1
/
5

リモートワークに必要な心構え2つ

こんにちは!

Dtto(日本でのアプリ名)の日本チームメンバーもリモートで働くメンバーが増えてきました。

それに伴い、今回はリモートワークを行う上で心がけておくべきことを2つお伝えします。


1.時間管理をしっかりと

私たちDttoはフレックスタイム制度を取り入れているので、自分の好きな時間に働けます。一人で自由に時間を設定できる分、リモートで働く場合は特にリモートインターン生 Imariさんのようにだらだらだらけてしまう可能性もあるので、時間管理能力が問われます。

Dttoでは毎朝日本時間11時頃から10分ほどのオンラインミーティングで日本からのリモートメンバー・台北オフィスで働くメンバー全員が顔を合わせるので、ある程度の生活リズムは掴めるかと思います。

(ちなみにImariさんは毎朝のオンラインミーティングで気合を入れてしっかり働いてくれています。これからも一緒に頑張りましょう!笑)


2.テキストや電話など、オンラインでしっかり報・連・相を

以前のストーリーでもご紹介しましたが、Dttoメンバー間の連絡はSlackで行われます。

リモートで働く場合は連絡手段がSlackやGoogle Meetになります。

テキストや電話でのやり取りに慣れない方も多いかもしれませんが、ミスコミュニケーションが起きないよう疑問点・不明点があればしっかり報・連・相を行うようにしましょう!!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後リモートワークをする上でよろしければぜひ参考にしてください!

そして私たちDttoは現在もインターン生を募集しています。

台北オフィスで勤務できる方or日本からリモートで働ける方、お気軽にご応募ください〜!


長期インターン(コミュニティ)
大学生専用SNSを盛り上げよう!コンテンツマーケティングインターン募集中!
「Dcard」(https://www.dcard.tw)は台湾で最大級の匿名 SNS コミュニティです。一人一人が安心して自分のことを語れる大学生用アプリとして多くの台湾人学生に愛され、今では台湾の人口の約3分の1が使用しています。 台湾での毎月のユニークユーザー数は1,600万人、毎日何万人ものユーザーが Dcard 上で交流しています。 私たちは、誰もが自由にエピソードを共有できる ”新世代コミュニティサービス“ を全世界に広めるため、着々と新しいサービスを取り入れ、グローバル展開を進めています。 この春、私たちは「Dtto」(https://www.dtto.com) として日本上陸を果たし、日本の大学生のための新たな SNS サービスを開始しました。現在は東京のみで展開しており、今後順次サービスエリアを拡大して、さらに大学生コミュニティに浸透させていきます。 ぜひ、チャレンジ精神溢れるメンバーと一緒に「Dtto」を盛り上げていきましょう! 【関連記事】 ・日経クロストレンド:https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00617/ ・Diamond Signal:https://signal.diamond.jp/articles/-/728 ・Forbes JAPAN:https://forbesjapan.com/articles/detail/41841/1/1/1
Dtto
Dtto's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings