1
/
5

LegalForce初の営業採用イベントを開催してみたら、とても良かったので、次回もやります!

こんにちは。人事の阿部です。
この2022年7月に営業採用イベント「LegalForce Talk Session!」を5回に渡って開催しました。反省点はあるものの得られることの方が多かったので、早速次回も開催させていただくことにしました。

前回の営業採用イベントの振り返りと、次回イベントのご案内について書き連ねていきたいと思います。
お忙しいなかご参加いただいた皆さまには改めて感謝申し上げます!

◆まずはLegalForceを知っていただきたい

事業成長が著しいLegalForceはこの成長スピードをさらに加速させていくために、それを支える人材が必要です。まだ見ぬ候補者の方がLegalForceを知って興味をもって、参画していただくためには何ができるのか。
そこで、まずはLegalForceの認知獲得のためにイベントを開催しようとなりました。同時期に資金調達が進行中でしたので、資金調達をプレスリリースするタイミングに合わせて採用イベントの告知を実施することにしました。


◆目的の設定とコンセプト設計

私自身、採用広報が初めてで手探り状態でしたが、様々な部署のメンバーの協力を得てやるべきことが見えてきました。最初に着手したのはコンセプト設計です。
・誰にLegalForceを知ってほしいか
・私たちは何を伝えたいのか
・私たちが出会いたい相手は、何を知りたいか
上記の観点をもとに、営業部門のメンバーと検討し、あれもこれもやってみたいということで、それぞれのテーマで5回開催することになりました。


【開催テーマ】

  • トップセールスの1日をお見せします
  • 顧客と開発のあいだ 製品開発をドライブするカスタマーサクセス
  • スランプからの脱却方法
  • 金融業界からスタートアップへ 殻を破ったその先にあるものは
  • 急成長スタートアップ企業 営業の醍醐味としんどさ


◆改めて気づけた営業の魅力

短期間に5回連続で開催する採用イベントは、LegalForceでは初の試みです。本当にできるんだろうかと不安に思いながらも(涙した日々もありました)、皆に支えていただきながら、アドバイスをもらいながら、進めていきました。この過程が私にはとても楽しく、非常に勉強になる有意義な時間でした。
登壇をお願いしたメンバーは、皆さん快く引き受けてくれて、どんな想いで業務と向き合っているのか。うまくいかないとき、何を考えているのか。LegalForceに実際入社してからのギャップ。営業でしんどいことなど、赤裸々に教えてくれました。どういったメッセージだったらターゲットに日ごろの現場での奮闘ぶりを伝えることができるのか、また、テーマをもとに当日の投影資料を作成しながら、どうしたら私たちがリーチしたいターゲットにイベント開催を知ってもらえるか、そのための広報活動も同時に実施していきました。
こちらはマーケティング部や広報・ブランド部のメンバーに協力してもらいました。


◆イベント開催

そして7月5日(火)のイベントを皮切りに2週間かけて5回開催しました。
ファシリテーターたちが緊張してたり、それが逆に面白かったり、登壇者同士の雑談が日常のコミュニケーションを表し、良い雰囲気となったので良かったと思います。
また、登壇者の方どうしでセッション前の雑談で緊張をほぐしてもらい、とてもリラックスした状態でセッションに望んでいただきました。
初めての試みで、うまくいくかわからず不安で胸がいっぱいでしたが、営業メンバーやマーケティング部の方等、多くの方に支えられて、走り抜けたあっという間の濃い2か月間でした。
このイベントの参加者でLegalForceに選考応募いただいた方もおり、登壇者もとても喜んでいました。やって良かったなあと感じます。
今回のイベントにご参加いただいた約100名の皆様、本当にありがとうございました。


◆感謝の気持ちを込めて、、、そして次回もやります!

ここまで読んでくださりありがとうございました。そういうわけで、営業メンバーの熱意と魅力を知ることができたり、マーケティング部や広報・ブランド部の知見を借りることができたり、応募してくださった方がいたりと、良いことづくめのイベントだったので、次回も開催します!

法務、弁護士のイメージがあるLegalForceは、お堅い印象があるかもしれません。確かにそういった一面もありますが、ごく一部です。LegalForceの実態をお見せできるのはイベントならではかなと思います。参加いただいた方からのアンケートで「親近感が湧きました。」「社員の立ち振舞い・仕事への熱意、ビジョンを見ることができた」「リアルな声が聞けて、理解が深まった」などのお声をいただき、日常に近い姿を感じていただけたのではないかと思います。
ここでは書ききれないほど反省点はありますが、今まで伝えられてこれなかった本当のLegalForceの姿や魅力を、今後もしっかり発信していきたいと思っています。


ご興味ある方は以下からご登録ください!皆さんからのご応募お待ちしております!!↓↓↓

株式会社LegalOn Technologies's job postings

Weekly ranking

Show other rankings