1
/
5

【インターン生に聞くvol.2】インターン生の売上トップを独走中!圧倒的な活躍の裏に隠された地道な努力とは

株式会社Delightは平均年齢23歳、メンバー30名(インターン生含む)のアーリーベンチャーです!
若いメンバーで会社を大きくし、最終的には「21世紀を代表する会社を作る」ことを目標としています。

【メンバーインタビュー】ではそんな若い会社の中で会社を引っ張り、一緒に会社を作っていくDelightメンバーを紹介していきたいと思います。

今回は、長期インターンとして7月に入社し、9月の売上がインターン生でトップを独走している東城さんのインタビュー記事をお届け。

この記事を読む方には、「アーリーベンチャーで就職するって大丈夫なの?」だったり「圧倒的な成長を実現するにはどんな環境に行けばいいの?」と思っている新卒の方、長期インターンを検討されている学生の方の少しでもヒントになれれば嬉しいです!


<プロフィール>
株式会社Delight 東京長期インターン生 東城 真子(とうじょう まこ)
Delightの6月のインターン説明会に参加し、7月に入社。 その後、店舗向け事業部での営業を経験したのち、現在はウォーターサーバー事業部に所属。 9月の自身の売上目標を大幅に更新し、インターン生の売上トップを独走。大学では栄養学について勉強中。

「これ以上辛いことはない」と思うぐらいに打ち込んだ陸上漬けの日々

ーーー東城さんはどんな学生生活を送っていましたか?

小中高と陸上しかやってこなかったので陸上一筋の学生生活でしたね(笑)。

中学校の時は県大会にちょっと出るぐらいのそこそこのチームだったんですが、高校は顧問の先生が元オリンピック選手で毎年、全国大会に出場するような陸上の強豪校に行きました。

高校は本当に陸上漬けで、朝5時半には家を出て朝練をして、授業を受けて、17時ぐらいから21時までまた走り続けるみたいな。かなりハードな生活を送っていましたね。

私が一番上の学年の時には全国大会には出られなかったんですけど、個人では東北大会まで行けました。

この陸上漬けの日々でかなり根性鍛えられたなって思います。これ以上辛いことはないんじゃないかって思うぐらい(笑)。その時の負けず嫌いなところは、今も営業で生かされているなと感じます。

大学入学してからは陸上をやるつもりはなくて。逆に今まで陸上しかしてこなかったから、いろんなことをやってみようと思っていました。特に大学生って時間があるので。

マレーシアやグアムなどの海外の国に行ったり、さまざまなバイトを経験したりして。

大学入ってからやりたいことの一つに留学があったんですが、そのタイミングがコロナが流行ってしまっていけなくなっちゃったんですよね。留学に行けなかったのはとても残念でした。


ーーーそんな中、Delightで長期インターンを始めようと思ったきっかけはなんだったんですか?

長期インターンを始めようと思ったきっかけは友達でした。

そもそもは「就活始めなきゃなー」と思っていて、友達と話していると長期インターン専門の求人サイトを紹介してもらって。それがきっかけでしたね。

栄養学部に所属していて、基本的に周りは病院とか学校といった専門的なところに行く人が多いんですよ。ただ、私は病院や学校に行くつもりはなくて、企業で働きたいと思っていました。

そんな時に長期インターンのサイトを紹介してもらったので、経験したことないことを経験したり、ちょっと普段一緒にいる人たちとは違う人と繋がりたいと思って長期インターンを探し始めました。

もともと営業には興味はあったので、営業で探していて一気に5社ぐらい応募しました。

その中で一番早くに連絡くれたのがDelightだったんですよね。その後の対応もとてもスムーズで。もう一つの会社も連絡くれたんですけど、その後の対応とかが遅くて。

実際にDelightの説明会に参加してみると、とてもわきあいあいとした雰囲気だったので働いていて楽しそうだなって。

最終的には直感も含めてDelightを選びました。

売上トップを独走できている理由は「お客さんが何を考えているのかをひたすら想像すること」

ーーー長期インターンで成長できていると思うポイントはありますか?

「素直さ」だと思います。

言われたことをとにかく素直に受け入れるようにして、アドバイスやもらったフィードバックは全部試す。アドバイスやフィードバックで自分が違うなと思ったことでもとりあえずやってみるの精神で。

ただ、その環境があるのもいいなと思いますね。先輩方は聞いたことはちゃんと真摯に向き合って答えてくれるし、もし二人ともわからないところがあったら「一緒に聞きに行こう」といってくれる。

そういう環境だからこそ、たくさんのフィードバックやアドバイスを素直に聞こうと思えるというのもあるかもしれないですね。


ーーー現在、売り上げランキングではインターン生トップですが、その秘訣はありますか?

「お客さんが何を考えているのかをひたすら想像すること」ですかね。

今はウォーターサーバーのテレマーケティング(電話完結の営業手法)を行っているんですが、電話をかける際にお客さんが何を考えて、何をしているのかをめちゃめちゃ考えるようにしています。

たとえば、親世代のお客さんであればお子さんがいて、ご飯を作っているから忙しいと考えて、電話の入りを「お忙しい時間帯に失礼します」と丁寧にすることで聞いてもらえるようにしたりして。お客さんによって少しずつ変えたりしています。

それ以外にも、友達とか親を含めていろんな世代に人に「こういう電話がかかってきたらどう思う?」って聞いたりしてアドバイスをもらっています。

相手をとことん想像して話をしていることが、結果につながっているのかなと思います。

Delightの魅力は「インターン生と社員の距離の近さ」

ーーーインターン生からみてDelightの魅力はどこにありますか?

一番の魅力は「インターン生と社員の距離の近さ」だと思います。

社長っていうと、忙しくてなかなか会えないことが多いじゃないですか。でも新井さん(代表)は受注をしたらLINEをくれたり、貴重な時間を使ってアドバイスをくれるんですよね。

新井さんだけじゃなくてDelight全体がそう。

社員の方とかでもインターン生だからという扱いがなくて、本当に仲間として扱ってくれていつでも相談に乗ってくれます。

仕事でも同じで、インターン生だからって妥協がないんですよね。インターン生だから「できなくてもいいよ」とか「取れなくても大丈夫だよ」ではなくて、なんで取れないのかを一緒に考えてくれる。

そういう環境があるからこそ頑張ろうって思えます。

みんなとの距離が近くてインターン生にも平等に接してくれるのはDelightの大きな魅力だと思います。


ーーーDelightのメンバーにはどんな人が多いですか?

Delightは仲間の成功を素直に喜べる人が多いと思います。

誰かが契約を取ってきたり、アポを取ったらLINEでスタンプを送りあって喜んだりとか。私的にはあのスタンプ一つですごく励みになるんですよね。

あとは自分がとれてなくても他の人が取れたら喜んでくれるのはすごいなって思います。

特に遠藤さんは自分が取れていなくてきつい時でも、私が受注していたら自分のことのように喜んでくれるんですよね。

自分が苦しくても、仲間の成功を讃えあえるメンバーがいるのは素敵なことだと思います。

コミット(売上目標)を達成し、インターン生の売上トップへ

ーーー共に働いているインターン生の雰囲気はどうですか?

一緒に目標を追いかける「仲間」ですね。

先月は同期のインターン生である岡田くんがたくさん契約をとっていたのでいろいろ教えてもらっていました。

ただ、今月からウォーターサーバーのメンバーでチームとして営業目標を掲げているので、まさに部活動で同じ目標を目指す仲間みたいな感じです。

たとえば、私が調子が悪くてなかなか契約を取れない時には岡田くんが取って、岡田くんの調子が悪い時には私が取ろうみたいな。

一緒に高め合いながら、同じ目標を追っているまさに「仲間」。

だから岡田くんが契約取れたらめっちゃ嬉しいです!

ただ、絶対に負けたくないライバルでもあります(笑)。

関西のインターン生も増えてきていて、そこもすごい刺激になってますね。関西のメンバーがテレアポで一日3アポとかとっていると「やばい!」ってなります。

数が少ない東京メンバーとして関西には負けたくない。

東京は人数が少ないので、その分「毎日契約をとっているよ!」と報告をして東京も関西に負けてないぞっていうところを見せたいと思ってます。

関西が頑張っていると東京も頑張ろうと思うのでそこはとてもいい関係ですね。


ーーー東城さんの今後の目標はありますか?

短期的な目標として、まずは今月の売上目標は絶対達成したいと思っています。それと同時に今月のインターン生の売上で一位になること。もちろん岡田くんに負けないことも前提で(笑)。

今はテレマーケティングで電話での営業がメインになっているので、今後は飛び込み営業にもチャレンジしたいです。

長期的な目標としてはいつか自分のお店を出したいと思っています。

今はまだカフェをやるのか、オフィスの近くでやっている栄養満点の定食屋さんにするのかは全く決めていなくて、漠然とはしているんですが、この夢は絶対叶えたい。

そのためにも今、営業力を身につけたり、海外留学も含め料理のことをしっかりと学んでいこうと思っています。


ーーー最後にインターンしようか迷っている学生さんにメッセージを!

実際にインターンしてみて思うのが、社会人って甘くないなってこと。

でも、長期のインターンをしていない人って就活をして内定が出て、新入社員として入社してからそれを経験するわけじゃないですか。

学生のうちに社員と同じような業務をできるっていうのは社会人を先取りできて、仕事についての理解を深められるのってとてもいいことだと思います。

実際に私はこのインターンを経験したことで、自分の将来について考える時間も増えたんですよね。

だから、長期インターンは絶対にやった方がいいです!(笑)。

もしやろうかどうか迷っているならなんでもいいので、ほんの少しの勇気でやってみたらいいと思います!

特に私はDelightを長期インターン先として選んで本当に良かったと思っています。だってこんなにインターン生のことを思ってくれる職場って他にないと思うので!

ぜひ東京で一緒に働きたいです!


株式会社Delightでは一緒に歴史を作ってくれる新卒、インターン生を募集しています!
Delightで共に歴史に名を刻みませんか?

興味がある方は下記からご連絡ください!

【新卒】

法人営業
最高の仲間と歴史に名を刻みませんか?
Delightには、特定の事業や業界へのこだわりや想いはありません。
 「自分も相手も社会にも喜びを与えられるだろうか?」 私たちが意識しているのはこのキーワードのみ。 会社としてどれだけ利益が出るとしても、誰かが損をするのであれば絶対に参入しない。 逆に、この理念に反さなければ、どんな業界のどんな事業にでも積極的にチャレンジします。 現在の事業部は3事業部 ・代理店事業部 →デリバリーサービス、キャッシュレス決済、ライフライン 主に飲食店に向けてこれらを総合的に提案し、 お店の売り上げアップと、コストダウンに注力しています。 ・人材事業部 →チアキャリア、オファーボックス、wantedly 企業に向けてそれぞれの特徴にあった媒体を提案していきます。 さらに企業の採用の支援をお手伝いする採用コンサルティング事業も行っています。 ・メディア事業部 →自社メディア 9月からオウンドメディアの立ち上げが決まり、立ち上げの最中です! 今後はメディア事業にも力を入れスケールアップを目指します。 ↓さらに詳しくはこちら↓ https://www.wantedly.com/companies/delight21/post_articles/340942
株式会社Delight

【インターン】

長期インターン
超実践型のインターン!社会人一年目の経験を学生でしませんか?
Delightには、特定の事業や業界へのこだわりや想いはありません。
 「自分も相手も社会にも喜びを与えられるだろうか?」 私たちが意識しているのはこのキーワードのみ。 会社としてどれだけ利益が出るとしても、誰かが損をするのであれば絶対に参入しない。 逆に、この理念に反さなければ、どんな業界のどんな事業にでも積極的にチャレンジします。 現在の事業部は2事業部 ・代理店事業部 →デリバリーサービス、キャッシュレス決済、ライフライン 主に飲食店に向けてこれらを総合的に提案してお店の売り上げアップと、コストダウンに注力しています。 ・人材事業部 →チアキャリア、オファーボックス、wantedly 企業に向けてそれぞれの特徴にあった媒体を提案していきます。さらに企業の採用の支援をお手伝いする採用コンサルティング事業も行っています。 ↓さらに詳しくはこちら↓ https://note.com/delight21/n/n9bbacbdc8e7a
株式会社Delight

話を聞くだけでもOKです!
仕事に熱い仲間と真剣に取り組みたい方、お待ちしております!

株式会社Delight's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more