1
/
5

データ分析からコンサルティングまで幅広く対応。「こんないい会社があるよ!」と自信を持って勧められる。

今回ご紹介するのは、2019年に新卒社員で入社し、技術ソリューション事業部にてキャリアを積む4年目の岡本賢人。工学部出身でありつつ、在学中に声優の養成所に通うなど一風変わった経歴を持つ岡本は、いかにしてデータサイエンスに出会い、D5Cに辿り着いたのか、一つひとつ紐解いてもらいました!

<プロフィール>

岡本賢人/データサイエンティスト

2019年4月入社 技術ソリューション事業部

埼玉大学 工学部 機能材料工学科卒

偶然訪れたセミナーブースで意気投合。この人たちと働きたいと思った。

D5Cとの出会いは学内の合同説明会です。私は工学部で素材系の研究をしていたのですが、この分野はやり切ったというか、全く違うジャンルにいってみたいと思ったんです。また、大学を1年間休学して養成所に通いながら声優や俳優を目指していたこともあり、そもそも就職活動にそこまで真剣に向き合っていなかったように思います。

そんな時にふと入ったD5Cのブースの方々は、人事の方や現場の方を含めて本当に親身になって私の話を聞いてくれました。自分の大学時代の経験を話しても、他では結構冷たくあしらわれてしまうことが多かったんですが(苦笑)、D5Cは就活の面接と言うより、懇親会のような雰囲気でお話しさせていただき、業界知識がない自分でも、この人たちと一緒に仕事がしたいと強く感じました。

当時の私は、データサイエンスもコンサル業界も全く無知の状態で、IT系といえばゲームに関するちょっとした知識があるくらい。ですが、知らない業界だからこそ、一から話を聞けたこの機会が貴重で、データサイエンスの世界はとても新鮮で魅力的に感じましたね。

入社後もデータサイエンスの業界に対して先入観がなかった分、これといったギャップは感じなかったです。コンサル業界に関してはハードワークだと聞いていたのでそこは少し心配していましたが、残業もほとんどなく、きちんとワークライフバランスを保って働けています。

知識の共有や勉強会なども活発で、入社当時はいろいろな勉強会に参加しました。業務外で行う勉強会はしんどさもありますが、自主的に本を読んだり、アンテナを貼り続ける意識を得られたのは大きな報酬だったと感じます。今も時々勉強会に参加し、プレゼンの練習などスキルアップの機会を逃さないようにしています。


初めてのメイン案件は苦労の連続。でも大きな達成感が。

現在のクライアントは通信系企業のデータを扱うところで、最近は完全リモートで仕事をしています。クライアントが具体的に「こういう分析をしたい」というのを持っているので、それに必要な指標やデータを作成したり、加工したデータを定期的に確認しやすいように自動提供される仕組みを開発したり、保守運用というか、比較的エンジニア寄りの業務を行っていますね。

印象に残っているのは2年目の終わりに担当した、初めてメインでクライアントとやり取りした案件です。アプリで配信しているコンテンツを効果的に配置するために、その手助けとなるダッシュボードの作成を行ったのですが、私も自分がメインで担当するのは初めてで、先方の担当者も新人の方で、不慣れな初めて同士、驚くほど認識のズレが生じてしまい・・(苦笑)。要件を確認して決めながら進めていくのですが、上手くコミュニケーションが図れず、予想以上の時間を要してしまいました。

例えば、Twitterのランキングを載せているようなサイトをWebスクレイピングしてスプレッドシートなどに自動でデータを連携するような作業があったんですが、先方の端末でやったことのない作業で私自身も分からないことばかり。グルーピングのやり方や更新の仕方など、上司に教わりながら苦労してやり切りました。最終的になんとか形にできてリリースまでいけた時の達成感は凄かったですね。


仕事はチームでするもの。一人では出来ないこともみんなで可能に。

経験を積み重ねていくと、内容的にも時間的にもどこまでが可能な範囲なのか、判断力がついてきます。当時は任せられた分を全部背負い込んでしまっていたんですが、今は優先順位を先方に伝えて相談できるようになりました。

自分一人でできることには限界があります。自分が倒れてしまったり何かあって対応できなかった場合でも、クライアントの要望を迅速に叶えられるような仕事の仕方をしていくのが重要だと思います。少しずつリーダーに近い業務も回してもらえるようになってきたので、上手くタスク管理しつつ、周りに割り振って協力しながら回していきたいですね。

データサイエンティストとして目の前の仕事に邁進し、スキルアップしていきたいと思っていますが、将来的にはコンサルタントの道も考えます。D5Cはデータ分析からコンサル業務まで幅広く行っているためどんな方向にもチャレンジすることができるので、今後自分自身がどんな風に成長していけるか楽しみです。

また、会社自体がルール作りなどを試行錯誤しているところなので、新しい風も受け入れられやすいです。自身の成長が会社の成長に繋がっていると実感できますし、それが給与面や待遇面でも反映されるのでやりがいになります。力ある先輩方と恵まれた環境の下で、自分の強みを活かせるようになっていきたいです。


趣味やプライベートを満喫する、明るい人柄の人が多い。

社内は常駐先の人も含めて、PCと睨めっこして黙々と作業する職人気質の人、というより、明るく話しやすく、社交的な人が集まっています。本格的な趣味を持っている人が多く、お茶が好き過ぎてインドまで行った人や、趣味で小説を書いている人など、プライベートも全力で楽しんでいる人が多い印象です。こないだは新入社員の自己紹介の場で、彼らのコミュニケーション能力の高さに驚かされました(笑)。全体的にコンサルタント向きの人が多いのかな、と感じますね。

俳優や声優になりたかった学生時代の自分は、将来まさかこんな仕事をしているとは想像もしてなかったでしょう(笑)。でも、そんな別の業界に片足を突っ込んだ経験があるから、データサイエンスというジャンル、D5Cという会社の良さがよく分かるんです。

少しでもデータサイエンスの業界が気になったら、D5Cは覗いてみる価値のある会社ですよ!

株式会社ディーファイブコンサルティング's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ディーファイブコンサルティング
If this story triggered your interest, have a chat with the team?