1
/
5

【社員インタビューvol.2】新規事業開拓=増田を確立したい!2年目社員

こんにちは!エネファント22卒内定者の今井です!
エネファント社員インタビュー第二弾をお届けします。

第二弾は、エネファント2年目社員の増田悠作さんです。
よろしくお願いします!!

<プロフィール>
増田 悠作(ますだ ゆうさく)
1997年生まれ、愛知県安城市出身 
2020年4月入社
大学時代は、まちづくりに関することを学ぶ学部に所属していました。都会では無いまちが好きで、就職活動の際は会社に行くまでの町中の風景を見て自分が好きなまちかどうか?考えるのが習慣でした。



※お好きな男性アイドルさんのお写真とツーショット! 今度おすすめの曲教えて下さい!


ーー増田さん本日はインタビューよろしくお願いいたします!

増田:はい!よろしくお願いします!

数年後、社長が輝いている姿が思い浮かんだ

ーー早速ですが、エネファントに入社を決めた理由を教えてください。

増田:エネファントとは、大学3年の冬に親しかった学内の事務職員さんに勧められて参加したイベントで初めて出会いました。その時の僕自身はエネルギーについて、多治見についても興味があるわけではなかったです。しかし、大学でまちづくりに関連した学部を専攻していたこともあり、地域に関わる仕事をしてみたいと漠然と思っていました。

その後社長とお話をした際に数年後、社長が多治見の先頭に立って「多治見を元気にしたい!」と旗を振っている光景が思い浮かびました。そして、僕もそれに力を貸したい、力になりたいと思ったことで入社を決意しました。

家族に背中を押されて、知らない地 多治見へ。

ーー「多治見に興味は無かった」ということですが、最終的に多治見に来ることをどのように決心されたのでしょうか?

増田:僕は、愛知県の安城市出身ですが、都会に憧れはなく地元のような場所が好きで、将来も地方に住むんだろうなと考えていました。地元の安城市は多治見市とどこか似ているというのも決め手だと思います。また、正直始めは家族を残して実家を出るべきなのか?と迷っていました。そんな中、家族から「家の心配はいいから、自分がやりたいなら行け!」と背中を押され多治見に来ることを決めました。


ーー現在取り組まれている業務内容を教えてください。

増田:ソーラーチャージャー、フリエネ事業の主に2つです。

ソーラーチャージャー事業の営業には入社当初から携わっていて、ソーラーチャージャーの設置を希望するお客様への営業や設置にまつわる業務を行います。

フリエネとは、20年間電気代無料の家、フリーエネルギーハウスという新サービスです。
僕は、フリエネ事業の来年開催の一大イベントに向けて参加して下さる事業者様を増やすための営業を主に行っています。

フリエネについて詳しく知りたい方はこちらから↓↓


ーー仕事をされる中で、嬉しかったことはありますか?

増田:お客様の口コミで商品の良さが広まることです。
弊社の商品を使っていただいたお客様がご友人に「エネファントのこれ良いよ~」とおすすめをしていただき、そのご友人から弊社の商品を使いたい!と実際に声をかけていただくこともありました。おすすめしたくなるくらい喜んでいただけているというのが嬉しいですね!

ーー苦労したことはありますか?

昨年、1年目のソーラーチャージャーの目標件数達成のためひたすらお客様のところへ営業に行き続けている時期がありました。1年目で何もわからなかったこともあってか、一日のスケジュールがパンパンになってしまう日々が続いた時はとても苦労しました。今では、スキマ時間に作業を行える程に時間を上手く活用できるようになりましたが。(笑)

まだ会ったことのないお客様の悩み・困り事を想像する力

ーー新規事業を通して、成長したなと感じることはありますか?

増田:入社1年目の後半からは弊社の新規事業フリエネ事業に携わっています。今は来年開催されるイベントに向けて参加いただく事業者様を増やすために僕がメインとなって企業開拓を進めています。

入社当初はソーラーチャージャー設置営業をメインで行っており、この商品は無料であり特にお客様に不利益の無いものでした。そのため、決まったことをしっかり言えば売れていく商品で、この事業を通して商品販売の際の説明をすることは上手くなったと言われていました。しかし、フリエネ事業ではそう上手くはいかず、これまでとは違ってお客様がリスクを背負う可能性がある商品のため今まで通りの説明だけではダメだと感じました。

これまでの事業とフリエネ事業の営業の違いを認識した結果、事業者様に営業を行う際に、その企業のお客様はどんな方なのか?相手が困っていそうなことは何なのか?を想定し、お客様がこの商品を買うメリットを準備して話せるように毎回臨むことができています。

そのため、お客様への提案の仕方が成長したなと感じています。

ーー販売する商品によって営業のスタイルを変えることも大切なんですね!ちなみに、他にも営業において大事にしていることはありますか?

増田:当たり前ですが、お客様の元へ営業に行き、「はい、買います。」とすぐに皆さんに言っていただける訳ではありません。一度きりの営業で購入に繋がることもそれ程ありません。しかし、僕はそこで落ち込むのでは無く、他の商品の提案をすすめるなど「また来ます」という理由を勝手に作って会社に帰るようにしています。実際に、何度も同じお客様の所へ訪問していると「よく来てくれるから」と話をさせていただけたこともありました。お客様からそう言っていただける時は本当に嬉しいです!

新規事業の開拓は増田まで!

ーー今の新規事業は増田さんメインでお客様へ営業をされているんですね!
そんなバリバリやっていらっしゃる増田さん。ズバリ、今後の目標は何ですか?

増田:2022年夏開催の一大イベントに向けて参加して下さるお客様が訪れるまでの一連の仕組みを整えることをやりきるのがまず2年目の今の目標ですね。

また、今後の大きな目標の一つは、社内で新しい事業が行われるとき、「新規事業は増田に任せればOK!」と思っていただくことです。僕自身、新しいことを任されるのはとても嬉しいので新規事業=増田になりたいです!!

※先輩社員の方とサバゲーに行かれた時の写真だそうです。皆さんプライベートでも仲良しなんですね!

おわりに

社員インタビュー第2弾は、増田さんに登場して頂きました!
次回は、増田さんと同期入社の2年目女性社員さんに登場頂く予定です!
どうぞ、お楽しみに!!


今井のコソコソ話

増田さんは、プロ野球の中日ドラゴンズの応援をすることが好きなのだそうです!

しかし、野球は見る専門でプレイするならサッカーをされるようです。大学生時代はご友人とコートを借りて毎回初対面の知らない方とフットサルの試合をしていたとか...。
色々な方と交流が出来てとっても楽しそうですね!

また、料理がご趣味で、スパイスからカレーを作られるようです。いつか作ってくださるのを期待しています!(笑)

株式会社エネファント's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more