1
/
5

オンラインだからこそ相手を思いやる。リモートネイティブが語る新しい時代のコミュニケーション。

就活時はもちろん入社後もずっとリモートワークが続いている21卒新入社員。長引くオンラインでの社会人生活で思うようにいかないことが多いのではないでしょうか。今回は絶賛活躍中の21卒若手社員2人に、リモートワーク下での仕事の苦労や工夫している点、さらには成長への取組みについてインタビューしてみました。


滝口さん(左)/マーケティングソリューション事業本部 アカウントプロデュース部 第一アカウントプロデュースG

2021年新卒入社。大学では社会科学部に籍を置く。インターネット広告の将来性に惹かれると同時に、将来の独立を考えるとメディアに精通しておくべき、との考えからGunosyを志望。入社後は広告代理店に向けての営業として活躍中。

藤本さん(右)/マーケティングソリューション事業本部 アカウントマネジメント部

2021年新卒入社。大学は法学部を専攻。就活は社員同士の顔が見える規模に、という理由からベンチャー企業を中心にエントリー。Gunosyの決め手は「人のよさ」。優しさとクールさが同居するとともに落ち着いた雰囲気に惹かれたという。

広告代理店との二人三脚が大切な仕事

ーまずはおふたりの現在のお仕事について聞かせてください

滝口

広告代理店に向けて営業活動を行なっています。代理店は食品メーカーや飲料メーカーといった広告主におすすめの広告媒体を紹介するのですが、その際にGunosyの媒体をレコメンドしてもらえるように動く、という仕事ですね。

藤本

私はGunosyAdsの運用型広告の分析や運用を行なっています。わかりやすく言うと滝口くんのチームが取ってきた案件のKPI達成や売上伸長がミッション。代理店の方と直接コミュニケーションを取りながら広告効果を分析し、課題抽出や効果改善などに取り組んでいます。

ーそれぞれどんなところがやりがいですか?

滝口

やっぱり代理店さんから信頼されて、関係値が築けたときですね。そのためにはまずこちらからギブすることを心がけています。たとえば「事例ください」と言われたときも良い事例を厳選だけでなく、背景や経緯なども添えて提出する。情報にプラスアルファの付加価値を付けて提供することが、営業としての僕を印象づける第一歩だと思っています。

藤本

私の場合はやっぱり案件の効果改善です。代理店の方や営業サイドと連携して売上やKPIが達成できたときは本当に嬉しいですね。その一方で期待される効果が伸び悩んだりするとなかなか厳しいのですが…そんなときはあえて一度配信を止めて、代理店さんと一緒に改善策を考えることも。とにかく誠実に向き合うことが大切だと考えています。

滝口

誠実さって重要だよね。僕も商談相手とまっすぐ向き合うことを何より大事にしています。たとえば、代理店さんのテンションに合わせて話す。手短に終わらせたい人には要点だけを、雑談を楽しみたい方には鉄板ネタを披露して笑いを取る(笑)。相手を思いやることが良好な関係構築には欠かせませんからね。

藤本

確かに、私もお客様とのやりとりに社内用語は使わないように心がけてます。新しくできた機能や社内でリリースされた情報ひとつとっても、先方はわからないかもしれない。だから一度わかりやすく翻訳してから伝えるようにしています。そのためにもまず私自身がきちんと理解する必要があるんですけど。


リモートであることを意識しすぎない

ーおふたりとも入社時からずっとリモートですよね?

滝口

そうですね…でも部屋にひきこもりがちになるぐらいで(笑)困ったことはあまりないかもしれません。社内での人間関係が構築しにくいという面があるけど、それもこれから解消されるんじゃないかと。チーム内のコミュニケーションを活性化するために退勤時間を早めて交流会を開催する予定なんですよ。

藤本

テキストコミュニケーションがメインだから先輩に失礼のない文章を書かなくちゃ、と最初は戸惑いましたが慣れました。それよりも先輩方がSlackのハドルでいつでも対話できるように整備してくれているので助かっています。あと、若手社員だけのSlackチャンネルがあって、なんでも聞きやすい環境が確保できていますね。

ー仕事上でも特に苦労することはない?

滝口

正直、あんまり感じていません。むしろリモートのいい面に目を向けていて。たとえば営業なら従来はお客様先への訪問が仕事の基本でしたよね。それって確かに一回の商談の重みはあるけど、そのぶん日頃の接点はどうだったかというと「?」だったはず。逆にいまはオンラインだから、ほぼ毎日代理店さんと接点を持てている。コミュニケーション頻度を上げて、信頼関係を築くにはリモートってうってつけだと思うんです。

藤本

もしかしたら運用サイドはリモート以前とほとんど変わっていないかもしれません。代理店さんとは毎日チャットでコミュニケーションを取っているし。むしろ代理店の方からわからないことがあるので電話していいですか?なんて声をかけてくれることもあるぐらい。オンラインのほうが疑問解消のスピードが早いかもしれません。

ーなるほど、リモートを上手く使いこなしていると

滝口

オンラインだから、オフラインだからと妙に肩に力を入れない。良くも悪くも無理しない。画面越しかどうかというだけで、人と人との結びつきであることには変わらないわけですよね。もちろんリモートだからって人物像が変わるわけでもありません。そこは素直に付き合っていけばいいと僕は思います。

藤本

周囲に安心してなんでも聞ける環境が整っていれば大丈夫だと思います。Gunosyの場合、先輩がハドルや1on1やランチなど、いろんな接点を作ってくれていますし。また自分からも部署をまたいだランチミーティングの運営に関わったり、ミーティングの回数を増やしたりと積極的に働きかけるようにしています。


やっぱり大切なのはコミュニケーション

ーいろんな工夫をされているんですね

藤本

少し前に『運用Tips』という資料を作ったんですよ。広告運用のコツをパワポにまとめて代理店の方や滝口くんのチームに展開できるようなものを。それを使って推奨すべき運用方法を説明するのも、わかりやすくするための工夫のひとつですね。ビジュアルがあるとよりよく伝わりますから。

滝口

僕の場合の工夫はヒアリングの段階で相手の欲しがるネタを的確につかむことです。グノシー使ったことありますか?という最初の質問に対する回答次第で媒体概要から説明が必要か、あるいは新しくアップデートした情報だけで充分かを見極める。これも相手への思いやりだと思うんです。

ーまさにお二人はリモートネイティブですね。今後の目標は?

滝口

まだ関係性が構築できていない代理店を開拓していくことです。そのためには連絡の頻度を上げることが重要。先方が課題感を持っているときにタイミングよく手を差し伸べるためにもメッセージを頻繁に送り続けていきます。

藤本

まずは営業や代理店の方から頼りにされる運用担当になりたいです。相手の求めていることを察知して、的確に分析し、数値的根拠を持って素早く動けるようにスキルアップを図っていきます。さらに分析力を身につけて、広告プロダクト開発や営業全体の課題を考える仕事にもチャレンジしたいですね。

滝口

でも実際、藤本さんが作ってくれた『運用Tips』めちゃくちゃ助かってて。代理店さんから運用方法教えてって言われたとき「これありますよ」って出すと喜ばれるんです。さらに書いてある通り運用してくれて、結果的に成果につながるとさらに関係性がよくなるので。ありがたいのひと言ですね。

藤本

ありがとうございます。私の仕事のやりがいのひとつが「仲間の役に立つ」だから『運用Tips』を有効に使ってくれているのって本当にうれしいです。滝口くんも難しい新規開拓に正面から取り組んでいるのはすごいと思う。横で見ていて刺激をもらえるのって同期の良さで、リモートかどうかに関係なく価値のあることだなって思います。

ーありがとうございました!


また、おふたりの成長を普段からみている先輩方から、こんな意見をいただきました!

「滝口は発想力の転換がすごい。予算があわないとか実績がないという発言が以前はあったが、最近では予算や実績がないならこういう風に見せ方を変えよう、というスタイルになった。見せ方、伝え方で提案できるようになったからこそ、関係性ができて受注につながっていると思う。藤本は意思決定力が上がっている。初期はわからないことがあると先輩に相談することが多かったが、いまは自分で考えて動いているし、やりたいことを自分からアウトプットするようになった。向上心が強いのも藤本の魅力。また、もともと持っている細やかな対応力に加え、運用の仕事に不可欠なスキルが磨かれている。」

おふたりとも順調に成長しているようですね!また、リモート下でも自分の成長や頑張りを見てくれる方がいるというのは、嬉しいものだなと。私もそういう人でありたいと勉強になりました。


Gunosyでは、一緒にプロダクトを創っていく仲間を募集しています。
興味がある方は、ぜひ下記リンクをご覧ください!

photo:WeWork Shibuya Scramble Square

Gunosy's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings