1
/
5

新型コロナウィルスに伴う当社の対応について

こんにちは、採用広報の荒木です。
今回の記事はタイトルにもあるように、猛威を奮っている新型コロナウィルスの非常事態を受けて、当社としてどのように社会に対応をしているか、についてです。

感染の拡大が懸念される新型コロナウィルスの日本社会に対しての影響力は急加速で増しており、重大な社会課題となりました。就活中の学生の皆さんにとっても大きな影響を与えているかと思います。

国内でも感染者が続々と報告されている中で、個々人がいかに感染を予防するかも大事ですがそれ以上に、社会全体としていかにウィルス災害と戦い防疫をしていくか、というフェーズに移ってきています。具体的に言うと以下のような観点です。

・いかに社会的機能を停止させないか
・いかに感染の拡大を防ぐか

なので、今回の記事では
ブイキューブが今回の非常事態の中でどのような支援を社会に対してしているか
・そして当社の新卒採用においてどのような対策をしているか
の2点を紹介したいと思います。

ブイキューブは「Evenな社会の実現」というミッションを掲げています。そしてそれは、映像ソリューション事業のリーディングカンパニーとして、「いつでも」「どこでも」コミュニケーションが取れる環境を整備することで、時間や距離の制約によって起こる様々な機会の不平等の解消によってもたらさられると考えています。

正しく「いつでも」「どこでも」コミュニケーションが取れる環境の整備が各企業急務となっている中で、ブイキューブでは以下のような形のコミュニケーションを支援しています。

■1対N型のオンラインWebセミナーの配信支援

学生の皆さんだと、オンライン採用説明会とかが馴染み深いかもしれませんね。
コロナウィルスの影響で、様々なイベントの中止や延期が発表されている中で、イベント主催者のビジネスチャンスと参加者の情報獲得のチャンスが失われないよう、支援を行っております。

■テレワークの導入・運用支援

感染者の拡大が懸念される中で、各企業が続々と在宅勤務の措置を取るようになってきました。ブイキューブ自身は2017年からORANGEワークスタイルという独自のテレワーク制度を元に、会社のカルチャーとしてテレワークに取り組んできました。今回はそんなブイキューブだからこそ培えたノウハウを少しでも多くの企業様にも共有していこうという取り組みです。

このように、我々のソリューションによって、これまで対面で形成されていたコミュニケーションシーンをオンライン化し、オンライン化にあたっての環境整備の支援も行う事で、社会全体の動きが止まるのを防ぎつつ、対面によって引き起こされるヒトヒト感染のリスク回避を引き続き支援していきます。

ブイキューブの新卒採用に関しても、順次オンライン化を進めております。

■オンラインMeetUpの開催

ブイキューブでは自社開催で、会社説明会と社員交流会を同時に実施するミートアップを開催しています。今回の事態を受けてコチラの開催をしばらく完全オンライン開催にシフトしております。ブイキューブの事業やカルチャー風土について知れるイベントで、選考についての案内もあるので、皆さんオンラインで気軽にご参加いただければと思います。

■Web面談・面接の実施

東京以外にお住まいの方に対してはこれまでも実施をしておりましたが、都内にお住まいの方でも希望を頂ければWeb会議による遠隔での面談・面接を実施しております。よく学生の方々に「遠隔の面接は不利な感じがする」というお声を頂くのですが、そんな事は全くございません!もちろん対面だからこそお互いに感じれるモノもあるとは思いますが、オンラインであろうと私達は皆さんとしっかりと対話をして、良い出会いに繋げられればいいなと考えております。

パンデミック懸念から日本の経済発展を停滞させないため、感染症のリスクなく安全に働いたり就職活動ができる環境を整えるため、人と人が出会う機会が失われないようにするため、映像技術を通じて機会の損失を最小限に抑えることが、私たちの最重要ミッションとなっています。

しばらくの間、これらのミッションを担っている現場社員とお話しいただく機会を作ることがなかなか難しいかもしれません。事態が落ち着きましたら、ぜひ機会を作っていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

また就活もいよいよ本格的に始まってきて、学生の皆様も外出の用事が増えたりと忙しくなってくるかと思いますが、どうか体調には気をつけていただきながらご自愛頂ければと思います。

株式会社ブイキューブ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more