1
/
5

『NEXT IDOL GRANDPRIX 2022』舞台裏潜入レポート第2弾!<2日目・NIG FES>

3月10日(木)、11日(金)の2日間にわたってアイドルコンテスト「NEXT IDOL GRANDPRIX 2022」(NIG 2022)が開催されました。舞台裏潜入レポート第2弾では、たくさんのアイドルたちが舞台を彩り、報道陣も多数駆けつけた「NIG FES」の様子を特別にお届けします。

<第1弾レポートはこちらから>

■トップバッターは特別賞受賞の「BABY-CRAYON~1361~」

NIG FES当日は冬のコートもいらないような好天に恵まれました。今年初めての開催となるNIG FESには人気アイドルたちが集結し、1日目の「NIG 2022」決勝大会の受賞者たちも憧れのアイドルとの共演を果たします。

まず初めに登場したのは、前日の決勝大会で特別賞を受賞した「BABY-CRAYON〜1361〜(ベイビークレヨン)」です!

トップを飾るにふさわしい、元気いっぱい、パワフルなパフォーマンスで会場を盛り上げました。

終演後に感想を聞いてみると、「舞浜アンフィシアターは音がとっても良いんです!昨日は他のユニットの緊張も伝わってきて少しピリッとした雰囲気もありましたが、今日は純粋に楽しめたし、客席を見渡す余裕もありました!」と、NIG FESを心から楽しんでいる様子が伝わってくる表情で語ってくれました。

■準グランプリ受賞「momograci」が2ndセクションに登場!

次いでミームトーキョー、NIG 2019グランプリ受賞のモリワキユイ From Yamakatsu、透色ドロップ、メイビーME、Palette Parade、さよならステイチューンがエモーショナルなパフォーマンスを立て続けに披露。

続いて登場したのは準グランプリを獲得した「momograci(モモグラシ)」です。

HKT48やNMB48が名を連ねる2ndセクションのトップバッターを務めましたが、プレッシャーを感じさせることなく、終始楽しそうにパフォーマンスを披露しました。

パフォーマンス後には「緊張はありませんでした。昨日緊張しすぎて、今日は楽しもうと決めていたので!」と満面の笑みを見せてくれました。

「昨日は審査員に見てもらうためにステージ前方をメインに使いましたが、今日はお客さまに純粋に楽しんでもらえるようにステージを広く使って、あちこちにレスを返したりフォーメーションも工夫しました。」と誇らしげな様子も。

実は予定では1曲目の後にMCを予定していたそうですが、本番では曲が3曲続けて流れてしまったそう。「MCの位置に移動したところ、曲が始まったのでダンスの立ち位置に急いで戻って…とハプニングもありましたが、楽しかったです!」とアイドルとしてのプロフェッショナルな一面も垣間見ることができました。

■決勝大会グランプリ受賞、「iSPY」の本番前の様子を特別取材!

パラディーク、NEO JAPONISM、HKT48、#ババババンビ、NMB48がステージに立ち、前半戦は終了。後半も前半の勢いはそのままに、なんキニ!、クマリデパート、JamsCollection、Peel the Apple、STU48、虹のコンキスタドールが躍動感あふれるステージを次々に披露していきます。

その頃、前日の決勝大会でグランプリを獲得した「iSPY(アイスパイ)」がついに会場入り!出番に向けてSNS用の意気込み動画を撮影しているところにお邪魔してきました。

グランプリ受賞アイドルとしてパフォーマンスを披露することへの思いをうかがうと、「豪華な出演者の方々と一緒にステージに立てる機会なので、グランプリという結果で終わらせず、たくさんの方にiSPYを知っていただくために、これを『スタート』として飛躍できるようにがんばります!」と熱意あふれる回答が!ステージへの期待も一層高まります。

さらに、特別に舞台袖へも同行させていただきました!本番前の集中を遮らないよう、少し離れた位置からその様子を見守ります。

iSPYは最終セクションのトップバッターを任されています。舞台袖で出番を待つiSPYのメンバーはおのおのが少し緊張した面持ち。壁に向かって振りを確認するメンバー、体を動かしながら緊張をほぐすメンバー、お互いの背中を叩き合って気合いを入れる様子も見られました。

出演時間が近づくと、6人は円になって手を繋ぎ、お互いに声を掛け合います。話している内容を窺い知ることはできませんでしたが、大舞台を前に静かに心を通わせる6人に、その場に居合わせたスタッフ全員も、心からのエールを送りました。

「楽しもう!」最後にそう言って笑顔でステージに上がったiSPYのメンバーたちは、ステージから会場全体に声をかけるように、全身でパフォーマンスを披露します。

メンバーの三葉みゆが作詞し、「NEXT IDOL GRANDPRIX 2022」へ臨む想いを込めた楽曲「未来」を披露するなど、ファンへの感謝を込めたダイナミックかつキュートな6人のパフォーマンスに、会場からは今後の活躍を期待する温かい拍手が送られました。

大舞台でのパフォーマンスを終え、やりきった表情で戻ってくる彼女たちに、舞台袖のスタッフや関係者から惜しみない称賛の拍手が送られていたのも印象的でした。

■アイドルと観客、視聴者が一体となった「NIG 2022」

その後もステージでは続々と先輩アイドルたちのパフォーマンスが続きます。

まねきケチャ、真っ白なキャンバス、26時のマスカレイド、Appare!、≠MEと会場を盛り上げ、ラストに登場したのはSKE48!リリース後初めてのパフォーマンスとなった「心にFlower」を含む全6曲を全力投球で披露し、貫禄のステージを見せつけました。

こうして会場の人気アイドルと観客、全国からオンラインで声援を送った視聴者が一体となった2日間の「NIG 2022」は、大盛況のうちに幕を閉じました。

会場で取材をしていると、アイドルのみなさんが会場やモニター等で他グループのパフォーマンスを熱心に見学している姿が見られ、常に探求心や向上心を忘れずに努力している姿を目の当たりにしました。それぞれのアイドルに違った魅力や物語があり、いつもそばで応援してくれるファンとの強い絆があることを感じた2日間。

これからもDONUTSはミクチャや美少女図鑑、「Ray」や「Zipper」などの魅力あるメディアを通して、自分の夢に向かって頑張る人たちを全力で応援し、自分らしく輝ける場所を提供していきます。みなさんもぜひ、ライブ配信やオーディションを通じて夢や目標を叶えたり、未来に向かって挑戦し続ける方を応援してくださいね。

株式会社DONUTS's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings