1
/
5

【社員インタビュー】マンガ家から編集者へジョブチェンジしたディレクターTの野望

こんにちは!
エンドルフィン株式会社でデザインを担当している阿部です。
webtoon(縦読みフルカラー漫画)の制作現場ではどんな人が働いているのかをご紹介します。

今回は、エンドルフィン株式会社でディレクター(編集)として活躍しているTさんにインタビューしました。
漫画制作に欠かせない存在であるディレクターのお仕事について色々と聞いてみました。
webtoonを仕事にしたいとお考えのクリエイターの方はぜひご参考になさってください。

<プロフィール>

  • Tさん(2021年入社)
  • 担当作品ジャンル:女性向けロマンスファンタジー
  • ハマりもの:お取り寄せスイーツ通販


ーエンドルフィン入社のきっかけを教えてください

マンガ家から編集者にジョブチェンジしたんです。
きっかけはデビューの時に担当編集者の高松(現弊社取締役)からの連絡でした。

デビュー後は連載を持つこともできて順調にマンガ家として活動していたのですが、いくつかかやっていくうちに、今連載中の作品を終えたら商業はもうやらないと決心しまして。
じゃあ次の仕事はどうするかと悩んでいたところにちょうど高松から連絡を頂き、そのことで相談したところ「じゃあエンドルフィンで編集として働いてみませんか?」とお声がけいただいて、渡りに船だと思いそのまま入社したのがきっかけでした。

ーどのような業務を担当していますか?

漫画編集者です。弊社ではディレクターという呼称で統一しています。
弊社の場合では一つの作品を作るのに多くの人が携わっているので、
その作品を作りを取りまとめる総括責任者=編集=ディレクターとなります。

ーディレクターのお仕事とはどのような内容ですか?

作品の総括責任者として、シナリオ作家・ネーム作家・線画作家さん達とお話や構成を練ったり考えたり修正したりと良い作品を生み出すために共に試行錯誤をしています。
また、背景から下塗り・着彩・仕上げを担当するクリエイター集団であるスタジオチームと連携して、作品にあった塗りのテイストを相談したり進行に問題がないようスケジュールを調整したりと、全体が安定して進行するよう監督し指揮をしています。
作家さんとスタジオチームが直接に関わることが少ない分その間を取り持ち時に緩和剤のような役割も果たしています。

ーディレクターチームにはどのような方がいますか?

人柄でいうなら穏やかなメンバーばかりです。 月並みに聞こえるかもしれませんが本当に優しい人格の方ばかりで、 自分の与えられた仕事はきちんとこなす責任感の強い人達でもあります。私はポンコツなのでいつもフォローされてます。 また前職から縦漫画(webtoon)の編集のお仕事もしてる方もいれば、経理から編集になった方もいます。

ーディレクター(漫画編集者)をするにあたり、どのような事を心掛けていますか?

作品の構成を見るうえでは「自分が面白いと思えるかどうか」と「読みやすいかどうか」です。
作品ごとに進行スケジュールを設定しており、現場の方々には都度共有して緊張感を持って制作していただくようにしてます。

ーディレクターにはどんな人が向いていますか?

責任感がある人、まとめるのが上手い人、チーム全体を見れる人、スケジュールを上手く調整できる人、物語や構成を見るのに長けてる人、ではないでしょうか。こう言っといてあれですが自分には一つも当てはまっていないです。
強いて言うなら作家時代に身につけた構成力という点では、ディレクターとしてどうにか貢献できてるのではないでしょうか。

ーディレクターのお仕事におけるやりがいや、やっていてうれしかった事はありますか?

作品がより面白いものになるよう構成に関われてることが嬉しくもありやりがいを感じます。
そしてその物語に絵がつき色がつき台詞が加わり、初めて形になったものを読んだ時に一つの達成感を感じます。
これを律儀にそれぞれの作品で毎話やってます。

ー今後のなどをお聞かせください。

今担当している作品を無事リリースし、人気急上昇作品としてブチ上げることですね。
さらに、弊社オリジナル作品を作り、人気作品として世界中でヒットさせることです!

Tさん、ありがとうございました!
エンドルフィン株式会社では一緒に働く仲間やクリエイターを募集しています。
現在、ディレクターの募集は実施しておりませんが、下記の職種について募集しております。

背景クリエイター

Webtoon線画・ネームクリエイター

エンドルフィン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings