Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

多趣味なエンジニアが生体認証に夢を求めたら、自動化とボードゲームをやっていた件

Liquidってどんな人が働いている会社なの??

インターン生が社員インタビューをしてみた!


 株式会社Liquidのページにご来訪くださり、ありがとうございます!

 Liquidでインターンをしている海野と申します。

 この記事をご覧いただいている皆様にLiquidの魅力をお伝えするべく、Liquidで活き活きと働いている社員の皆さんをインタビューを通してご紹介していきます😆

 今回は生体認証チームでサーバーサイドエンジニアとして活躍されている泉谷圭祐さんにお話を伺いました!


Q.自己紹介をお願いします!

 泉谷圭祐です。Liquidには一年ほど前に入社しました。趣味はゴルフ、ポーカー、スノボ、ダーツ、音ゲー、バスケ、フットサルetc...と多岐にわたり、インドア・アウトドア関係なく面白そうだと思ったことは幅広くやりこんでいます。

 様々なことに関心があるため、仕事でも、遊びでも、あらゆるものに挑戦しては少しずつできるようになるのが楽しいと感じます!



Q.Liquidに入社するまで、どのようなことをされていたのですか?

 新卒で入社したSIerでインフラを構築する部署に配属され、1年目はデータセンターで配線をする等物理的にサーバーに関わる仕事、2年目にはよりクラウドに関わる仕事に携わりました。その部署の自動化を進める方針には今でも大きく影響を受けています。その後、より開発に集中してユーザーが喜んでくれるものを作りたいと思い、ベンチャー企業に目を向けるようになりました。最初に入社したベンチャー企業でプロダクトオーナー等を経験し、会社が大きくなった頃、今までやってきたような10から100ではなく、今度は0から1を生み出してみたいと思うようになったんです。創業間もないベンチャー企業への転職を経て、もう一度自分が目指す社会を作ることに直結した会社に身を置きたいと思い、Liquidに入社しました。


Q.Liquidに入社した決め手を教えてください!

 Liquidへの入社を検討する前、偶然何かに登録をする機会が多かったんです。登録の度に氏名、生年月日、住所等を入力する、、、何度もその作業を繰り返しているうちに、その作業が面倒くさいと思って 笑。登録に必要な情報を生体情報に結びつけ、登録の際に一々情報を入力する必要のない社会になったら良いな、と生体認証に目を向けるようになりました。

 当初は生体認証のサービスを提供する会社を起業することも考えたのですが、生体認証のサービスを提供する会社に入って知見を深める方が自分の目標を達成する近道だと思い、縁あってLiquidに入社することを決めました。


Q.Liquidでは、どのようなことをしていらっしゃいますか?

 勤怠管理システムの生体認証APIやLIQUID eKYC(オンライン本人確認)システムのAPIを作ったり、生体認証の精度を向上するための検証基盤を自動化する仕組みを作ったりしています。また、エンジニアの採用にも関心があり、その活動の1つとして社員同士でボードゲームを行って交流を深めることなども行っています!




Q.Liquidの魅力は何ですか?

 仕事に対する温度感が丁度良いことと、人員配置が適切であることです。しっかり仕事をする時はして、オフの時はきちんと休む、という雰囲気が自分には合っていると感じています。少人数で、能力が高い人達が集まっていることも仕事がしやすい理由の1つですね。


Q.仕事において大切にしていることは何ですか?

 当たり前に思われるかもしれませんが「責任感をもつ」ことと、「2度同じことをしたら自動化する」ということです。

 今まで自分1人しか担当者がいないという経験が多かったことから、メリットやリスクをあやふやなままにせず、常に対処方法を明確にすることを大切にしています。

 また、なぜ2回目で自動化するのかというと、2回行った作業は3回目も行う可能性が高いからです。自分自身の面倒くさがりな性格も関係しているのですが、ラリー・ウォールが唱えたプログラマの3大美徳のうちの1つに「怠惰」があるように、「この作業は前にもやったことがあり、次もまたやるかもしれない。次は楽にできるようにしたい」と考えることは業務効率化の上では欠かせません。自動化はLiquidの方針とも一致しているため、今後も力を入れていきたいポイントです。


Q.目標を教えてください!

 この先1年ほどの目標は、採用を通してLiquidの組織力をより高めていくことです。それぞれ強い思いを持っている人が多いので、メンバー全員がその力を発揮できるような組織にしたいと考えています。

 長期的には、自分が目指す社会である「自身の生体情報だけで全てが完結し、財布や身分証が必要なく、個人情報を一々入力する必要もない、手ぶらで出かけることのできる世界」を作りあげることが目標です!


Q.どんな人と一緒に働きたいですか?

 志が高く、柔軟性があり、軸のある人と一緒に働きたいと思っています。個人的には仕事でも遊び心がある人と相性が良いです笑

 今までやってきたことがそのまま活かせるとは限りません。やったことがないことにチャレンジする心意気がある人や、むしろやったことがないことをやってみたいと考える人はLiquidに向いていると思いますし、一緒に働いてみたいです!



 泉谷さんありがとうございました!

 Liquidに興味を持ってくださった方や、お話を聞いてみたいという方は、ぜひオフィスに遊びにいらしてください😊

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

株式会社Liquid's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more