1
/
5

ラフテルズ|最初の倒産危機

最初は、クライアントのコンサルティングを継続する為に独立した。
コレが、会社を始めるにあたっての、最大の問題だったと気づくまで3年かかる。

3年後、最初の倒産危機を迎える。
ほとんどのクライアントとの契約更新が無くなったのだ。
今考えれば当たり前だ。人事制度作って運用フェーズに入っているにも関わらず、毎年高額のコスト。
鮮度が落ちたと思われるに決まっている。Visionも明確に無い会社に「急」成長は無いのだから。

当時の僕は、キャッシュが無くなるその瞬間までそのコトに気づけなかった。
まず、親友の先輩に頭を下げに行った。

「300万円まではなんとかするわ。」

一言目がソレかよ、、、。愛情と、感謝で涙が止まらなかった。


そんな大変な時期に、10年以上の親友付き合いをしている「道下」から連絡が入る。
「40歳になるタイミングで、人生かけてチャレンジしようと思う!ラフテルズに入社させて欲しい!」

「・・・。」

「みっちー、すげー覚悟だし、すげー嬉しんだけど、今、うちの会社潰れそうなんよ。」

めちゃくちゃ恥ずかしかったが、親友の人生がかかってる。現状を包み隠さず話した。

「でも、なんとかするんでしょ?いのまんのコトだから!」
※入社する前まで、僕のコトを「いのまん」と呼んでいた。しかも、世の中でみっちーと、みっちーの奥さんだけがそう呼んでいた。

「まぁ、奇跡が起きれば1件大口契約を交渉中だから、もし決まれば、1年間は何とかなるかもね!」

「じゃあ、結果出たら教えてよ!」

今、振り返っても、考えられない会話だ。40歳手前のおっさん達の会話とは思えないくらい楽観的だった。

でも、奇跡が起きて、大口契約が決まった。

「いのまんなら、絶対大丈夫だと思ってたよ!!」

当時、こんな楽観的な「道下」は、入社3ヶ月で地獄を見るコトになるが、、、。


3年で潰れる会社が97%説があるが、あれは、こう言うコトなんだと確信した瞬間だった。要するに「Vision」が無いから、成長しないし、応援もされない。だから潰れる。

そして、奇跡の復活を遂げたラフテルズは、最初の「Vision」を策定するコトとなる。

株式会社ラフテルズ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings