1
/
5

エボラニのSDGsに関わる取り組みをご紹介します

エボラニでは自社サービス「anybot」を通しお客様のビジネスをサポートしています。その過程において、社会全体の発展や地域の産業に寄与することが、社会的使命の一つであると考えています。今回は、弊社のSDGsに関わる取り組みをご紹介いたします。

SDGs とは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

<参考>外務省「JAPAN SDGs Action Platform」https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

「働く環境」に関する取り組み

・ジェンダー平等を実現しよう

弊社メンバーの男女比率は6:4、エンジニアチームの半分は女性です。また、子育てと両立しながら働く社員も活躍しています。メンバーがお互いに協力をし合うことで、働きやすい職場環境を作りあげています。

・働きがいも成長も

事業の成長と合わせて個人の成長も実現していけるよう、スキルアップのための様々な取り組みを行っています。

コミュニティ記事URL

「地域社会」に関する取り組み

・産業と技術革新の基盤をつくろう

弊社では自社サービス「anybot(エニーボット)」を通し、町の店長にも届けられる自動化社会を目指しています。不定期で社外勉強会やワークショップ等も行っており、今後も社内で得た知見を発信していくことで地域社会の発展に寄与して参ります。

ダイバーシティ、世界平和に関する取り組み

・人や国の不平等をなくそう

弊社ではイノベーションを生み出す上で、組織の多様性は不可欠であると考えています。現在様々な国籍、バックグラウンドを持つ社員が多く働いており、社内では英語、日本語、中国語が多く飛び交っています。お互いの違いを尊重し受け入れながら、皆が心地よく働ける環境を目指しています。

平和と公正をすべての人に

世界平和における取り組みとしてウクライナの人々が少しでも笑顔となるよう微力ではありますが、国連UNHCR協会を通して寄付を行いました。

弊社では今後も企業活動を通し、様々な事業、活動、取り組みを行い、地域社会の発展と人々の幸せに貢献できるよう努めて参ります。

エボラニ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more