1
/
5

「ベンチャーから大手コンサルの経験を経てPort(旧社名seedive)にジョインするまで」COO玉置

こんにちは!Port(旧社名seedive)採用担当です。
今回はCOO玉置のインタビューです。ベンチャーから大手コンサルと経験してきた玉置がPort(旧社名seedive)にジョインするに至った経緯や今後のビジョンについて聞いてきたのでぜひ、最後までご覧ください!

まずはPort(旧社名seedive)について知りたい!という方はこちら もご覧ください🏢

COO 
玉置 貴史(たまき たかし) | プロフィール
1992年5月7日生まれ。早稲田大学文学部卒。
ルクサ(現auコマース&ライフ)に入社。
法人/代理店向けの広告商品開発と販売を担当した後、「ふるさと納税」の事業立ち上げを担当。
その後、アクセンチュアの経営コンサルティンググループに入社。
通信・ハイテク業のPoC(概念実証)や業務設計・改善のプロジェクトマネジメントに従事。
2019年Port(旧社名seedive)に参画。
ファイナンスを中心にBizDevやオペレーション、プロダクトマネジメント、HRに至るまで幅広く担当。

まず、Port(旧社名seedive)の入社理由から教えてください!

今までの経験が1社目にベンチャー、2社目でコンサルと歩んできているのですが、1社目にベンチャーを選んでいるくらいなので元々「自分でなにかしたい」という気持ちはありました。
なので2社目で転職したとはいえ、いずれは自分で事業をやるキャリアは思い描いていましたね。

2社目のコンサルでは、タスク分解して分担とスケジュール切って進捗を追っていくプロジェクトマネジメントや投資対効果の算定とモニタリングといった業務を担当していたので、会社を動かしていく上でこういった仕組み化スキルが今に活きることはとても多いです。ただ、もっと主体的にビジネスをするとなると別軸だろうとは思っていました。

そんな中、幾つかのスタートアップと話していたのですが、中でもPort(旧社名seedive)へジョインした決め手としては大きく2つです。1つはビジネスとしてのポテンシャルを感じたこと、2つ目が代表 松谷の熱意ですね。

1つ目のビジネス面ですが、まず大きな括りとしてエンタメという領域自体に魅力を感じていました。
当時エンタメやC向けサービスはそこまでトレンドではなくて、RPAやDXがバズワードになっていたので、企業向けSaaSのスタートアップに特に勢いがあるような状況でした。ただ、逆説的ですが、そんな潮流だからこそ今後エンタメの価値は再定義されると考えていました。機械化や省力化が進むほど、人間にしかできない仕事をするようになったり、人間的な時間の使い方が増えるだろうと。増えた可処分時間を何に費やすかという文脈で、これからは一層エンタメや嗜好品といった領域の価値が問われるんじゃないかと思ったんです。
そんなエンタメの中で、構想案に近いサービスがちょうど海外で伸びていたり、個人がその個性を活かしてしっかり活躍できるようなことがPort(旧社名seedive)で検証できていたりしたことから、今でいう「クリエイターエコノミー」的なポテンシャルを感じずにはいられませんでした。

2つ目の代表 松谷についてですが、彼とは古くからの知り合いでした。Port(旧社名seedive)を創業したときから話を聞いていましたが、大変そうだな・・という印象しかなく、正直ジョインするなんて想像していませんでした。(笑)
実際に自分がポストコンサルについて考え始めたとき、松谷が声を掛けてくれたのですが、プロダクトのディティールを熱く語る姿に惹かれましたね。事業アピールの際には、マーケットサイズやポジショニングなど大局的な観点で紹介することも多いと思いますが、彼の場合はとにかくプロダクトの細かなこだわりとその必要性を語るんです。代表自身が脚を使ってマーケットに入り込んで、顧客のインサイトを理解しようと努めている姿には、信頼と勝機を感じました。


ちなみに、玉置さんがPort(旧社名seedive)に入社したのはご結婚直後、という話も伺ったのですがそのタイミングでのスタートアップへの転職に不安はありませんでしたか?

正直、僕自身はあまり不安はなかったのですが、結婚直後ということもあって妻には丁寧に説明しましたね。パワポで説明資料も作りました。(笑)

例え上手くいかなくても別の仕事で再起すればいいですし、所属会社の大小にかかわらず、将来何があるかわからない以上、リスクは限定的だと思っています。一方で上手くいった場合の経験のアップサイドってとても大きいと思いますし、決して無謀な選択ではないということは伝えましたね。

最近はスタートアップも選択肢として、割と市民権を得ていると感じるので採用していくうえで、もし迷っている人がいたら同じことを伝えたいと思っています。

今まで大変だったのはどんな時ですか?

事業が軌道に乗りきらなかったときと、急に軌道に乗ったときです。

“軌道に乗りきらない”というのは、事業が急拡大する状態に達してないって意味でして、僕らの場合、サービスイン後に顧客は確実に増えていたのですが、時間が思ったよりもかかっていたんです。オンラインでファンコミュニケーションを図るという新しい文化の普及活動に苦労していて、そうした期間が続いてくると自分達のやっていることが本当に正しいのか不安になったり、その結果代表の松谷とは事業のピボットを議論したり、検証し始めたりと、心理的にも大変な時期でした。

逆に急に軌道に乗ったときもそれはそれで大変で。
コロナウイルスの影響でオンラインシフトが一気に進み、事業規模がふた月で30倍くらいになったんです。
そうなると人員は変わらぬまま営業、カスタマーサポート、請求管理に至るまでの全業務量がいきなり30倍になるイメージなので、嬉しい悲鳴でしたが寝食惜しんで頑張る以外にはなかったです。(笑)


大変でしたね..
どのようにして乗り切ってここまで来れたんでしょうか?

状況にアジャストするために、すぐに方針転換と実行に移せたのが大きかったです。
主に開発とオペレーションの2つになりますが、開発については自前に拘らず、思い切って外部の会社に支援してもらいました。アクセスの急増に耐えうるサーバ強化・最適化などは本当に急務だったので...。

オペレーション面では、今までアウトバウンド主体だったフローから、インバウンド主体に切り替えました。すぐLINE@を開設してCSを整えて、請求管理もエクセル上で半自動化するなどの地道な整理を速攻でやって、即運用開始しました。極力開発しなくて済むよう、Googleフォームをトップページに設置し、溜まる申込依頼にオンラインでオンボーディングしていってどんどん開設するようなオペレーションを敷きましたね。何百社も回す必要があったので。(笑)


玉置さんが考えるPort(旧社名seedive)の目指す姿を教えてください!

事業として大きく2つやっていこうとしていることがあります。

一つは1on1のオンライン配信が中心の弊社プロダクトですが、グッズ販売やそれに紐づく配送サポートなども対応できるようにしていき、今よりもアーティストさん達の支援内容を拡充していきます。Shoport(ショップポート)というグッズ販売用のプロダクトもつくったので、サービスレベルをもっと広げていきます。

もう一つはジャンルを多角化・多様化していくこと。エンタメと一括りに言っても、アーティスト、アイドル、インフルエンサーやキャラクター、声優など活動ジャンルは本当に様々ですし、スポーツといったジャンルまで幅広く可能性があると思っています。

現に、最近とあるスポーツチームにファン感謝祭でサービスを使ってもらったのですが、とても大きな反響があったりと期待できる実績もできましたので!


組織としてはどのようにしていきたいですか?

採用面でいくと、事業のオペレーションが成長に伴って複雑化してきているので、特定領域に関しては経験者や有識者をきちんと採用していきたいと考えています。

会社のフェーズ的にもポジションに関係なく領域横断でカバーすることは一定存在しますが、それが難しい領域もあります。プロダクトであったり、物流であったり、コーポレートの各部門であったり。僕自身、複数テーマを同時並行で回していますが、リソース配分はその時のテーマの重要度・緊急度によって乱高下してしまうので、一定品質で常にデリバリーしなければならない領域には、きちんと経験ある方にお任せしていったほうが会社の未来のためにも良いと思っていて、そういう意味での専門化は進めたいですね。


最後に、どんな人と働いきたいですか?

やっぱり働くうえでの価値基準を共有できる人と一緒に働きたいですね。

色々あると思いますが、例えば業務をこなす中でも「事業にとっての最善」で判断するという価値基準。僕らスタートアップは不確実性に挑戦しているので、外部環境に応じて自己変革しなければならないときも少なくないです。そういうときに「事業最適」とか「全社最適」を軸に行動できるかっていうのは非常に大事でして...。「自分の業務だけ考えると正直今の方法がいいけど、これは事業的に機会損失を生むから、どうすれば新しい方法を実現できるか考えよう」みたいな、事業ベースで行動するという価値基準は改めて大切にしていきたいです。

あとは、お客さんファーストの価値基準ですね。実はPort(旧社名seedive)の事業って利用していただく事業者や個人の黒子となるサービスなので、お客さんファーストっていうのは領域に関係なく、統一でもっておきたいですね!


以上、COO玉置のインタビューでした!
Port(旧社名seedive)では今後の事業拡大に向け社員/業務委託メンバーを募集中です。
少しでもご興味お持ちいただい方はカジュアルにお話しましょう!ご応募お待ちしております。


Port株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings