1
/
5

第9期1Q全社総会レポート

こんにちは!2022年7月22日(金)、第9期1Q全社総会を行いました。
前回の総会テーマ「つながる」に続き、今回の総会は「見つける」です!

メンバー同士のつながりが深まることより、メンバーの新たな一面、他部署の仕事、会社やJobQへの新たな想いなどが発見できたと思います。

前回の総会から3ヶ月たった今、メンバー全員が、改めてライボに関わる新しい側面を「見つける」!
今回の総会には、そのような思いが込められています。


社員総会の流れ

①コミュニケーションランチ
②全メンバーによる他己紹介
③特別賞のリアルタイム投票、項目別MVP/ MVP大賞発表
④CEOからのメッセージ

①コミュニケーションランチ

コミュニケーションランチからスタート!
普段話すことが少ない他部署のメンバーともコミュニケーションがとれ、和気あいあいとした雰囲気で総会が始まりました♪


②全メンバーによる他己紹介

これまでの総会では、各事業部のマネージャーが発表をしていました。
今回は他己紹介を通じて、個人の活躍を発表しました!



「◯◯さんの担当業務」「私が見つけた〇〇さんの頑張っていたこと」「私が見つけた〇〇さんの意外な一面」などを紹介。

紹介者の活躍を一人ひとり知ることができ、メンバーの新しい一面を発見できました。



普段の頑張りを同じチームメンバーが見ていることを知ることもでき、発表されるメンバーも嬉しそうでした。
中には照れ臭そうなメンバーも……!



最後にはサプライズで、CEO小谷の他己紹介も!
創業当時から小谷と働いている飯田より、思い出のエピソードも交えて紹介されました。


③特別賞のリアルタイム投票、項目別MVP/ MVP大賞発表

いつも実施している事前投票で決める項目別MVP/ MVP大賞に加え、今回はなんとリアルタイム投票での表彰も!
他己紹介の発表をふまえ、リアルタイムで以下の項目に沿って投票・表彰がありました!

・社内を盛り上げたで賞:高木理子
挨拶・雑談・イベントなどで社内のコミュニケーションを活発にしてくれた
・ナレッジマスター:上村良輔
Docbase・スプシでノウハウの蓄積や、議事録をとって情報をまとめてくれた
・ベストスタンプクリエイター:上村良輔
使用頻度が多いスタンプを作ってくれた
・ベストサポーター:吉澤修
FB・頼られた回数が多く、メンバーを助けてくれた
・トライ&エラー賞:辻川尚澄、上村良輔、筒井智香(同率で3名)
挑戦と失敗の数が多かった
・Slackしたで賞:上村良輔
Slackでのアウトプットや返信が多い・みんなのためになるような発信をしてくれた
・縁の下の力持ちで賞:西野徹
水を換えてくれた・ごみをまとめてくれた・オフィスの掃除をしてくれた
・あなたの笑顔が素敵で賞:水村仁司、堀雅一(同率で2名)
笑顔でみんなをポジティブにしてくれた
・課題発見したで賞:須藤匠駿
問題提起をして改善のきっかけをくれた
・新しい風吹かせたで賞:横山美南海
風を感じさせてくれた

リアル投票の結果にもワクワクした雰囲気。
投票結果は総会中に発表され、中には複数の項目で受賞したメンバーもいました!



項目別MVPは、『ファクトドリブン賞』『オーナーシップ賞』『JobQ賞』『バックオフィス賞』『ギークマインド賞』『CEO賞』がCEO小谷より発表されました。

前回同様事前投票で決定し、以下のメンバーが受賞しました。



『ファクトドリブン賞』:コンテンツマーケグループ 上村良輔
『オーナーシップ賞』:コンテンツマーケグループ 高木理子
『JobQ賞』:デザイングループ 高橋奈津美
『バックオフィス賞』:経営企画室 堀雅一
『ギークマインド賞』:企画グループ 筒井智香
『CEO賞』:事業開発グループ 杉山太一

第9期1Qの総合MVPはコンテンツマーケグループの吉澤修です!
吉澤は、第8期2Qに続き2度目の総合MVP受賞となります。



コンテンツマーケティンググループにてマネージャーを務めており、選出理由には以下のコメントが寄せられました。

「KPIの連続達成など、少しずつ明るい話題が増えているのも、ぷぎさんの雰囲気づくりや裏での貢献があるからだと思います。」
「いつもチーム・会社のことを考え、冷静にコミュニケーションを取られているのでとても尊敬しています」
「いつも楽しそうに生き生きと仕事をしているイメージ。一緒に仕事をしているこちらまで楽しくなります!」

マネージャーとして、チーム作り・チームメンバーへのサポートに対して感謝の声が多く上がりました。

(残念ながら、吉澤は体調不良のため当日欠席。コンテンツマーケのメンバーは、早く結果を伝えたい様子でした!)

④CEOからのメッセージ


政府から「新しい資本主義実現」が提言されたことを受け、今後の市場に対してライボが「JobQ」のどこに力を入れていくか、思いが語られました。

また今Qは、ライボが創業してから最大成果を更新したKPI指標がいくつもありました。
社内共通のチャットツールでの小谷のつぶやきには、こんな内容が……

「調子がいいときは、調子が悪くなるまで同じところを掘って掘って掘りまくると圧倒的な成果につながるって、古代エジプトの石板に書いてありました。掘ろう。」

成長している時は、自信をもってその方向に前進しようというメッセージ。
社員一同、「JobQの成長を、このままさらに加速できるようにしたい!」という気持ちで話を聞いていました。

【おまけ】総会の裏側!

今回の総会は、前回の総会も作り上げてくれた企画グループ 堀宏美とコンテンツマーケティンググループ 高木理子が担当!
そして、音響はコンテンツマーケティンググループ 工藤祐太がDJとして盛り上げてくれました!

今回の総会も、今までと異なる工夫がたくさんありました。
通常業務と両立して、全メンバーへのために準備してくれたことに感謝です!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
2022年度も弊社はキャリアの課題解決に向けて、さらに挑戦・発展してまいります!!

株式会社ライボ's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ライボ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?