1
/
5

【アールビバン 社員インタビュー】私だからこそ伝えられるアールビバンのリアル|入社前から現在までのストーリーを全て話します!【後編】

こんにちは!アールビバン株式会社 採用広報部です。

今回も前回に引き続き、新卒2年目の山田純花さんにインタビュー!前編では、「アールビバンがどんな会社なのか」「どんな働き方をしているのか」など、働いているからこそわかるリアルな話をお聞きしました。

▼前編をまだ読んでない方はこちらもチェックお願いします!
https://www.wantedly.com/companies/company_8375325/post_articles/868694

後編では、「入社後の具体的なエピソード」や、「アールビバンの魅力」について、働いて経験したエピソードを踏まえてお話しいただきました!

ぜひ最後までお楽しみください!

・・・

【プロフィール】

・お名前:山田 純花 / Yamada Ayaka

・事業部:営業部スタンダードアート営業統括/役職無

・入社時期:2022年度 / 新卒

・・・

アールビバンで感じたこと

|アールビバンで働く中での印象的なエピソードを教えてください!

はい!印象的なこととしては、1年目から2年目になったタイミングで自分の意識に変化が現れたことです。

新卒の時はがむしゃらに自分の数字だけを追いかけていて、周りを見る余裕なんて全くありませんでした。しかし2年目になり、後輩もできたことで、自分だけでなくチームとしてどのように目標を達成するかという一段階広い視点で俯瞰できるようになりました。

加えて、チームでの達成という視点を持てたからこそ、自分自身が達成しなければいけない個人の数字にもより強い意識と責任感が持てるようになりました。

アールビバンでは組織がグループ単位で別れているので、目標達成のためにはそのチーム内での支え合いが重要だと思っています。

ただそれだけでなく、最近では他のチームの後輩にも目を向けるようにしていて、

数字が達成できていない新卒の子達に声をかけるようにしたり、自分の実体験を含めて不安や問題解決のサポートをするようにしています。

1年目から2年目になったことが、自分にとってはターニングポイントで
また更に成長するために自身に起きた変化なんじゃないかなと思います!


|アールビバンの「強み」や「魅力」はなんだと思いますか?

そうですね、一番感じるのは圧倒的な営業力が身につくのはもちろんのこと、成長させてくれる環境が常にありつづけることだと思います

私が所属している組織のトップマネージャーは自分に常に新しいことに挑戦し続けて欲しいと言ってて、メンバーがやりたいって言ったら、その挑戦を全力でサポートしてくれます。

仮にそれがうまくいかなかったとしても、挑戦したことに意味があると言ってくれるような人で、自分自身、そのおかげで失敗を恐れることなく行動できるようになったと感じています。

そのようなマネージャーが沢山いること、そしてそういった文化が当たり前であることによって新卒からベテランまで様々な人が立場関係なく、やりたいことに挑戦できる環境なことが魅力だと感じています。

新たなことに挑戦したいとか、その挑戦の中で営業力を身につけたいとか、

自分を変えたいとか、自信をつけたいという想いを持っている方にとってはめちゃくちゃおすすめな会社だなと思います。

実際に私がその経験を通して、自信がついたので説得力はあると思います(笑)

あとは、営業という仕事の魅力の部分で言うと、
催事出店で47都道府県、様々な地域に出張する中でお客様の色がその地域によってかなり異なるので、営業の仕方を変えたりとか、伝え方、話し方を工夫したりするのは本当に面白いなと思います。


|こんなチャレンジをした!というエピソードを教えてください!

弊社では年4回、顧客様限定のイベントを行っていて、そこでは他では取り扱っていない限定の商品や珍しいアートを販売しています。

そこでももちろん、自分自身の予算は決まっており、その達成に向けて各々が頑張っているのですが、1年目の6月に私は今まで挑戦したことのなかった高い目標数値を設定しました。ただ、その月は思うように結果がでなくて未達でとても悔しい思いをしました。なのでリベンジをかけてもう一度その目標数値を9月の回に設定しました。

高い目標を自分で設定してチャレンジしていく姿勢を持ち続けたことで、新卒にはめったにないような数字を叩き上げることができました。

自分の中ではこれが大きな成功体験だなと思っています。成功した要因としては、6月に悔しい想いをした際に上司が、そのあとどうしようかという会話を沢山してくれたのが大きかったと。

あ、話しながら1つ気づいたんですけど、
弊社って向上心が高い人、ポジティブな人がめちゃくちゃ多いと思います(笑)

数字が出なくて落ち込んでいた時も、先輩や同期が「大丈夫だよ」と前向きに声をかけてくれるので、そのプラスのエネルギーに今まで何度も引っ張られてきました笑

誰しも一度は自信がなくなってしまうようなタイミングもあるかもしれませんが、
それでも勇気を持ってまた一歩を踏み出す勇気を、メンバーそれぞれが支えてくれる風土があるので、とても素敵な環境だなと日々感じています。


|入社前と入社後でギャップを感じたことはありますか?

正直、ギャップを感じたことはないです。

自分が少し特殊なケースで、入社する前にアルバイトをしていたことが大きいと思うんですけど、それでもノータッチだった領域や仕事に触れた時にも、ギャップと言う感情よりもワクワクの方が優ってしまうので、常に楽しみながら目の前の仕事に取り組んでいました。

|山田さんの今後の目標について教えてください!

目標は大きく2つあります。

まず1つ目は、組織を任せられるようなリーダーになることです。
結果が出なくて自信を失っていた際に寄り添ってくれた上司のように、自分が今度は支える側として、後輩の目標達成に向けたサポートをしてあげたいと思っています。

そして、営業成績で新卒1位という自分が達成できなかったことを達成させてあげたいなと思います。

2つ目の目標は入社3年目までに営業成績で全社トップ10に入ることです。
130人規模の中でトップ10に自分が入ることで、今までお世話になった上司や仲間にその成長を見せて恩返しをしたいなと思っています。

かなり高い目標ではあるのですが、自分の尊敬する上司が3年目のときに、11位をとっていたのでそれを超えていきたいんです(笑)

大学生の皆さんへ

|これから就活を始める大学生の皆さんへ、実際に就活を経験した今だから思うことを教えてください!

好きなことを仕事にすることも素敵なことだと思いますが、私自身は「自分がどうなりたいか」というのを一番に考えていたので、そのなりたい自分像が達成できる環境という視点で会社選びをするといいんじゃないかなと思います。

人生今後長い中で、自分自身がなりたい姿に近づいていけるイメージできる環境のほうが

モチベーションも沸くし、なによりも楽しく働けると思います。

実際、私も「自信を持った自分になりたい」という想いを持っていた中で、かなりその姿に近づいて前進している実感を持っています。
はやりその方が辛いこと苦しいことがあったとしても、乗り越える力が湧いてきますし、1日1日を楽しんで働くことができます。

あともう一つ伝えるとしたら、実際にインターンやアルバイト等で現場で働く機会があれば積極的にやった方がいいと思います。

リアルな働き方がわかるから。自分に合う環境や合わない環境がそこで分かります。
とりあえず、いろんな経験をしたほうがいいです。


|最後にアールビバン入社を検討している求職者の皆さんへメッセージをお願いします!

アールビバンは他の企業に比べるとかなりレベルの高い営業スキルが身につけられます。

そして今まで出会ったことのない自分に出会える会社だなと思います。

もちろんその中で、辛いことも沢山あるかもしれませんが、私や、その他多くの仲間が皆さんの仲間として全力でサポートします。

アートを通して豊かな日本を創るメンバーの一員として、一緒に働けたら嬉しいなと思うので、少しでも気になったら是非応募してみてください!個性豊かなメンバーが皆さんのことを心からお待ちしています!

・・・

以上、山田さんへのインタビューでした!

2年目として苦悩を経験しつつも、それを乗り越えて結果を出し続ける山田さんの言葉には力強さがとても感じられました。今後、入社されるメンバーも安心して頼れる、そんなリーダーに間違いなくなるでしょう。

このストーリーを見て、アールビバンの文化が気になった、もっと更に詳しく聞いてみたいと思った方は是非お声がけください。

就活に関する相談でも構いません。

皆さんのなりたい姿がアールビバンで実現できそうか、一度カジュアルにお話ししましょう!


アールビバン株式会社's job postings
88 Likes
88 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from アールビバン株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?