1
/
5

フリマアプリ、店舗に次ぐ"magi"第三の矢!EC部門立ち上げのリーダーにインタビューしました!

こんにちは!ジラフ人事の坂部です。

magiのフリマアプリ・店舗に続く、第三の矢となる"EC"。今回はmagiのECを運営する永井さんに、10月の新規立ち上げまでの経緯や、ECの今後の展望についてインタビューしました!

お話を伺う中で、周りの人から愛される永井さんのとても温かい人柄も知ることができました♪


magi事業部 magi秋葉原店 通販リーダー                                                 永井瑛土(Eito Nagai)

【プロフィール】                                           2018年1月ジラフ入社。スママ、質問箱、magiのプロダクト改善、発送や運営などのオペレーション構築・改善、CSを担当。2023年7月に秋葉原店に異動し、2023年11月より通販リーダーに従事。

ーーmagiでECが立ち上がった理由を教えてください!

『ポケモン、遊戯王、ワンピースカードの需要増、ならびにトレカ市場拡大に伴ってアプリや店頭だけではなく、新しい販路を模索しており、オンラインオフラインで培ったノウハウを活かせる方法として通販が立ち上がりました。magiのフリマアプリがバーティカルであることを強みとし、様々な機能やオプションを提供し成長を続けてます。

ただ「アプリ上では確認が難しい微細な傷など、欲しい商品を買うのが不安」「やり取りも多く発生する場合があり面倒」といった声もあり、直接確認しその場で購入できる実店舗を持てば安心して購入できるのではないかと、実店舗での販売もスタート。実際に商品を手に取って反響が良かったと嬉しい声を日々いただいております。

店舗が立ち上がったことで、販売だけではなく買取が可能となり、細かな査定や鑑定をした商品を持つことが出来ました。ECは実際に店舗で査定班や鑑定士が査定した状態の良かったもののみを販売してます。アプリだと都度確認しないといけないので面倒、、かといって身近にトレカショップが無い、、など、欲しい商品があるのにも関わらず購入を諦めてしまう方にはECは適した販路であると考えています。

先述した通り身近にトレカショップがない人でも気軽に手に入れていただけるのがECのメリットであると思っています。アプリ上はCtoCの取引であり、鑑定を通す”あんしん取引”も提供しておりますが、あくまで個人の出品であることに変わらずカードの状態には、出品者・購入者共に自信がないケースがあります。過去にmagiのCS担当だった時の経験では、どうしても後味の悪くなってしまう取引の対応をしたことがあり、お力添えが出来ず歯がゆい思いをしたことがあります。もちろんアプリ上でも気持ちよく取引をしていただいてるユーザー様がいますので一概にそうとは言えませんが、個人的な所感では傷一つで価格が増減するので、売買には安心感が必要であると強く感じてました。

その点においては、magiの通販では、専門の鑑定士がいて、実際に鑑定をして厳しい審査を通ったカードだけが購入できるので、商品はもちろん、安心感を提供で来ていると思っています。』


ーーECと店舗の違いはありますか?

『運営してまだ日が浅いですが、適正価格で仕入れること、入荷のお知らせを配信し、購入者が望んだ様々な決済が可能な販売手法という意味では、基本的にはあまり大差はないかなと思っています。

ただ、ECはユーザーの動きやどこから来店したのかを細かくトラッキングできるデータが蓄積できて可視化されるので、そのデータを元に、メルマガやSNS、商品の配置の変更し、こちらから発信、能動的に集客や商品の提案が出来ること、かつ店頭と比べてそれらを人的コストを割かずにある程度自動で実践できるところは強みだと感じています。』


ーーECを担当したキッカケや出来事があれば教えてください。

『当初、秋葉原店に配属されてからは、周りのスタッフが買取や値付け、福袋やオリパ商品作成など、本来持っている業務に集中できるように、銀行振り込みの入金や、店頭の入出金、両替など、発送周りの業務をフォローをしていました。

通販の立ち上げ段階では、発送や販売、商品の制作など多岐にわたる業務が求められ、対応しなければならない状況でしたが、店舗メンバーそれぞれの別の業務があり、深くコミットしていくことが難しい状況でした。そこで、私は以前、発送業務を経験していたこともあり、オペレーションも理解していたので、どんどん業務を巻き取って進めていたのが担当したキッカケです。』


ーー立ち上げた後の状況はいかがでしたか?

『担当になってからも状況を変えようといろんな人に協力をしていただいておりましたが、関わる人が多くなる分、発送方法や梱包方法が統一さえておらず、ミスも発生してました。

その状況を打破するべく、まずは業務の見直しやマニュアルを作成し、発送方法も梱包方法や統一、発送する前のダブルチェック等の改善を最優先としました。そのおかげで上記のようなミスはほぼ0に近い状態になっています。』


ーー1から今の仕組みを作ったのですね!仕組みが整い始めた現在、課題と感じているものはありますか?

『出品する商品や売れた後の在庫管理については現状まだまだ改善する余地はあります。カードの発送は、基本的に秋葉原店から行っていますが、秋葉原店にない場合は、他店から店間移動しつつ発送をしたり、梱包から発送までお願いをすることもあります。各店舗の責任者の方には、快く協力して貰っていて、感謝しています!

とはいっても商品が売れて、全店で在庫が0になりそうなケースもあります。その場合は買取チームが率先して買取募集を上げていただいているので商品を集めることができており助かってます。色々な場面で部署やチーム間を超えて協力してもらっているので数字で還元したい!という気持ちが強いです。』


いまの仕事が社会人になって一番楽しい。

ーー現在、永井さんはECのリーダーですが、取り組んでいることややりがいがあれば教えてください!

『社会人になってリーダーとかいったポジションになることが初めてなので、そもそもどういった頼み方で業務を依頼したら仕事がしやすくなるのかの指示方法を見直したり、メンバーの気づきや成長を促すため、新しい仕事をどんどん振ることを意識して取り組んでいます。

やりがいとしては、どうしたら売れるのかということを常日頃考えているので、カードが売れたときはもちろん、完売して、また在庫を仕入れないと考える機会が多いことですね。最近ではスマホで通販の管理画面を見て受注件数を見ることが癖になっています...笑。

販売している商品については、秋葉原店だけはなく、各店舗で保有されている在庫をオンラインで商品展開してます。一つの倉庫等で在庫を抱える一般的な通販よりも各店舗との連携を必要とするので大変なのですが、その分、福袋等、お客様に受け入れられる多種多様な商品を用意するこができます。都度トレカの相場は変わりますし、動かなさいといけない商品が多いので、その適切な在庫管理の方法を模索し続けることが出来るので個人的にはとても面白くあります。いまの仕事が社会人になって一番楽しいです!』


ーー最後に”EC”の今後の展望を教えてください!

『いまは商品の店間移動であったり、他店での発送業務も発生しているので、今後は他店がその店舗の運営に集中できるよう秋葉原店から在庫を揃えて商品を発送できるようにしたいなと考えています。

ただ、在庫管理だけしていてもお客様に目新しさはないので、通販だけでしか買えないオリパや福袋を増やす、通販で反応が良かったものを店舗でも取り揃える、店頭で反響が良かったものを通販で販売する等、オンライン・オフライン問わず商品数を増やしていき、両面で伸びていく事業として大きくしていきたいです。』


――インタビューありがとうございました!

伸びしろしかないEC事業!今後の永井さんの活躍にも期待大ですね!

現在、ジラフは事業体制強化および上場に向けてメンバーを大募集しております!
今回のインタビューを読んで、共感していただけた方!面白そう!と思っていただいた方、ぜひ一度カジュアルにお話をしませんか?

▼気になった方はぜひこちらへ!▼

ECサイト運営
マーケターからの転職歓迎!コレクター向け自社ECサイトの運用をお任せ!
ジラフは現在、国内最大級の買取価格比較サイトの「ヒカカク!」、コレクター向けフリマアプリ、EC、店舗の「magi」の2事業を運営しており、ビジネスモデルはメディアだけでなく、コマースを重点領域に置くスタートアップとなりました。コマース領域は10年以上成長し続け、数千億円規模へと成長ポテンシャルのある市場です。従来培ってきたユーザーマッチング、WEBマーケティングのノウハウを活かし、最大限の価値提供を中長期で実現出来る事業を選定しています。 社会のため、ユーザー様のために世界をより良い方向へ変えていくこと、”事業を通じて社会に驚きを与え続ける”存在となることを目指しています。 足元数年の時価総額で言えば1,000億円企業、定性的なストーリーで言えば世界中のユーザー様にご利用いただけるサービスづくりを行っていきます。実際に海外版magiもローンチし、すでにアメリカ、シンガポール、中国のコレクターの方々からも日々ご購入いただいております。 ■買取比較サイト 『ヒカカク!』 https://hikakaku.com/  モノを売ろうと思っても「どこに売ったらいいのかわからない」「少しでも高く買い取ってくれるところに売りたい」という疑問や要望解決し、「売ってよかった」体験を生み出します。2022年7月からテレビCMも数千万円規模で放映しており、サービスとしての認知度を高める中でリユース市場のさらなる活性化を目指しています。 ■コレクター向けフリマアプリ 『magi』https://magi.camp/ 鑑定サービスや委託販売サービスなどのバーティカルに特化した機能で、トレカやスニーカーを安全に売買できるマーケットプレイスサービスです。希少品を網羅的に、安全に売り買いできるサービスを目指しており、世界中にいるコレクターに愛されるサービスを目指しています。 ■ポケカ通販サイト 『magi通販』 https://www.magicardshop.jp/ 「身近にカードショップがない」「アプリで買いたいけど微小な傷等写真で見えない部分が不安」等の不安を解決すべく、状態等を査定したポケモンカードのみを購入できる通販サイトです。 PSA等のシングルカードだけではなく店頭で売っているような未開封福袋やオリパ等も多数用意してます。 決済方法も多数取り揃えており、オンラインで手間を取らせず安心して欲しいカードを購入できるサービスを目指しています。 また、中野ブロードウェイや秋葉原にはコレクター向けトレカ専門店を出店しています。渋谷モディにはプレイヤー・コレクター両にらみのランドマークとなる店舗を出店。2023年7月にはトレカ・スニーカー両方を扱う店舗を大阪なんばマルイに出店。以降、原宿(2023年8月)、名古屋(2023年9月)へ出店し、2023年11月には海外1号店となる「magi台北西門店」を台湾にオープンしました。 ■商品の所有権を売買する取引サービス『magi VAULT』 https://magi.camp/pages/magi_vault 2023年2月に立ち上げたmagi VAULTは、決済完了時点で取引完了。即座に購入者に所有権が移行します。購入したカードはmagiの金庫で保管され面倒な取引手順を行う必要はありません。
株式会社ジラフ
EC責任者
コレクター向けサービスのEC責任者募集!上場準備中企業で働きませんか?
ジラフは、社会のため、ユーザー様のために世界をより良い方向へ変えていくこと、”事業を通じて社会に驚きを与え続ける”存在となることを目指しています。 現在、「ヒカカク!」 、「magi」を運営しており、ビジネスモデルはメディアだけでなく、コマースを重点領域に置くスタートアップとなりました。コマース領域は10年以上成長し続け、数千億円規模へと成長ポテンシャルのある市場です。従来培ってきたユーザーマッチング、WEBマーケティングのノウハウを活かし、最大限の価値提供を中長期で実現出来る事業を選定しています。 足元数年の時価総額で言えば1,000億円企業、定性的なストーリーで言えば世界中のユーザー様にご利用いただけるサービスづくりを行っていきます。実際に海外版magiもローンチし、すでにアメリカ、シンガポール、中国のコレクターの方々からも日々ご購入いただいております。 ■買取比較サイト 『ヒカカク!』 https://hikakaku.com/  モノを売ろうと思っても「どこに売ったらいいのかわからない」「少しでも高く買い取ってくれるところに売りたい」という疑問や要望解決し、「売ってよかった」体験を生み出します。2022年7月からテレビCMも数千万円規模で放映しており、サービスとしての認知度を高める中でリユース市場のさらなる活性化を目指しています。 ■コレクター向けフリマアプリ 『magi』https://magi.camp/ 鑑定サービスや委託販売サービスなどのバーティカルに特化した機能で、トレカやスニーカーを安全に売買できるマーケットプレイスサービスです。希少品を網羅的に、安全に売り買いできるサービスを目指しており、世界中にいるコレクターに愛されるサービスを目指しています。 また、中野ブロードウェイや秋葉原にはコレクター向けトレカ専門店を出店しています。渋谷モディにはプレイヤー・コレクター両にらみのランドマークとなる店舗を出店。2023年7月にはトレカ・スニーカー両方を扱う店舗を大阪なんばマルイに出店。以降、原宿(2023年8月)、名古屋(2023年9月)への出店も続々と決まっています。 ■商品の所有権を売買する取引サービス『magi VAULT』 https://magi.camp/pages/magi_vault 2023年2月に立ち上げたmagi VAULTは、決済完了時点で取引完了。即座に購入者に所有権が移行します。購入したカードはmagiの金庫で保管され面倒な取引手順を行う必要はありません。
株式会社ジラフ
事業責任者候補
事業責任者募集|マケプレ、EC経験者歓迎!急成長中のコレクター向けサービス
ジラフは現在、国内最大級の買取価格比較サイトの「ヒカカク!」、コレクター向けフリマアプリ、EC、店舗の「magi」の2事業を運営しており、ビジネスモデルはメディアだけでなく、コマースを重点領域に置くスタートアップとなりました。コマース領域は10年以上成長し続け、数千億円規模へと成長ポテンシャルのある市場です。従来培ってきたユーザーマッチング、WEBマーケティングのノウハウを活かし、最大限の価値提供を中長期で実現出来る事業を選定しています。 社会のため、ユーザー様のために世界をより良い方向へ変えていくこと、”事業を通じて社会に驚きを与え続ける”存在となることを目指しています。 足元数年の時価総額で言えば1,000億円企業、定性的なストーリーで言えば世界中のユーザー様にご利用いただけるサービスづくりを行っていきます。実際に海外版magiもローンチし、すでにアメリカ、シンガポール、中国のコレクターの方々からも日々ご購入いただいております。 ■買取比較サイト 『ヒカカク!』 https://hikakaku.com/  モノを売ろうと思っても「どこに売ったらいいのかわからない」「少しでも高く買い取ってくれるところに売りたい」という疑問や要望解決し、「売ってよかった」体験を生み出します。2022年7月からテレビCMも数千万円規模で放映しており、サービスとしての認知度を高める中でリユース市場のさらなる活性化を目指しています。 ■コレクター向けフリマアプリ 『magi』https://magi.camp/ 鑑定サービスや委託販売サービスなどのバーティカルに特化した機能で、トレカやスニーカーを安全に売買できるマーケットプレイスサービスです。希少品を網羅的に、安全に売り買いできるサービスを目指しており、世界中にいるコレクターに愛されるサービスを目指しています。 ■ポケカ通販サイト 『magi通販』 https://www.magicardshop.jp/ 「身近にカードショップがない」「アプリで買いたいけど微小な傷等写真で見えない部分が不安」等の不安を解決すべく、状態等を査定したポケモンカードのみを購入できる通販サイトです。 PSA等のシングルカードだけではなく店頭で売っているような未開封福袋やオリパ等も多数用意してます。 決済方法も多数取り揃えており、オンラインで手間を取らせず安心して欲しいカードを購入できるサービスを目指しています。 また、中野ブロードウェイや秋葉原にはコレクター向けトレカ専門店を出店しています。渋谷モディにはプレイヤー・コレクター両にらみのランドマークとなる店舗を出店。2023年7月にはトレカ・スニーカー両方を扱う店舗を大阪なんばマルイに出店。以降、原宿(2023年8月)、名古屋(2023年9月)へ出店し、2023年11月には海外1号店となる「magi台北西門店」を台湾にオープンしました。 ■商品の所有権を売買する取引サービス『magi VAULT』 https://magi.camp/pages/magi_vault 2023年2月に立ち上げたmagi VAULTは、決済完了時点で取引完了。即座に購入者に所有権が移行します。購入したカードはmagiの金庫で保管され面倒な取引手順を行う必要はありません。
株式会社ジラフ




株式会社ジラフ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ジラフ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?