Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

社員総会では各事業のトピックスを全社員で共有しています
今までにない新たなスタイルのスタイリッシュな鮮魚店を運営
Foodisonの名前の由来はFood × Edison。 「世界の食をもっと楽しく」をミッションとして食にまつわる課題を解決し食の世界にイノベーションをもたらすことを目指しています。 まずはその第一歩として最もマーケットとして魅力がある水産分野をターゲットに水産流通プラットフォーム運営を行っています。 水揚げしてからエンドユーザーの胃袋に入るまでを対象にした新たなプラットフォームをITを活用して構築する為に、主に3つの事業を運営しています。 1つは、sakana baccaというブランドで展開する鮮魚専門店での小売事業。現在都内で4店舗を運営しています。 1つは飲食店の日々の食材調達をサポートする鮮魚・水産品の仕入れサイト「魚ポチ」を通じた卸売の事業です。現在9500店舗の飲食店にご利用頂いております。 最後が、今回募集する「さかな人材バンク」「ミート人材バンク」のサービスを提供しているキャリア事業です。 この3つの事業をベースにして、サプライヤーと最終消費者をつなぐプラットフォームを構築します。 また、魚のプロが教えるお魚さばき教室「sakana baccaクッキングスクール」の運営など新規事業も次々とスタートさせています。

Why we do

私たちは、ITを活用して水産流通プラットフォームの再構築に取り組んでいます
新鮮で珍しい鮮魚を日々仕入のプロが目利きして仕入れています
私たちは「世界の食をもっと楽しく」をMISSIONに掲げ、”和食”発祥の地である日本発のStartupとしてグローバルマーケットで食の流通をリードするプラットフォームを構築することを目指しています。 私たちが2023年に実現する未来では、消費地においてもっと美味しい多種多様な魚がお手頃に買えるようになっています。その状態を”スマート魚ライフ”が実現している状態と呼んでいます。 また、産地においては多種多様な魚が流通し適切な値付けがなされる事により、漁業就業者の所得が安定的に持続可能なレベルに改善され、漁業活動がサステナブルな状態になっています。 漁業者にとっても消費者にとってもベストな水産消費ミックスの世界を実現することを掲げて事業活動を行っています。 フーディソンの現在の取り組みは社会貢献性が高い一方で、私たちは水産流通プラットフォームの再構築をすることは、社会貢献性だけの観点ではなく経済性の観点でも非常に魅力があると考えています。

How we do

社内交流も活発です
女性が活躍できる環境です
現在の社員は約50名、それぞれ魚屋、卸、産地プロモーションなど幅広く水産業界に携わっています。 当社は普遍的な価値観であるミッションと、それに加え2013年の創業から10年という時間軸をもたせたビジョン2023を非常に重視しています。ビジョン2023の実現に向け、各自が裁量と責任を持ち業務にあたっています。 当社の取り組む事業領域では、過去に正解を導き出した会社は存在していません。ベンチマークする競合企業もいない状況の中、仮説から検証まで責任をもって取り組んでいます。