1
/
5

本当に価値あるモノの提供をしたい。【入社エントリーvol.12】

KMWでは、 「人とテクノロジーによって 店舗サービスの革新を導き 人々のこころが満たされる社会を実現する」 というミッションを掲げ、ミッションに共鳴する仲間を毎月の様に迎え入れています。

入社エントリーでは、
 どの様にこれまでの人生を歩み
 どの様にしてKMWに出逢ったのか
 そしてKMWで何を実現していこうとしているのか 
等を1人1人様々な形式でご紹介していきます。

入社者プロフィール

釜付 ひろみ-Kamatsuki Hiromi-

大阪府八尾市出身。2013年近畿大学卒業後大阪の証券会社に入社。飛び込み営業など足で稼ぐ泥臭い営業で、個人富裕層に向けた株・投資信託・債券の金融商品を販売。転職を機に上京し、介護向け人材サービスの会社で介護・医療法人向けに求人広告サイトや合同就職説明会の営業を経験。その後、営業サポートチームリーダーを担い部署全盤の後方支援を行う。2021年KMWに入社。

ーKMWで達成したいこと(What)

本当に求められているモノを世に出すことに携わっていきたいと考えています。それが社会全体への大きな貢献と繋がっていると感じているからです。

新卒で入った証券会社では、売上至上主義の働き方していました。 個人の評価は客観的に売上で評価され、数字が人格という社風の中、とにかく成果をあげようと頑張っていた日々でした。しかし、2年3年と経ち少しずつ数字が上がっていく中で、これは顧客のための営業ではなく、売り上げを上げるためだけの営業であると感じることが多くなりました。

目先のキャッシュを追うのでなく、中長期的に顧客が本当に求めているモノ(サービス)を提供することで、今目の前の顧客はもちろん社会全体を良くしたいと思うようになりました。

社会課題に目を向けて、長い目線でサービスを作り提供しているものが本質的に重要だと考えています。そういったサービスに私自身が直接携わっていくことで社会への繋がりを持っていければと思っています。

ーKMWで働く理由(Why)

はたLuckはただの業務改善アプリではなくて、その先のもっと大きな課題解決を見据えつつ「働くことが幸せにつながればもっと楽しいサービスが生まれる。」という考えを正しく体現しようとしている、という点がKMWにしかない思想だと強く思いこの会社を選びました。

サービス業で働く現場の人の助けなり、それがイキイキ働く人を増やし、その結果サービスの質そのものを向上させる。その流れに自分自身が介在することが、売上至上主義ではなくもっと顧客や社会に貢献することへ繋がる自分の達成したいこととリンクしていると思っています。

それから、染谷さんやメンバーの方々を見ていて、みなさんがとても楽しそうに仕事をしていて、イキイキと働ける環境を社内でも大切にされて実践しているなと感じ、大きな社会課題に対して自分一人ではなくチームとして立ち向かっていくことで、やりがいを実感しながら取り組んでいける環境だと思いました。

自分が働く上で大切にしたかった顧客視点で、今必要なサービスを中長期的に考え正しく顧客へ届けられるようになりたいと思っています。

ー経歴・経験(How)

証券会社での経験の後、日本の超高齢者社会が抱える、最たる課題の介護人材不足へ貢献できると感じて、介護向けの人材サービスを提供している会社に転職しました。そこで、目の当たりにした人材不足や労働環境の悪化という悪循環がサービス業について深く考えるきっかけになりました。

実際、介護施設の現場の方と話をする機会も多く、そこで介護現場の激務の状況を肌で感じることができたのですが、介護現場の労働環境の過酷さが故の人材不足を起こし、残された従業員に皺寄せがきて更に労働環境が悪化する。このような悪循環が起きている中で、介護だけでなくサービス業全体の人手不足は全てこのサイクルにハマっているように感じられました。労働人口の多いサービス業であり、普段生活していて一番自分に身近な人々に貢献したいと感じるようになりました。

新卒当時は自分のスキル、実績、経験を積み上げたいという思いが強かったですが、異なる2社の仕事を経験する中で、仕事に取り組む意味を改めて考えるようになりました。仕事をするということは、他者(=社会)の役に立つことだと業務を通して感じ、どうせ同じ頑張るなら将来を見据えて大きく他者に貢献したいと思っています。

ーKMWでのこれから(How)

カスタマーサクセスユニットのサクセスグループでに所属します。
まずは、顧客をしっかりと知ることからスタートし、同じ目線に立ちながら、はたLuckでいかに顧客の抱える課題を解決していけるか、どこまで貢献できるか、という視点で業務に取り組みたいです。

スピード感持って変化し続けるKMWで、自分ができることは何か考え行動し続けていきます。その中で視座を一段も二段も高く持ち、自分の成長がKMWの成長に貢献できるように邁進して参ります!

ナレッジ・マーチャントワークス株式会社's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more