1
/
5

経営者のことば辞典②「外部環境」

はじめに

前回は、経営者の仕事の一つである「投資」について解説しました。

【経営者の気持ちを知る】経営者言語辞典 #1『投資』 | 株式会社イマジナ
はじめに大学生など若者を中心に「スタートアップ」という言葉が昨今話題になっています。「スタートアップ」とは、一般的には革新的なアイデア・技術で短期間に急成長する新興企業を指します。弊社を志望する...
https://www.wantedly.com/companies/imajina/post_articles/909265


投資がなければ事業は小さいままで、大きく成長させることは難しいと言えます。その投資を成功させるために重要なのは情報収集です。


スポーツにおいて相手のチームがどんな戦略を得意とするのか、エースは誰なのかを知っていればゲームを有利に運べるのと同じように、ビジネスでも持っている情報が多ければ多いほどチャンスを掴む確率が高まります。


そんな「情報」という大きな要素を、どう捉え、どう扱っていくべきでしょうか。

自分の力で変えられること、先んじて把握できることを、どのように見定めるべきでしょうか。

それらを考えていく上で、今回紹介する「外部環境」という言葉が鍵となって現れてきます。


「外部環境」とはなにか


外部環境とは「ビジネスにおいて自分の力で変えられない要因・環境」のことを指します。

例えば、天候、景気などは自分の力で変えることができません。



あなたが、キッチンカーで手作り弁当を販売するビジネスを始めたとしましょう。6月の梅雨の時期に大きく売上が落ちたとします。この時、「雨のせいで売上が落ちた」と考えたなら、外部環境である雨をどうにかしようとしてはいけません。また、自分の力では変えられない要素のせいにすることで感情を乱したり、責任を放棄することもしてはいけないのです。

どうしようもないことを嘆いていても、そこから生み出せるものはありません。

いかに、自力で道を切り拓くための発想につなげることができるか。

この思考プロセスが、経営者の生命線なのです。


本当に自己責任で考えられているか


「雨」ならば自力でどうにかできないことは明白ですが、ビジネスを取り巻く環境においては、自分では変えられないけれどそのことに気づきにくいような要素が少なからず存在します。

そのようなものに、知らないうちに頼り切りになってしまっていることがないか常に注意するべきです。


例えば一つの取引先が自社の収益の50%を占めるような場合は危険な状態です。もしもその取引先に何かあったとき、自社の事業が立ち行かなくなる可能性すらあります。

取引先が「もっと安くすむ同業他社へ依頼するから」という理由で自社と取引をしなくなれば、自社は50%の収益源を失うか、値下げをするのかという厳しい選択を迫られることになります。


こういった事態を防ぐために、外部環境をよく把握し、リスクを分散・排除することはビジネスを創る上での基本だと言えるでしょう。


キーワードは「全て自己責任」です。自分の力ではどうしようもない外部環境の変化に対して、ならば自分の力で干渉できることでどう対応するのか、常に自分に矢印を向けて考えなければなりません。

その覚悟が求められるのが「経営」というものです。


変化の時代を生きる


近年、AIの隆盛により、10年後にはなくなる仕事についての話題も絶えません。会社員として働く上でも、この先の未来を見据えた上での就職先の選択、外部環境の変化に負けず、どこでも通用するキャリアを構築していくことも求められています。


自分の力ではどうしようもないことに嘆き、立ち止まるのではなく、「どうすれば思考を前向きに切り替えて突破口を見出せるのか」に意識を向け、努力する。そんな経営者マインドは全ての人にとって、身につけておいて損はない考え方と言えるのではないでしょうか。


弊社では、今もなお成長を続けている経営者による勉強会や、考え方・マインドセットを学べるワークショップなどを随時開催しています。ご興味がある方はぜひ、下記よりご応募ください。


ブランディング・地方創生事業
25卒|有名企業のブランディングから地方創生まで!君は何がやりたい?
💡イマジナとは アメリカを拠点に、海外進出をする日本企業への人事コンサルティング事業からスタート。 「日本企業のいいところをもっと伝えていきたい」 「日本企業の“魅力を伝える力”を伸ばしたい」 そんな想いから活動拠点を日本に移し、これまで培ったノウハウを武器にブランディング事業を国内で展開。 会社組織を強化する「インナーブランディング」 社外への発信を強化する「アウターブランディング」 この2つを一気痛感して行い、企業の想いを社内外へ浸透させることで、多くの企業成長を後押ししています。 ー「ここから先が、おもしろい」そう思える“イマ”をつくろうー イマジナはブランディングを通じて、経営者の意識を変え、社会を変えていきます。 企業成長につながるブランディング施策を企画・実行することで、社内外に期待を持たせ、社員にも、顧客にも「ここから先が、おもしろい」と思わせるブランディングによって、日本の未来を担う企業を増やしていきます。 💡イマジナってこんな会社 ・NYで起業し、日本企業の海外進出を多数手がける ・国内外2,800社以上へのコンサルティング実績🛫 ・企業成長のための考え方をまとめた書籍を出版しており、シリーズ累計110万部突破!📚 URL:https://amzn.asia/d/fZzlNSk 《実際のクライアント事例を一部ご紹介》 ・日本発・世界初の技術を武器に急成長するインフラ企業のアメリカ進出を後押し ・地元企業が自治体や大学と連携する地方創生プロジェクトを支援。500年続く地域の伝統にさらなる付加価値を与え発信 ✍️事業内容(一部抜粋) ①クライアントの経営支援 経営戦略設計 / パーパス・ミッション・ビジョン・バリューの策定 / 人事制度設計 ②クライアントの人材成長支援 管理職研修 / 次期幹部候補研修 / 新卒・内定者研修 ③クライアントの採用支援 採用戦略設計(ペルソナ策定・KPI/KGI設定・採用フロー検討など) / リクルートサイト制作 / リクルートムービー制作 / ビジョンマップ制作 ④クライアントの広報・営業支援 営業戦略設計(担当者研修・各種ツール制作など) / PR戦略設計(メディア戦略・広報研修 など) / 社名・ロゴリニューアル / Web・SNS マーケティング  etc… 🎥イマジナについてもっと知りたい方必見の動画3選 No1:イマジナの詳細については10分で動画を確認👀 ✅【ブランディングを10分解説!】「社員に向き合う」ことで成功する企業経営とは https://youtu.be/zm4L5_cRDbI?si=OijE9fbAdHtF_83E No2:イマジナ代表関野の書籍が「Youtube図書館」様にも取り上げられました🏫 ✅圧倒的に伸びる企業はここが違う!「Branding経営」 https://youtu.be/l4BFluEWytQ?si=ZF2RW1ST3DUdfw4B No3:イマジナ代表関野の翻訳監修書籍が「中川先生のやさしいビジネス研究」様にも取り上げられました👔 ✅伝説的コピーNikeの「Just Do It」はいかに生まれたのか https://youtu.be/EdQ3eUHWa_M?si=htM5AxM5P-0yw6K4
株式会社イマジナ



株式会社イマジナ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings