1
/
5

リバレントアカデミー開講!会社経営やマーケティングの共通言語を増やそう。

Libalentのバリューの一つに「何をするかよりも、誰とするか?」があります。つまり、

「事業」も大事だけど、「人」が一番大事ということ。

ただ、「人」を大事にしている会社です!は、言うは易く行うは難し。。。です。正直。

そんな中で、今年1月からスタートした試みが「リバレントアカデミー」です。

分厚い本を毎週読んで気づいたこと

リバレントアカデミーをスタートする前に、部長以上のレイヤーで会社経営やスタートアップ、マーケティングなどの共通言語を増やそう!と毎週様々な書籍を決めて、読む→まとめる→発表→議論。を約6ヶ月間続けてきました。※現在は毎週1案、新規事業をリーンキャンバスで発表してます

・マイケルポーターの競争戦略

・ジョブ理論

・USJのジェックコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

・問題解決プロフェッショナル 思考と技術

・ビジョナリーカンパニー

・ザプロフィット・・・etc

スタート時はマンガで読める!的な優しい本が中心で楽しかったのですが、徐々に著名且つ分厚〜い本となり、毎週毎週読んでまとめるのは正直辛かった(笑)

数々の本を読んできた中で、この本はもしかして「広く、浅く」だけど、社員全員が共通言語として理解しておくと、現場でも頻度が高く、戦略会議、面接などで、会話の質が上がるのでは?と感じたのが、

「起業大全」です

ミッション・ビジョン・バリュー/戦略/人的資源/オペレーショナル・エクセレンス/ユーザーエクスペリエンス(UX)/マーケティング/セールス/カスタマーサクセス/ファイナンス

と全9フレームワークを通して基本の基を教えてくれる本です。

リバレントアカデミーとは?

リバレントアカデミーの内容

・毎期ごとに3人〜4人が参加。

・毎週1章ずつ全員が読み、ワードもしくはパワポにまとめる(2ヶ月〜3ヶ月)

・毎週決められた曜日に1時間全員が集まり、講師が司会進行しながら、その章で気になる部分を発表&議論&アドバイス ※オンライン開催してます

という流れです。

リバレントアカデミーの目的

あくまで「共通言語」を増やすこと。

「より深く、より広く」学びたい人は、各部署のメンバー間や上長とやろうね!としてます。そういうモチベーションになってもらうことはとてもいいことで、あとは「自立しようぜ」と考えています。

受け身で始まったリバレントアカデミーがキッカケで、「能動的」な集団になればと思ってます。常に受け身ってつまらないし、成長しないですからね〜

1期生の声(21年1月〜3月)

「具体的に、事業計画を作る中で、実現可能性や競合優位性の部分は使えると思った」(経理担当)

「チームを作るというミッションがある中、どう採用するか?育成するか?をチームを作る前に学べたのはとてもよかった」(事業開発担当)

上長が使ってた言葉、考え方がなんとなく実感できたのはよかった」(セールス担当)

「各章ごとに学んだことが、タイムリーにチームマネジメント時に使えた!」(セールス担当)

とまずまずのリアクションでした。

※ちなみにポジティブなことだけを並べています(笑)

そして、2期生スタート

4月より2期生がスタートします。

今回もセールス、経営企画、サービス運営、デジタルマーケティングと異なる部署からメンバーが推薦され、共通言語を増やします。

楽しもう!2期生!

株式会社Libalent's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more