1
/
5

【Peaceful Morning創業の理由】一番大切にしたいものは平穏な朝だった

皆さん、こんにちは。Peaceful Morning株式会社の代表、藤澤専之介です。

こちらのストーリーでは、代表の私がPeaceful Morningを創業した理由をお伝えします。

一緒に働きたい方についても書かせていただいているので、Peaceful Morningへの応募を考えていただいている方にも参考になる情報をお届けできればと思います。

Peaceful Morningという名前に込めた想い


なぜ社名にPeacful Morning(ピースフルモーニング)という名前をつけたのか?

2018年創業時、周りの友人に社名を伝えたときは「何それ?」「ダサい…」といった反応の嵐でミスったかなーと思い悩んだのは良き思い出です。

きれいな社名ではなく率直な社名。

何か道を踏み外しそうになったとき正しい道に引きづり戻してくれるような社名にしたい…!

そんな風に考えた結果、「Peacful Morning」にたどり着きました。

全ての人に平穏な朝が来るように

Peacful Morningは、平穏な朝という意味です。

全ての人に毎日平穏な朝が来るように(もちろん我が家にも。)という想いで名付けました。

この社名には私が子育てをしながら感じたある原体験があります。
我が家には現在3歳、7歳の息子がいるのですが、6年ほど前、奥さんが職場復帰し当時1歳の長男が保育園に登園してからの生活は慌ただしいものでした。

(当時は現在よりも家事をやっていなかったのに慌ただしいとか言っているのを奥さんが見たら激怒されるだろうなーと思いつつも書いています)

子供は想像の斜め上を常に進んでいく生き物です。
今日は早く会社に行って仕事をしたい!と思っても、食事中に牛乳をひっくり返して牛乳の水たまりで遊んだり、家の前から一歩も前に進まなかったりするわけです。

私の場合、自分の余裕がなくなってくると、子供の送り迎えや食事の時間、お風呂の時間、寝かしつけの時間など、子供と過ごす時間がタスクをこなす感覚になっていきました。

いかに問題が起きないように対処するか、、先を読んで子供の望みを察知するか、、こんなふうに日々の子供との時間をいかに効率的に過ごすか…なんて感覚になってきます。

そんな日々を送っている中であるとき「はっ!」としたのです。
私の人生で1番大切なものって何だろう?と。今日が最後の1日になったときに手放せないものは何だろう?と。

上を見れば戻ってこれる道しるべ

私にとって大切なものは「家族と過ごす時間」でした。

家族との時間がもっとも大切だと思っているのに、家族と過ごす時間をこなす日々になってしまっている…。これはいけないなと…。

朝、どんなに慌ただしくたって忙しくたって奥さんや子供に対して一回深呼吸してこの時間に感謝しよう、今日も家族がいて良い朝だなーとその瞬間を噛み締めよう。

こんな余裕を持った人生にしたいと思ったのです。

今日もよい朝だなーと当たり前のことに感謝できる時間を「平穏な朝(Peacful Morning)」と名付け、自分の一番大切にしたいことを社名とすることにしました。

また自分だけでなく、世の中の一人でも多くの人が「平穏な朝」を迎えられるようにする、忙しさで大事なものを見失ってしまわないような世の中にする。

かなり壮大なテーマですが、このテーマでやっていこうと決め社名をつけました。

起業してビジネスワールドを深く深く潜っていって、どこまで深く潜ったとしても上を見れば戻ってこれる道しるべ。

Peaceful Morningはそのような想いで生まれました。

何をしている会社なの?

当社はRPAという日々の業務を自動化するテクノロジーを活用して、「我慢しないで働ける社会を創る」会社です。

RPAとは?

RPAとは、「Robotic Prrocess Automation」の略称で、ソフトウェアによるロボット化でホワイトカラーの仕事を効率化する業務自動化技術、またはその業務自動化ツールソフトウェアロボットそのものを意味します。


ロボットというと、人型のロボットなどを思い浮かべる人がいますが、PC内やサーバー内で動くソフトウェアだと考えてください。
18世紀半ば〜19世紀の産業革命以降、職人(ブルーカラー)が手作業で行なっていた業務が産業機械(ロボット)により代替され生産性が向上してきたように、現代ではRPAを用いたホワイトカラー業務の自動化によって生産性の向上が進んでいます。

https://rpahack.com/rpa-summary


平穏な朝を迎えるにあたり、我慢している働き方の見直しが必要だと考えています。

このRPAというテクノロジーを活用したビジネスを進める理由のベースにあるのは、

「RPAを通じて業務の自動化が進めば働くパパ・ママが早く家に帰ることができるようになるのでは?」

「自分のやりたくない仕事をロボットに任せ、やりたい仕事に打ち込めば心に余裕ができるのでは?」

といった期待があるからです。

今日も良い朝だと噛み締める余裕を作るお手伝いを当社の事業を通じて創っていきます。

どんな方と一緒に働きたいか?

自分のチャレンジしたいことがあるけれど大きな組織の中でなかなかできない…、世の中の働き方に疑問を感じていて変えたい…といったエネルギーが沸々と湧いている方とぜひ働きたいです。

私もそうですが、弊社の社員の多くは大企業出身者で、転職後自らのやりたいことを実現しています。

自由度の高い、思いっきりチャレンジできるベンチャーで、思う存分暴れてみませんか?

疑問に感じている働き方を変える事業に一緒にチャレンジしませんか?

少しでもご興味のある方がいましたらご応募お待ちしております!

Peaceful Morning株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings