1
/
5

〈内定者ブログVol.1〉就職活動の振り返り②

おはようございます!
株式会社グッド・クルーの採用担当 小島 杏奈です!

本日は前回に引き続き、21新卒内定者ブログを紹介していきます✨



株式会社グッド・クルー、21年新卒、山本健矢と申します。

さて、先日から【内定者blog】を始めました。
ブログを書いたこともなければ、noteも初心者なので、読みにくい点が多々あると思いますが、是非読んでみてください!

今回は、前回の続きを書こうと思います。
読んでない方は是非読んでいただけたら嬉しいです!

今月は主に、就職活動の内容について書いていきたいと思います。

自己分析

私が就職活動をしていく中で1番大切だと思ったことは自己分析です。
誰もがそう言うと思いますし、口酸っぱく言われると思います。
就活生は皆、わかっているとは思いますがやはり自己分析は大切です。

どう大切なのかと言うと、履歴書やエントリーシート、面接の対策としてだけでなく、自分がどのような業界職種に向いているのかを知るために必ず行うべきです。

自分がどんな仕事をするのかにベクトルを向けて自己分析をするべきだと思いますし、エージェントの方に勧めていただいたのがこの方法です。
この考え方の良いところは、自分の志望する業界職種を、自身の経験軸から探すことによって自然と志望動機等が浮き上がる点にもあります。

過去軸

誰にでも、様々な過去の経験あると思います。
ですが、誰しもが同じことを経験したからといって同じ選択をしたり、同じ考え方を持ったりすることはありません。

そこで自分がどう考え、行動したのか。
自身はいったいどんな性格なのか。
自分を理解するというのは簡単なようで非常に難しいです。

私は当然ですが、エージェントの方、会社の人事の方ですらまだ自己分析に取り組んでいる方がいらっしゃるくらいです。
なので、自分を理解しようとするのではなく過去、自分はなにをしてきたのかを考えた方が簡単です。

私は自分年表を作ってまとめました。
考えるだけではまとまらないので、言葉にして書くことをおすすめします。

その後は、作った年表を見てターニングポイントになったであろう出来事をいくつか選び、

・内容
・何を感じたのか
・なぜそう感じたか
・それによって何を得たのか、もしくはどう乗り越えたか
・今後どうしたいか

この観点で文章にしてまとめました。

これをすると履歴書やエントリーシートが書きやすくなりますし、面接でも過去の体験談を話す際、言葉が出て来やすくなります。

将来軸

それが終わったら、今度は軸を将来に置いて考えました。
これは叶うか、叶わないかを関係なしにして今思いつく将来のビジョンをまとめることに重きを置きます。

仕事面(お金をたくさん稼ぎたい…etc)
生活面(大きな家に住みたい…etc)
人物面(頼られる人間になりたい…etc)

私は主にこの3項目を考えました。
できるかどうかは一旦置いておいて、思いつく限りのものをたくさん書きました。
将来に軸を置いて考えると、自然とどんな仕事をするべきかが見えてくるはずです。

さらに、このように自己分析から志望業界を見つけることによってロジックの通った志望動機が書けるようになります。

グッド・クルーを選んだ理由

では、私が株式会社グッド・クルーを選んだ理由についてです。
これも、もちろん自己分析で見つけた自分に基づいたものです。

私は自己分析を進める中で、「能動的」という言葉がキーになると考えました。
興味関心のあることには積極的に取り組んできましたし、面白そうなことには全力になりました。
その中で、私が社会人になったら「成長する」を軸にしていきたいと思ったのです。

価値を見出せたり、なにか目標があったりしたときに能動的になれるので、そこに成長が必要だと思いました。
仕事をしていて楽しい瞬間は自分にとっていつになるのだろうと考えた際、仕事が充実してきたときだと思いました。

そして仕事を充実させるとは、すなわち自身の成長が不可欠であると考えました。

「成長する」ことによって、
・お金を稼ぎたい
・大きな家に住みたい
・頼られる人間になりたい

これらのビジョンにも繋がります。
グッド・クルーのどこに成長できる点があるのか。

私は「ヒト」であると思います。

まず、選考中に数回、面接があるのですが全ての面接のフィードバックを貰えます。
そして次回の面接でそこが改善されているか、「成長」できているのかを見てくれています。
選考中にも関わらず学生に成長の機会をくれました。

これは非常に珍しいことです。

私が他の会社の面接で、手応えがあったのに結果が悪かったことがあり、自分とその会社でのミスマッチがどこにあったのか、どこが悪かったのかを知るためにフィードバックを貰えないか連絡したことがありました。

しかし、答えてもらえませんでした。

また、最終面接の逆質問では会社に関するネガティブな内容も隠すことなく話していただけて、良い印象を持ちました。

さらに、経営理念ですが、グッド・クルーは
「自分で自分の人生をコントロールする」
経営理念のベクトルが内向きであることも珍しいです。

よく見るものは、どのように経営するのか。
お客様に対してであり、ベクトルは外向きのものがほとんどです。
ただの一社員でなく、1人の人間として会社に大切にしてもらえると思いました。

実際、内定者期間中にも関わらず会社のアカウントでnoteを運用させていただけていることがその現れなのだろうと感じます。

長い目で見れば、就職活動はスタートラインに立つ段階であり、入社してからが本番です。
気を緩めることなく、入社後も高い意識を持って「成長」していきます。

株式会社グッド・クルー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings