Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

代表の吉田です。ONもOFFもアソビゴコロを忘れない。
社員数は50名。うち30%がリモートワーク。
***社名の由来*** インビジョンという社名は、 「Impress=心を動かす」 「Vision=将来を見通す」 という意味が込められた造語です。 ***主軸事業は3つ*** ■採用マーケティング事業 ■地方創生事業 ■働くエンターテインメント ***事業の紹介*** ■採用マーケティング事業 ////////////////////////////////////////////// 人材ビジネスの市場規模は9兆円。 高齢化、労働人口減少、国際化など自分たちが果たす社会的意義は大きい。 ////////////////////////////////////////////// 【目指していること】 超ユーザー目線でヒト・モノ・コトを捉え、 新しいHRの仕掛けを創造するチーム。 また、顧客の採用課題だけでなく、 企業自体のブランディングやプロダクトのプロモーションまで広く強化していきます 【 求職者の心に響くストーリーを企業と共に考えカタチにします。】 日々目まぐるしく進化するコミュニケーション手法。 市場のトレンドを的確に掴み、企業の目標にコミットします。 【ファンを増やすシカケを考えカタチにします】 「データ」×「言葉のチカラ」×「デザインのチカラ」×「企画のチカラ」で、ファンを増やす仕掛けを作ります。 【取り扱っているサービス】 ・自社開発のHRテック「HRハッカー」 ・求人情報検索エンジン「Indeed」 ・求人広告「全国100種類以上」 ・採用ツール「採用パンフレット」「採用ページ」「企業ページ」「動画」etc. ・WEBマーケティング「WEB広告」「SNS広告・運用」「インフルエンサー」「動画」 ・オフライン施策「イベント企画立案」 ・プレスリリース配信 ・その他、世の中の変化に合わせて随時アップデートしています。 ■地方創生事業 ////////////////////////////////////////////// 「働き方」をもっと自分らしく 地方自治体をまきこみ、47都道府県の雇用を促進 ////////////////////////////////////////////// 【自社メディア「Fledge」】 『「働き方」をもっと自分らしく』のコンセ プトを徐々に地方で働くI・U・Jターン、 移住定住者 の働き方にシフトチェンジし、地域に特化した働き 方メディアを目指します。 また、地方を元気にするプロモーション企画、地方自治体向けのPRページを新機能として追加し、地方の雇用を盛り上げます。 【「Fledge」に込める想い】 1.自分らしく生きる人を増やす   =意志(覚悟・志)を持って生きる人を増やす 2.「生き方」「働き方」の選択肢を増やす   =多様性を受け入れる社会を作る ■働くエンターテインメント事業 ////////////////////////////////////////////// 「仕事の失敗を笑い飛ばそう」  全日本仕事失敗連盟(全失連) ////////////////////////////////////////////// アルバイトの新人だっ て中小企業の部長だって大企業の経営者だって、必ず 「失敗」してきた過去がある。 そんな「失敗」を包み 隠さずオープンにすることによって失敗を笑い飛ばし 次に活かそう。 失敗の意味をシェアして、真のイノ ベーター、働くかっこいい大人を増やしたい。 そんな思いの新規事業です。詳しくは、YouTubeに毎週日曜日アップしています。 (インビジョンチャンネル見てね!)

Why we do

畑とか海に行って対談したり。商談場所は全国。
マネージャー合宿はキャンプ場だったり。最近はオフィスもキャンプ化してます。
《インビジョンが掲げるビジョン》 『働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やす』 このブレないミッションめがけ、HR領域の事業を3つ展開中。主軸は採用マーケティング、企業ブランディング。 中目黒発、クライアントの根っこの想いをカタチにし、本質的な雇用を生み出すチームです。 「仕事って面白い」の輪を広げたい人、いませんか? 「船に乗りたい」より「船を漕ぎたい」人、この指とまれ! 日本の労働者の中で”積極的に仕事をしている人”の割合は、さみしいことにわずか6%。 ”働くって面白い”を体現している大人が、子供にはもっと必要なんです。 社会に出たら人生の約7割がお仕事。ここの濃さで幸福度ってだいぶ変わると思っていて。 学生の頃とは一味違う、大人の青春を感じられるチームを作ってます。 「あそこなんか盛り上がってるな~」って人が寄ってきて、刺激的な輪が広がる感じの! インビジョンは会社というよりコミュニティ。コミュニティを自ら先導したり、大きくしたいって人、「○○したい」をカタチにしましょう! インサイドアウトの精神で(信念から生まれる本質的な人の繋がり)で100年続く会社にしよう!と思っています。 「飛鳥時代から続く建築会社」「室町時代から続く和菓子屋さん」「明治時代から続く広告会社」・・企業価値を脈々と継承する会社ってものすごくかっこいい。 江戸後期、二宮尊徳はこう言いました「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である。 まさにビジネスの原理原則ですね。 インビジョンもそう。お客様と本気で向き合い、「想いをカタチに」しながら企業成長を後押し、対価を積み上げる。 社内外ともにずっと関わっていきたいと言ってくれるお客様、スタッフ、仲間の輪を広げ、かっこいい会社を目指します。 ”ビジネスと道徳のバランス”って言葉にピンとくる人に、出会いたいもんだ。 (100億円は比喩。もっといきたい。笑)

How we do

習字だけでイベントでちゃったり
みんなでアイス食べたり
■『企業文化をデザインする、採用マーケティング事業』とは? クライアント企業の採用戦略を描き、本質的な雇用を生み出すお仕事。 労働市場が刻々と変化する中、経営者は人材獲得にかなり頭を悩ませてます。 解決のヒントは「企業のナチュラル且つリアルな発信」×「最新のコミュニケーション手法」。 人材ビジネスは経済成長を支えるエンジン。一緒にポジティブな波動を広げましょう! インビジョンが求めているのはこんな人↓ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 我が道を行く。 追求したい「自分の思うかっこいい大人像」がある人 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 【□一緒に働きたいし、ご飯にも行きたい人】 □インビジョンのビジョンを見たときに、共感を超えて共鳴してると思った人 □船に乗りたいよりも船を漕ぎたい人 □ビジネスと道徳のバランスって聞いてワクワクする人 □○○(あなた)に任せとけば安心だわ。ってポジションになりがちな人 □おすすめされた本をその場でamazonでポチる人 □お礼メールに相手が言ってたオリジナルの言葉を差し込めちゃう人 □初対面で爽やかな笑顔を繰り出せる人 □ベース自信があるからこそ自分の伸び代にも真摯に向き合える人 □選考シーンで相手のタイプ関係なく素で話せる人 □おダシ出てる人 ※おダシとは...その人から滲み出るその人らしさ or 正解を取りに行くのでなく、本当に思っていることをありのままに アウトプットできる人 【■一緒に働けないし、ご飯にも行きたくない人】 ■企業選びの時に理念とかビジョンなんてどうでもいいと思っている人。 ■インビジョン入ったらなんとなく仕事楽しめそう、って環境任せなスタンスの人。 ■人をタイプだけで判断する人。多様性が、インビジョンの武器だよ。 ■そこそこ働いてそこそこ稼いでそこそこ楽しければ良い、何事もそこそこ星人 ■ビジネスと道徳の道徳だけに振り切れてる人。それ、ボランティアでいいかも。 ■成長したいといいつつ、そのための作戦立ても行動もしていない人。 ■一つ一つ指示がないと動きづらい人。インビジョンのフリーな環境は逆にストレスかも ■どう思われるかばかり先行してテンプレみたいな会話する人。もっとありのままの あなたを出して。 -----社内用語----- 『社内用語って、会社の文化を表すって言いますよね。 』 #自走する組織 #働くかっこいい大人かどうか #大人の青春 #働くエンターテインメント #おダシ #健康的なチーム #徳田屋 #いいんだよ #健康経営 #ハイスタ #ペネトレイト #明日も元気におはようございます -----インビジョン飲み会での一コマ----- 『オフモードででるコトバって、結構本質的だったりして。』 (人事がコソコソ書き溜めました。笑) 「考えたことが価値になるってのが仕事」 「ゴールはお客さんですよね」 「ゴールが一緒なのって最強」 「人材って、付き合う全ての企業に還元できる仕事だと思うんですよね」 「切磋琢磨しないと自分がアップデートされない」 「ただのタスクみたいな感覚って、それは違うと思っていて」 「”お前、そういうんじゃねえんだよ!”みたいなぶつかり合いも、時には必要だと思うんだよ」 「コアな部分って、そこは共有してなきゃダメだと思うんですよ」 「究極、人助けですよね、ビジネスって。」