This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

家庭でもオフィスでも「はたらく女性」は自由で幸福だ

●ヒトカラメディアのハードな方のおかんです

こんにちは、ヒトカラメディアの杉浦です。ニックネームはうっちゃんです(ウッチャンナンチャンに由来)。他にもクレイジーおかん(徳島の某会社のNくん命名)とか、かあちゃんとか呼ばれております。一児の母です。

(2016年5月:3周年記念写真

●「はたらく女性」が一般的な単語になるといい

「職業婦人」「OL」「ワーママ」「イクメン」「イクボス」・・・共通項はわかりますか?共通項はマイノリティであることです。マイノリティだから、呼称ができます。「ワーパパ」「イクウーメン(イクウーマン)」という単語はありませんよね。家庭・仕事問わず、みんな働いているのですけれども。いつか「(オフィスで)働く女性」というくくりがなくなるといいなあと思っています。

(2016年6月:outbrain様のロゴと私がそっくりなので撮影)

●生き物としての特徴は変えられない

30年以上生物学上の女性を務めておりますが、いまだにしっくり馴染みません。男性に生まれたかったなあと思うこと多し。体力勝負となるとどうしても劣ってしまう。どんなに熱意があっても戦士としては頼りなく、自分が情けないと泣いた日もありました。

(2016年5月:働くことについての社内ワークショップ

●戦場のルールを変えつつ、女性であるという特性を生かして戦う

でも、どれだけ泣いても、女性であることは変えられません。自分はあまり気が付かなかったけれど、人生においてビジネスにおいて、女性だから得したこともあるんだと思います。結婚・出産の有無で大きく人生が変わる性であることも、キャリアプランが立てにくいことも、全て含めて、「そういう特徴を持つ商品なんだ」と思って自分を眺めてみませんか。キャリアプランが立てにくいのであれば、変化に応じて選択肢を広げることができると視点を変えてみませんか。

すると、「戦いの場を変える・戦いのルールを変える・戦う方法を変える」とマーケティング思考で自分が勝負しやすい道を探すことができます。

(2016年5月:Wantedlyインタビュー記事用写真。お腹抱えて笑った後なのでシワが目立つ)


●ヒトカラメディアの採用面接時に切ったタンカ

「単に時間あたりの労働力として見たら、私という労働商品は高い買い物です。しかし、『ベンチャー企業』かつ『不動産』かつ『ワーキングマザー』であれば、会社のミッションを体現することができます。私への給与は広告費だと思って払ってください。」

と啖呵を切りました。とどのつまり、会社の役に立ってお金をもらうことができればいいので、戦いの場を少し変えました。今思うと冷汗ものですね。ジョインを決めてくれた社長と取締役には頭が上がりません。

(2016年5月:3周年記念飲み会の帰り 左が社長・右が取締役 担ぎがいのある神輿)


●共感が消費行動に入ってきた今がチャンスかも

消費行動に「共感・共有」が入ってきたことで、今まで注目されなかった「発信力」も戦力の一つになりました。例えば、SNSで「あの人のようになりたい」の「あの人」になることで、自分が食べて行くことができるようになります。幸せに生きることが人生の目的である限り、譲れないものや貫きたいことを掲げて生きることが、もっとも「イキイキとはたらく女性」だろうと思います。志を貫くことに肉体的な弱さは関係なく、感性や着眼点、日々少しずつ自分の興味範囲を増やし行動することで戦うことができます。

(2016年6月:Samurai Island EXPO'16にて 憧れの奥田浩美さんと!!)


●そんな私はただいま徳島でリモートワーク中

私にとっての「あの人になりたい(奥田さんのようになりたい)」という憧れは、ライフサイクルに合わせて、自分の生活のカタチを自分で選ぶことを実践しているからだと気付きました。それならば、ヒトカラメディアのミッションと自分の希望を合わせて働けるのでは?

ヒトカラメディアのミッションは、『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』。ミッションに即した社内制度として、「美波町ワーク制度(美波町ステイ制度)」があります。年に一度、徳島県美波町への交通費を会社が負担し、サテライトオフィス体験施設「戎邸」に滞在しつつ、リモートワークができる制度です。場所を変えた在宅ワーク制度ですね。

今回徳島県・美波町の皆様の事業協力もあり、親子で徳島に滞在しております!働くこと・暮らすことの境目がない生活。子どもにご飯を食べさせて、遊びに送り出しつつ、仕事をする。帰ってきた子の話を聞きつつ、夕飯を食べ、仕事をする。今が最も理想に近い働き方をしています。

男女関係なく、こんな人生を歩みたいと本気で望んでいるなら、それは必ず実現します。もちろん、願うだけでは足らないし、アクションも覚悟も必要です。人は幸せになるために生きているし、生きていくために働くのです。
社会への価値提供の仕方は一様ではありません。あなた自身への見方を変えて「はたらく=誰かの役に立って糧を得ること」の新しいカタチを模索してみませんか。少なくとも、私は20代の時よりも今の働き方・暮らし方の方がずっと自由で幸せですよ(そのおかげで入社以来ちょっと太りました)。


(2016年8月:徳島県にあるサテライトオフィス体験施設「戎邸」にて 徳島県 久原さん撮影)



(2016年8月:徳島県にあるサテライトオフィス体験施設「戎邸」にて)


(2016年8月:徳島県にあるサテライトオフィス体験施設「戎邸」にて)



(2016年8月:odoriの庭にて 手前が戎邸での写真の撮影者)

★一緒に働くメンバー大募集中です★

https://www.wantedly.com/companies/hitokara-co/projects

【募集要項】

◎徳島県美波町・軽井沢ワーク制度開始!働き方を提案する企画営業募集

https://www.wantedly.com/projects/61922

◎これからの働き方を作るオフィス空間を実現するプロジェクトマネージャー募集!

https://www.wantedly.com/projects/51304

◎「働き方」にこだわりまくったオフィスをプロデュースする空間デザイナー募集!

https://www.wantedly.com/projects/51263

株式会社ヒトカラメディア's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings