1
/
5

What we do

イマジナが展開する幅広いブランディング支援
今までに出版した書籍 良品計画やニトリと共同出版
【イマジナとは】 イマジナは、アメリカを拠点に海外進出をする日本企業への人事コンサルティング事業からスタートしました。多くの実績を残したのち、活動拠点を日本に移し、これまで培ったノウハウを武器にブランディング事業を国内で展開。会社組織を強化する「インナーブランディング」、社外への発信を強化する「アウターブランディング」を一貫して行い、企業の想いを社内外へ浸透させることで、多くの企業に貢献しています。 ーー「ここから先が、おもしろい」そう思える“イマ”をつくろうーー イマジナはブランディングを通じて、経営者の意識を変え、社会を変えていきます。 企業成長につながるブランディング施策を提供することで、社内外に期待を持たせ、社員にも、顧客にも「ここから先が、おもしろい」と思わせるブランディングによって、日本の未来を担う企業を増やしていきます。

Why we do

代表取締役 関野吉記(セキノ ヨシキ)
ミーティング中も和気あいあい
《経営者の意識を変え、企業が社会を変える時代をつくる》 世の中を大きく変える力があるのは『企業』です。 そんな企業のトップである『経営者』の持つ影響力は非常に大きいもの。 経営者の意識が変われば、社員が変わり、会社が変わり、そして日本社会が変わります。 ブランディングを通じて、顧客の業績を伸ばす。それは、その企業がある地域や社会への貢献にもつながります。また外資に負けないブランド力を生み出すことは、国内の物価を底上げし、結果として賃金を上げるなどの経済効果にもつながります。 イマジナが起点となり、関わった企業が人を育て、街を育てる。そして日本社会そのものを活性化したい。これがイマジナの存在意義であり、これからもブランディングを続ける理由です。

How we do

イマジナが掲げるパーパス・ミッション
【麹町オフィス】おしゃれなエントランスホール
【イマジナの『7つの流儀』】 ▼ 360°の視野で観察すれば、見えてくる 私たちの目は、トップの想いを見つけ、それを浸透させる方法を探す目。広い視野で、顧客の業界、市場、競合への理解を深めることが第一歩。 ▼ 伝える努力なくして、ひとの心は動かせない ひとは想いに共感することで、自分の行動を変えることができる。仲間や顧客を動かすためには、人の心を動かす努力を怠ってはいけない。 ▼ 全ては自分事で、自分のためにやる 自分には関係ないと思った瞬間、ひとは成長のチャンスを逃している。どんなことも自分事として、そして自分のために真摯に取り組む人は必ず成長する。 ▼ 考えぬくことに意味がある ここに単純作業は必要ない。考えることを諦めない私たちだからこそ存在意義がある。 ▼ 志が高いひとは、道を踏み外さない 会社は営利団体であるが、同時に社会に貢献する組織である。志が高い人は、社会のために倫理的に正しい方法を選択する。 ▼ 質とスピードを両立させるのは当たり前 私たちは、仕事の質だけでなく、スピードも求められている。どちらも両立させなければ、一流にはなれない。 ▼ 永続することは、変化しつづけることだ ゴールが同じでも、そこに至るまでのプロセスは時代とともに変わっていく。常に新しい武器を身につけよう。変化を恐れない会社が永続する。