1
/
5

dnus(ディヌス)とは?業界最大級の外国人採用支援サイトの誕生秘話にせまる

こんにちは!DOC株式会社に興味をもってくださり、ありがとうございます!

私たちは、”Make Global Talents Bloom in Japan" ​~世界中の才能を日本で開花させる~ をビジョンに掲げ、グローバル人財向けのキャリア支援サービスを開発・運用しています。

その中でも大きな役割を果たしているのが、外国人採用について情報提供を行っている業界最大級のPV数を誇るポータルサイト「dnus(ディヌス)」ですが、今回はdnusを立ち上げた経緯について、CEO の 廣瀬義憲さんにお話をうかがいました。

100人の経営者へのヒアリングの中で気づいた、ミスマッチ

—— 外国人採用のための総合ポータルサイトdnus(ディヌス)をリリースしたのは昨年2019年の5月7日だったそうですね。DOC株式会社を立ち上げたのは、2017年10月11日とのことですが、創業からdnusのリリースまで、どんなことをされていたのでしょうか?

廣瀬義憲さん(以下、廣瀬):

会社を立ち上げてから、人材・不動産・教育・ビザ・翻訳通訳・教育研修など100社近くの幅広い業種の外国人支援企業の経営者や責任者のもとに直接足を運び、外国人支援市場や事業にかける思いについて熱く語ってきました。

同時に、外国人採用企業の経営者や人事担当者の方とも、外国人採用によって目指したい組織の在り方や、「採用難」と呼ばれる現在の日本の労働者市場の課題についてもじっくりとヒアリングを行いました。そしてその課題をもとに、創業当初から約1年半の間、日本に住む外国人を支援するプロダクトをいくつも作ってきました。


—— なるほど。日本では労働力不足が深刻になっているので、外国人を戦力として採用したい企業が急増していますね。その需要にともなって年に数百社が外国人向けの事業を立ち上げているそうですが、外国人を採用したい企業にとっての課題とはどういったものなのでしょうか?

廣瀬:

様々なサービスや事業を展開する中で、外国人の採用企業さんに会ったときに僕が必ず聞いていた質問が2つありました。

1つ目は「現在、どんな外国人を採用しようとしていて、何に課題を抱えているか?」

そして2つ目が「現在、契約している外国人支援企業はどの企業か?」です。

僕がこの2つの質問を外国人採用企業の方に聞いていくと、あることに気づいたんですね。それが、『外国人を採用したいと思っている多くの企業が、最適な外国人支援企業を選べていない』ということでした。

実際にあったケースで言うと、

『国内在住 × エンジニア職(理系) × N5以上 × 転職』

というキーワードで採用している企業が契約していた外国人支援企業の強みは、

『国内在住 × サービス職(文系) × N2前後 × 転職』

というものでした。採用したいのはエンジニアなのに、人材を紹介してくれる企業は主にサービス職の人材しか持っていない。これでは求めている人材に出会える確率は大きく下がってしまいます。

その他にも、『国内外問わず × 営業職 × N2以上 × 転職』というキーワードで採用している企業さんがお願いしている人材紹介会社は、『海外在住 × エンジニア職 × N2~Nなし × 転職』というキーワードに強みを持っていたりしました。

—— つまり、外国人を採用したい企業が、欲しい人材を持っている支援企業と出会えていなかったと。

廣瀬:

そうなんです。「これミスマッチだよな?」と感じる場面が5回くらいありました。

そこで、質問の後に、ミスマッチだと感じたら必ず、

「国内エンジニア採用に強みのある〇〇株式会社ってご存知ですか?」

「ミャンマーから直接新卒採用できる株式会社〇〇って聞いたことありますか?」

と逆に質問を投げかけてみたんです。たくさんの外国人支援企業さんからもお話を伺ってきて、このサービスがぴったりじゃないか、という企業さんが浮かぶので。

すると、ほぼ全ての採用企業さんが「ん?どこそれ?」という反応で。僕が名前を挙げた支援企業をまったく知らないようなことが何度もありました。

そこですかさず、その支援企業の強みや特徴を再度伝えた上で「ご興味あれば紹介しますが、いかがですか?」と打診してみると、どの採用企業さんも「会ってみたい!」と好意的な反応をくださり、話が進んで、ご紹介、そして、契約まで進むことがありました。

外国人採用について理解を深めてほしい。そんな思いからdnusをリリース

—— マッチングにつながった経験が、dnusを始めるきっかけになったということでしょうか?

廣瀬:

そうですね。最初は、外国人採用企業にむけて、支援企業の比較検討ができるサービスを作ろうと考えていたんです。2018年12月に外国人支援企業カオスマップを作成したときに大きな反響をいただいたこともあり、色々な企業が外国人採用をしようと動き出しているにもかかわらず、外国人採用をしている既存の約20万社の事業所でさえ、どんな外国人支援企業があり、どんな支援をしているのかという情報が全然伝わっていないという課題がはっきりしていたので。

しかしそもそも、外国人を採用したい企業さんに話を聞いても、外国人採用に関して十分に理解できていないことが多いように感じたんです。それなら、支援企業の比較検討の前段階として、外国人採用について知れる場を作った方が良いのではないかと。このような考えのもとで、外国人採用に関する総合ポータルサイト dnus を立ち上げるに至りました。

外国人の雇用にはビザなどの法的なルールだけでなく、国ごとに違う人材の特性への配慮が必要になることもあります。dnusでは、経営者や採用担当者が外国人を採用するうえで障壁になる「どうすればいいのかわからない」を記事から一挙に解決することができます。また、教育や不動産など、分野ごとの一覧に支援企業がまとめてあるので、ニーズに合った支援企業の資料をまとめて請求することもできます。つまり、外国人採用企業が最適な支援企業を見つける橋渡しになっていると思いますね。

「外国人採用ならdnusだと思ってもらえるようにしたい」と語る廣瀬さん。10月にリリースする新サービス「dnus Agent」でその認知度はさらに上がっていきそうです!

外国人材業界への熱い思いをもった社長のもとで働きたい方、まずはZoomでお話ししてみませんか?

\DOC株式会社、積極採用中!/

DOC株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings