1
/
5

二度目の転職を経てWILLCOにきた、現チームリーダーが語る「人材業界の面白さと難しさ」とは...

こんにちは、株式会社WILLCO 広報担当の上原です!

今回は、 LEGAL JOB BOARD「司法書士チーム」のリーダーを務めている篠原さんにお話を伺いたいと思います。

前回のインタビューで篠原さんの話がちょろっと出てきましたね。

篠原さんはWILLCOに転職して最初の1ヶ月目からすごい成約数出したんだよね。
もちろん前職での経験も活かされたからだとは思うけど、その実績を出した背景で何をしていたんだろうと振り返ってみた。(下の記事より抜粋)

北澤さんの営業スタイルの転機ともなった篠原さんの入社。

一体どんな経歴を持った方なのか詳しく聞いてみましょう!


〜プロフィール〜


名前:篠原 和之
所属チーム:
LJB
出身:
東京都
趣味:
お酒、キャンプ、最近知り合いの影響でウクレレを弾き始めた

現在は、司法書士チームのリーダーを務めている篠原さん!

とてもジェントルマンで、社内にファンクラブがあるくらい優しい方です。笑

気になる方は、ぜひお話ししてみてください!!なんでも褒めてくれます!


1. これまでの経歴

WILLCOに入るまでの流れを簡単に教えていただけますか?

──高校を卒業したら、美容師になりたくて美容室で働きながら通信で専門学校に通ってたんだよね。

その頃は美容師になることしか頭になくて、美容室でお手伝いをしながら、家に帰って勉強...という生活を半年くらい過ごしてた。

店でいろんなお客さんと話をしてみると、美容師以外にも仕事ってたくさんあるんだなって思って、そこから大学へ進学した。

年齢的には、一年浪人して入った人と同じだったからそこまで変わらなかったかな!


なるほど、そういった経緯があったんですね。ちなみに弊社は何社目ですか?

──3社目かな。

最初に入った会社は、業界でいうと印刷業界で、役職としては営業だったけどほぼデザイナーみたいな仕事をしていた。

自由な社風で働きやすかったんだけど、諸事情で会社を閉じることになり、転職しなければいけない状況になったんだ。

1社目がこのような経緯だったので『安定した職』を探し、東京ガスの工事会社に就職(2社目)。

ガスや水道などのインフラ系の仕事ってなくならないから安定するって思ってたんだけど...

実際働いてみたらだいぶルーティーンな業務内容だったり、土日の仕事も多く、残業時間もそれなりに多かった。

確かになくならない業界だから安定だとは思うけど、「もっと裁量を持って仕事がしたい」、「自分の私生活をもっと大切にできる仕事をしたい」など諸々考えるようになり、2度目の転職を決めたよ!


2. WILLCOに入ってから

なるほど。2社での経験を踏まえ、最終的に弊社へ就職を決めた理由はなんですか。

──大きな理由は2つあって、①チームのマネジメントに携わることができる、②裁量を持って働ける職場という軸で探していて、そこにWILLCOがピッタリ当てはまった!

①:2社目の会社で5年くらい勤めていたけど、自分の下に後輩が1人も入ってこなかったんだよね。

元々、マネジメントや自分が上の立場で業務をしたいという思いがあったから、その会社で働き続けても近い将来実現できないなと思ったことが一つ。

②:1社目の会社が小さめの会社で、ある程度裁量を持てて自由に働けた経験から、自分にはその方が合っているなと感じた。

その分、ひとりに対する業務内容のウェイトがかなりあったけどね。

その2つが転職の軸にしていたことかな。


5年在籍していて後輩が入ってこないのはちょっとやばいですね。笑
WILLCOの他に迷った会社などはあったんですか?

──転職先を探すとき、法人向けの営業とエンドユーザー向けの営業、どちらも携わることができる職を探していた。

1社目で法人向けの営業、2社目でエンドユーザー向けの営業をやっていたから、そういう会社だと未経験とはいえどもサービスやノウハウを提供できると思ったからね。

1、2ヶ月くらい情報収集はしていたけど、最初に足を運んだ転職フェアでWILLCOに会ってすぐ決まったから、そこまで悩むことはなかったかな。

自分自身やりたいことが明確になっていたから、他と比べるところが少なくてWILLCOがピッタリ当てはまった!



3. 前職との営業の違い

北澤さんから、入社して最初の月にすごい売り上げを出したと聞きましたが、
その時のお話を聞かせてください。

──その月の売上額だけ見たら確かに数字はいいけど、人材業界は「マイナス計上」があってね。

入職することが出来て売り上げが出ても、すぐに退職となると売り上げから引かれることになってしまうので、翌月にひどい数字になっちゃう時もある。

自分がこれまでやってきた営業のスタイルと全然違ってとても衝撃だったけど、人材業界ならではの難しさや戸惑いを学んだ経験になった。

今までやってきたような商品売買よりも更に人に寄り添い、サポートする仕事だとその時実感したよ。

だからと言って、お客様に踏み込みすぎると...それはそれで良くないっていうのも今までの営業とは違うところだと思った。


そうですよね。
モノ(=商品)とは違い、求職者は十人十色、紹介する事務所も毎回異なりますもんね。

──そうだね。あとは、『自分の努力≠売り上げ』というのも人材業界の難しさかな。

前職の営業も簡単ではなかったけど、自分が頑張ればそれだけ成果が出やすかった。

自分でアクションを起こした数が数字に比例するけど、人材の場合その努力やアクションがイコールにならないので難しいと思う。

その分やりがいがあるから、目標を達成した時はすごく嬉しいよね!

ほぼみんな未経験の状態から始めて、現在活躍しているから、たくさんノウハウを教えて貰えば大丈夫。

とてもやりがいのある仕事だと僕は思うよ!


4. 今後の目標

リーダーとしての今後の目標を教えてください!

──リーダーになって半年弱。

より自分が何かを発信して、チームメンバーが効率よく業務ができるようなディレクション、スキームなどをマネジメントしていきたい。

あとは、自分がチームリーダーになった時からある程度実績のあるチームだったので、+αとして新しいことにも挑戦していきたい。

今のサービスに付加価値をつけるようなアイディアを考えているので、それが将来的にマネタイズにつながるようなことがしたいな!

WILLCOでは、通常業務をしながらでもやりたいことに取り組めるから、そこも魅力だよね。


5. 就活、転職活動中の皆様へメッセージ

──本当に基本だと思うけど、いかに詳しく自己分析、情報収集をしっかりできるかが鍵だと思う。

その上で、裁量を持ってやりたいとか、職場の雰囲気を重視したいなど...

具体的に「どういうところで働きたいか」を明確にすることで、然るべき会社に出会った時にチャンスを逃さずに済む。


転職って、人生の中でかなり大きなことだと思うし、自分自身転職をしようと思い立ってから、時間が経ってしまっていた。

やりたいことが決まっているようであれば調べることからでもいいし、何か行動を起こしてみることが大切。

もし、僕らと働きたい人がいたら大歓迎だけどね!笑

皆様の就職、転職がうまくいきますように...。




新卒採用に関する記事や、社長のインタビュー記事などもぜひご覧ください↓↓↓


【リクルートサイト↓↓】

株式会社WILLCO's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more