This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

コロナの影響でリモートワークになった件について

どうも!東京支社の佐藤です。
皆様GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

佐藤は基本的に映画を見るかゲームをしていました。あと、友達とリモート飲みもしました。
次の日の朝、机を見たらに空になったスト〇ロの缶が6つほど積まれていました。
友達と話しているとはいえ、一人でどんだけ飲んだんだ。記憶がありません。

写真は実家の猫です。佐藤ではないです(?)

そんなことは置いておいて、今回はタイトルにもあるように、実際にリモートだったWebマーケティング事業準備室組の話をしたいと思います。

◇ちなみに前々回のリモートワークについての話はこちら


~リモート開始前のWebマーケティング事業準備室~

景太郎「ぼく、デスクトップPC持って帰ります!」

佐藤「鞄に入るの?」

景太郎「入る…いや入らないっすね!」

このやり取りのあと、景太郎さんは入れる袋を購入しておりました。
佐藤は賢いので、その日はトートバッグを会社に持参していました(自画自賛)

ルール決めやPCの設定等も勿論しましたよ!

~リモート中のWebマーケティング事業準備室~

「身体が痛い!!!!!!」ということが話題に。
佐藤「家に椅子がなくて、床に座ってローテーブルで作業かソファに座って膝にPC乗せて作業してて…身体が痛いね…主に腰」

佐藤が膝にPCを置いて作業している図。右のPCは私物です。BGMかけてました。

景太郎「ぼくも家に椅子がなくてバケツに座って作業してたんですよね」

佐藤「!???!??」

衝撃の事実、景太郎さんはバケツに座っていた。

景太郎「こういうやつですね!」とのこと。

…それは当たり前におしり痛いよ。

景太郎「中にはレゴが入ってます!おしりが痛いです!」

徳田さん「椅子持って帰ればよかったじゃないですか」

業務については集中できるねーという感想が共通でした。
ただ、集中できる反面1つの業務ばかりやってしまうということも…。
ついつい1つのことに没頭して、満遍なく業務を進めていくことを忘れてしまいますね…。
佐藤は途中アラームを使って、時間を区切って仕事していました。

リモートワークでよく話題に上がる、社内コミュニケーションが難しいんじゃないか問題については、すごい不便!ということはあまりなかったです。
ダイバージェンスは普段から大阪・東京間のやり取りはチャットと電話ですしね。
リモート中、業務に関係あるものは勿論ですが、それ以外のコミュニケーションもチャットでやってました。楽しい。

誤字を突っ込まれる千慧さん。チャットならではのコミュニケーション。

景太郎「でも志保さんと電話で話すのは違和感ありますね。」

佐藤「そうね」

いつも斜め前を向くと居る景太郎さんと電話で話すのは新鮮でした。

佐藤の斜め前にいる景太郎さん

そんなこんなでリモートで業務を始めましたが、特段問題もなく、こなすことができました。

■リモートやってみて総評

身体が痛い!!!!!!!!椅子は大事(バケツはNG)
朝はゆったりしているし、コロナ等の心配も電車通勤もないので心的負担が少ない。
集中できる!でも時間の区切りを忘れがち。
ただ、これが営業系の業務だとちょっと変わるのかな?と思ったりも。

と、言うわけでダイバージェンスはリモート対応、もちろん面接も商談もweb対応!
◇それについての記事↓


ちょっとでも気になった方は下の話を聞きに行きたいをポチっとお願いします!

ではまた!

株式会社ダイバージェンス's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more