワークス」、
学ぶことに困難がある子ども向けのオーダーメイド学習教室「LITALICOジュニア」、
IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」
を展開しています。
障害のある方を取り巻く課題は様々で、例えば、
障害のある方は日本に744万人いると言われています。
そのうち、労働可能人口323万人の中で働いている人はわずか約14%(13.8%)。
学習面または行動面で著しい困難を示す児童は6.5%、不登校11万人。
LITALICOでは、これらの課題に学校という教育のしくみだけで対処していくのは難しいと考えています。
また、今の小学生の内、今存在しない仕事につくお子さまの割合は65%という研修もあります。

そういった社会課題を、リアルとネットで解決していく。
グローバリゼーションが進む中で、世界の多様な人々と私たちはどう向き合うのか。
社会や経済のための人ではなく、人のための社会づくりがしたい。
多様な人が幸せになれる「人」を中心とした新しい社会をデザインしたい。
そして、人々の持つ多様性を世界の力に変えていける大きな社会を築きたい。
私たちLITALICOはそう考えています。

Social media

About us

私たちは「障害のない社会をつくる」をビジョンとしています。
障害は人ではなく、社会の側にある。社会にある障害をなくしていくことを通して、多様な人が幸せになれる「人」が中心の社会を創ろうと考えています。

社会のための人ではなく、人のための社会づくりがしたい。そう考え、働くことに困難のある方向けの「LITALICOワークス」、オーダーメイド学習教室「LITALICOジュニア」、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」やインターネット事業「LITALICO発達ナビ」、研究所などを展開しています。

Slide show

Story

Recent posts

Job listings by 株式会社LITALICO

View more

Location

東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F

Articles

Page top icon