1
/
5

デジタルを使った”新しい働き方”を実践 フラー、新潟と柏の葉をつなぎ2022年の入社式を開催

フラー株式会社は2022年4月1日、柏の葉本社と新潟本社で入社式を執り行いました。

インタラクティビジョンなど通じ交流

株式会社スノーピークビジネスソリューションズが手掛ける、映像と音声でオフィスを繋ぐ「インタラクティビジョン」を活用し、柏の葉本社と新潟本社をオンラインの大画面で接続。Zoomで社員100人が見守る中、新卒7人を含む2021年5月〜2022年4月に入社した合計28人に会長の渋谷と社長の山﨑が入社証を手渡しました。

(一人ひとりに入社証と記念品を手渡す社長の山﨑(右))

(インタラクティビジョンを使って新潟と柏の葉の距離を超えて記念撮影)

入社証はフラーのデザイナーが作成しました。「フラーの良さが感じられること」をテーマに据え、オフィスに吹き通る春の爽やかな風をイメージしたデザインにしました。

フラー入社の記念品は、新潟県が誇るものづくりの聖地・燕三条のMGNET (マグネット)さんが製作したアルミ製のフラーオリジナル名刺入れ。フラーの10周年記念ロゴを印字しました。

(アルミ製のフラーオリジナル名刺入れと入社証)

入社式では、3〜4月に入社した中途・新卒入社のメンバーがそれぞれ自己紹介のピッチを実施。在籍する社員と柏の葉本社に集結した新入社員は両本社間の直線距離約240キロを超え、リアルタイムで交流をしました。

「ヒトに寄り添うデジタルを、みんなの手元に。」実現へ土台作り

(フラーの2022年の新卒入社メンバー7人)

フラーは2022年4月1日(金)〜8日(金)の1週間、新卒入社メンバー7人を対象に、新卒向け研修を実施します。柏の葉、長岡、新潟の3拠点を移動し、それぞれのオフィスで働きながらフラーの仕事や文化、ヒトについて座学や各拠点のメンバーとの交流を通じて学ぶ内容です。

研修終了後は、それぞれの職種のオンボーディングプログラムに移行します。メンターである先輩の指導や助言を受けながら、フラーで働く仲間としてミッションである「ヒトに寄り添うデジタルを、みんなの手元に。」の実現を通じて社会に貢献する土台を作ります。

新卒向け研修の様子などは、フラー公式note「フラーのデジタルノート」や各種SNSで随時紹介する予定です。

新しい働き方を入社式から実践

新型コロナウイルスの影響が長期化する中、フラーは今回の入社式でインタラクティビジョンやオンラインコミュニケーションツールなどデジタルを積極的に活用しました。

一方で、感染予防対策を講じた上で交流の場としてオフィスも活用するなど、オンラインとオフラインを組み合わせた新しい働き方の中での入社式となりました。

フラーはミッションである「ヒトに寄り添うデジタルを、みんなの手元に。」を実現に向け、フラーの根幹であるヒトを大切にしながら、今後もデジタル時代の企業の姿をさまざまな機会に自ら実践していきます。

↓↓↓入社式での社長の山﨑のあいさつはこちらから↓↓↓

フラーでは、現在中途・新卒共に積極採用中です


なおこの記事は、フラー公式note「フラーのデジタルノート」に掲載中の記事を転載したものです

フラー株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more