This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】未経験からゲーム業界へ!【モーションデザイナー】

今回はコンテンツワンで活躍中のモーションデザイナーにインタビューを行いました。
現在老舗のゲームメーカーに常駐しています。
これからゲーム業界でゲーム作りに携わりたい!という方、必見です!


未経験からゲーム業界へ

キャリアのスタートは、新卒で入社した地元の会社です。
これまでは一貫してWebデザイナーとして働いていました。
弊社が4社目になります。

弊社に来るきっかけになったのは、前社の業績不振でした。
自身の中で「Web関係はもうこの先危ないのかな~」と考えていて、それであれば「昔好きだったゲーム関係の職に就きたい!」と思い、キャリアチェンジをするために上京してきました。

コンテンツワンの前身の会社に入る面接の際は、「未経験だけどゲーム系の仕事に携わりたいです!」と自身の希望を伝えました。唯一未経験からのチャレンジを快諾してくれた会社だったので入社を決意しました。
その他にゲーム系の会社も受けてみましたが、どの会社も経験者のみの採用だったので、弊社への入社について迷う事はなかったですね。

入社して以来、5年間ずっと同じゲームタイトルに携わっています。戦って経験値を貯めて、キャラクターをどんどん強くして・・・
いわゆるRPGに分類されるブラウザゲームを担当しています。

昔からTVゲームが好きだったんですが、社会人になってからは当分ゲームをすることはありませんでした。ただ、転職を考えた時に自然とゲームが頭に思い浮かんだので、やっぱり好きなんでしょうね。
自分自身ではゲーマーだと思っていたのですが、同じ現場にいる方の中には私よりゲームにのめり込んでいた方がすごく多いので、ゲーマーと名乗るには程遠いということを実感しています。(笑)


キャラクターに命を吹き込む奥深さ

現在は、キャラクターモーションに関する業務をメインで担当しています。
具体的には、キャラクターが弾を撃ったり、剣を振ったりする動作をスムーズに見せられるようにする仕事です。
入社してからメインの仕事は変わっていないので、直近はキャラクターモーションについて極めていきたいと思っています。
入社当初はキャラクターが動けばいいや、という感覚で作業をしていたのですが、業務に携わる時間が長くなればなるほど、この仕事の奥深さや楽しさを実感しています。

例えば「剣を振る」という一つの動作だけでもとても奥が深いんです。剣の重さを考慮すると振り下ろす前に「タメ」の時間が入ったりと、どのように動いたらカッコよく自然に見えるのか、やればやるほど欲が出てきます。もちろん納期があるので、その範囲内でいかに突き詰められるかにこだわって、常にギリギリまで限界を目指しています。
現在の業務と向き合ってスキルが向上していけば、他の現場でもできる仕事が増えたりと、自然に新しい目標やキャリアイメージが鮮明になるだろうと思っていますね。

キャラクターモーションという仕事はゲーム特有というか、間違いなく今まで携わってきたWebデザインには無い仕事になるので、自分の好きなゲームに関することに携われているという実感がすごく強いですね。

私は現場で働くのが性に合っていると思います。担当の営業さんには、そろそろマネジメントの仕事もどうですかと誘われるんですが、、、(笑)
自身とすれば、もっともっと技術を突き詰めていきたいと思っています。そのために、まずは今のタイトルが終わるまでが勝負だと思っています。

正直なところ、具体的にどんなスキルを習得していきたいとか、どんなキャリアを描いていきたいかはまだ明確になっていません。
数年前に未経験で始めたばかりということもあり、まさに今がスキルをぐんぐん詰め込む時期なんです。なので、まだ何かをしたいって大きなことを言えるような状況ではないかなと思っています。


やってみないことには成長できない

スキルを身につけるために日々意識・・・、「とにかく経験者の真似をする」ことでしょうか。

実際に自分の目で見たことを、見た通りに忠実に実践してみる。そして、それを繰り返し続ける。
忠実に再現をするって、思っていたよりもかなり難しくて。中途半端に真似をすることにあまり意味はないと思っているので、先輩や上司の行動・言動を完コピしようとする中で、学びを取り入れるようにしています。

先ほど少しお話した、剣を振るという動作についても、上司や先輩がやっていることを正確に真似をして、実際に自分で体を動かしながら、どうしたら自然な関節の動き方をするのかを研究したり、人体について調べたりしながら、自然な動きを出せるように試行錯誤しています。

現場の上司にもすごく恵まれてると思うので、毎日とても勉強になっています。

現在の上司は細かいところにこだわるんです。初期の段階から、本当に細かい部分まで教えてもらっていて、非常に感謝していますね。
これからも現在の上司のもとで、ゲームデザインに関する強固な土台を作り上げていきたいですね。


求職者の方にメッセージをお願いします!

まず、現場に入ってみなければ分からないことがたくさんあります。どんなに机の上で参考書籍を読んでいても、「分かる」ようになるだけです。「分かる」ことと「できる」ことには雲泥の差があるので、とにかく行動してみて、トライ&エラーを繰り返すことが重要だと思います。

その点、コンテンツワンには自身がやりたいことができる環境、それに集中させてくれる環境が整っています。
特に仕事が順調に進んでいるときは、仕事に集中する事も含め会社や営業さんとのコミュニケーションは少なめになります。もちろん現場に出ているというのもありますが、それだけ現場での仕事に集中させてくれる環境を作ってくれるんです。
逆に何か困ったことがあったり、頼りたいことがある際には営業さんが適切にフォローを入れてくれます。そのような関係が成り立っているので、日常の仕事がとても行いやすい環境があります。

まずは行動!ということで、手始めにコンテンツワンに足を運んでみてはいかがでしょうか。お待ちしてます!

株式会社コンテンツワン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more