1
/
5

【インタビュー公開】弊社代表の小暮が「FocusOn」で取材されました。

株式会社イードアが運営する、経営者の価値観や哲学にフォーカスしたWebメディア「FocusOn」に弊社代表の小暮がインタビューされました!


人や社会が変化し、成長しつづける。本当は、誰もがそれを求めている。

近年需要が拡大する日本のスマートホーム市場を牽引し、暮らしを次のフェーズへ進めていく株式会社アクセルラボ。同社が提供するスマートライフ・プラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」はAI・IoT技術を駆使し、家電製品や住宅設備の一元操作とオートメーション化を可能とする。業界トップ水準となる20種類以上のスマートホーム機器連携を実現するほか、2019年8月の提供開始以来、賃貸マンション・新築戸建て・民泊など、約18,000戸に導入されている。

代表取締役の小暮学は、不動産投資会社でトップセールスとして活躍したのち、27歳で独立。都内23区の投資用マンションを開発・販売・管理し、年商約200億円の企業へと育て上げた経歴を持つ。2017年、かねてより進出していたスマートホーム領域に投資すべく株式会社アクセルラボを設立し、翌年代表取締役に就任した。同氏が語る「進化にある共通項」とは。

(FocusOn本文より引用)


幼少期の話やご家族の話、起業するまでの道のり、仕事を楽しむための心構え…など赤裸々に語られています。

続きはFocusOnでご覧ください!👇🏻✨


株式会社アクセルラボでは一緒に働く仲間を募集しています


セールス
セールス募集!あなたの住む街から日本の暮らしを変えていきませんか?
『SpaceCore』を柱に、アクセルラボは100年先の「暮らし」を見据えています。 まずはスマートホームを基軸に、人々の「暮らし」を一変させます。 SpaceCoreは次の3つの機能から構成されるプラットフォームアプリケーションです。 https://space-core.jp/ 【スマートホーム機能】 SpaceCoreがあれば、どのような住まいもスマートホームになります。 2021年、世界には様々なスマートホームデバイスが存在します。しかし、そのどれもが他の機器=他者との連携を念頭において設計されているわけではありません。それぞれが独立したコントローラー(アプリケーション)を持ち、何一つ連動することなく動き続けています。私たちのSpaceCoreは、世界中に存在するあらゆるデバイスと接続し、あらゆるテクノロジー的分断をなくすことを目的としています。その分断を乗り越えた先に、全ての家電や設備が居住者のために恊働し、「便利」で「安全」で「快適」な「暮らし」があります。 【リレーション機能】 我々が変えるのは家に住む人の「暮らし」だけではありません。 日本の不動産業界の働き方も大きく変えていきます。クラウド化で日常の業務を効率化し、顧客との関係性も強化します。 退去や契約更新、総会通知や賃貸のレントロール、収支の確認など、業務全体の30%を占める居住者や賃貸オーナーとのコミュニケーションに関わる業務をクラウド上で行えるようにします。時間やコストを効率化するとともに、その関係性を長期的で強固なものに変えていきます。 【生活サービス機能】 居住者に合わせたサービス提供で、 新しい収益モデルを構築します。 スマートホーム化によるアプリの高い利用率と、強固なリレーションが可能にする機能です。居住者に合わせた様々な生活サービスを提供し、利用に応じてその売り上げをシェアします。2033年には1/3が空き家になると言われる中、新たな収益モデルを提供します。
株式会社アクセルラボ


オープンポジション
あなたの力をアクセルラボに貸してくれませんか?オープンポジションでの採用
『SpaceCore』を柱に、アクセルラボは100年先の「暮らし」を見据えています。 まずはスマートホームを基軸に、人々の「暮らし」を一変させます。 SpaceCoreは次の3つの機能から構成されるプラットフォームアプリケーションです。 https://space-core.jp/ 【スマートホーム機能】 SpaceCoreがあれば、どのような住まいもスマートホームになります。 2021年、世界には様々なスマートホームデバイスが存在します。しかし、そのどれもが他の機器=他者との連携を念頭において設計されているわけではありません。それぞれが独立したコントローラー(アプリケーション)を持ち、何一つ連動することなく動き続けています。私たちのSpaceCoreは、世界中に存在するあらゆるデバイスと接続し、あらゆるテクノロジーの分断をなくすことを目的としています。その分断を乗り越えた先に、全ての家電や設備が居住者のために恊働し、「便利」で「安全」で「快適」な「暮らし」があります。 【リレーション機能】 我々が変えるのは家に住む人の「暮らし」だけではありません。 日本の不動産業界の働き方も大きく変えていきます。クラウド化で日常の業務を効率化し、顧客との関係性も強化します。 退去や契約更新、総会通知や賃貸のレントロール、収支の確認など、業務全体の30%を占める居住者や賃貸オーナーとのコミュニケーションに関わる業務をクラウド上で行えるようにします。時間やコストを効率化するとともに、その関係性を長期的で強固なものに変えていきます。 【生活サービス機能】 居住者に合わせたサービス提供で、 新しい収益モデルを構築します。 スマートホーム化によるアプリの高い利用率と、強固なリレーションが可能にする機能です。居住者に合わせた様々な生活サービスを提供し、利用に応じてその売り上げをシェアします。2033年には1/3が空き家になると言われる中、新たな収益モデルを提供します。
株式会社アクセルラボ


プロダクトマネージャー
成長市場であるスマートホームサービスを一緒に伸ばすPdMを大募集!
『SpaceCore』を柱に、アクセルラボは100年先の「暮らし」を見据えています。 まずはスマートホームを基軸に、人々の「暮らし」を一変させます。 << メディア掲載事例 >> 2021年10月23日放送のTBS系テレビ「王様のブランチ」にてSpaceCoreが紹介されました。 https://accel-lab.com/jp/archives/3564 【スマートホーム機能】 SpaceCoreがあれば、どのような住まいもスマートホームになります。 世界には様々なスマートホームデバイスが存在します。しかし、そのどれもが他の機器=他者との連携を念頭において設計されているわけではありません。 それぞれが独立したコントローラー(アプリケーション)を持ち、何一つ連動することなく動き続けています。 私たちのSpaceCoreは、世界中に存在するあらゆるデバイスと接続し、あらゆるテクノロジーの分断をなくすことを目的としています。 その分断を乗り越えた先に、全ての家電や設備が居住者のために恊働し、「便利」で「安全」で「快適」な「暮らし」があります。
株式会社アクセルラボ
株式会社アクセルラボ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings