1
/
5

経営の源泉は、人だ―――自身の経験を乗り越え、代表が目指すMassive Actとは


こんにちは!Massive Act広報の濱澤です!

今回のインタビューは弊社代表!

普段なかなか聞けない代表の本音や、会社に対しての想いを深堀っていきたいと思います。


Massive Actってどんな会社?どんな人がいるの?と気になっている方へ。

必見です!!

Massive Act .inc 代表 / Project Director

大学卒業後、大手デジタルエージェンシーに入社。                        グループ内で当時最大の売上・利益を誇る営業チームを率いて、単体MVP・ベストMGR賞・グループ年間MVP受賞・41カ月連続達成記録などを樹立。その後コンサルティングファームに転職し、新規事業・デジタルマーケティングPJTのコンサルティングを経験。                      2016年にデジタルエージェンシーのRise Projectを立ち上げ、翌年マーケティング&クリエイティブブティックのRFA digital brans取締役に就任。                             2017年よりMassive Actを立ち上げる。


まず初めに、これまでの経歴を教えてください!

デジタルエージェンシーで丸8年、アカウントプランナーとしてデジタルマーケティングの営業、プロジェクトマネジメントに従事していました。

その後外資系のコンサルティングファームに転職し、立ち上がったばかりのデジタル部門(流通・製造インダストリー)で全社デジタル変革支援、既存事業のDX構想、デジタルマーケティング支援のプロジェクトにおいてプロジェクトデリバリーを経験。

ー事業バリューチェーンに携わる為コンサルティングファームへ

デジタルエージェンシーからコンサルティングファームへは、30歳を超えCapabilityを拡大する為、上流工程を見たかったという想いがあり転職しました。

勿論エージェンシー時代でも事業責任者レイヤーや経営陣と討議する機会はあったものの、      スコープは当然各論ベースになるので、事業構造全体を俯瞰して見れるコンサルティングファームが良いだろうと。

その後デジタルエージェントを行う(株)Rise Projectを立ち上げ、2017年に(株)Massive Act(当社)を設立しています。


ー「ないものねだり」で独立

コンサルティングファームからの転換理由は、結局は「ないものねだり」です。           これまで自分の構想や企画・行動が即時フィードバックされる環境だったのですが、事業レイヤーとなるとプロジェクトのスパンは1-2年、場合によっては3~5年がざらにあります。             元来せっかちな人間なので、自分の行動がクイックにフィードバックされる環境の方が適してるんだな、と気づきました。

なので、デジタルマーケティングの業界だと十数年在籍している事になりますね。          新卒のデジタルエージェンシー、2社目のコンサルティングファームを経験した事でWEBマーケ⇒デジタルマーケの企画・構想フェーズから実行・運用・分析フェーズまでをある程度インプット出来たと思います。

変化が激しい分、求められるプロジェクト要件も年々進化しているのでトレンドに追い越されないように日々必死です(汗)


次に、Massive Act設立のきっかけを教えて下さい!

僕の場合、いわゆるビジネスモデルを0→1で立ち上げる起業とは若干異なっていて、「やりたいこと」が明確に決まっていた訳ではなく「出来ること」からスタートしました。

そこで、元々携わっていたデジタルマーケティングや業務変革支援・デジタル化のコンサルティングから行うようになった事が原点になっています。                           事業をOwnし、顧客への価値を追求する姿勢を大事にしています。


「Massive Act」という社名にはどのような意味が込められていますか?



知行合一。行動こそが全て / 行動には結果と責任が伴う。

Massive Actは直訳すると「大きな行動」になります。これまでの仕事文化で目に見えるアウトプットを非常に大事にしているので、顧客に、社会に大きなインパクトを与えるチームを創ろうと。

また、スローガンを「TAKE MASSIVE ACTIONS FOR DYNAMIC FLOW」にしていますが、      これは劇的な行動・一手で動的な流れを創ることを意味します。

僕らのアクションが大きな流れを紡ぎ出せるように、自分の行動がどこまで影響していくのか、日々意識しながらアカウンタビリティを持って仕事に取り組もうという姿勢を表しています。

特に事業体として活動していく以上は社内外、国や社会、未来への責任が当然発生します。「この行動は何足り得るのか?」を日々意識しています。





良ければ過去の失敗談なども教えていただきたいです!

そうですね・・起業1社目のデジタルエージェンシーでのチーム組成の反省があります。

営業メンバーのみで組成していましたが、制度や評価作り、目指すべき方向性が曖昧な中、経営者としての自利を優先したことでチーム崩壊を招きました。

顧客・取引先など、社外に意識が傾倒していた事でメンバーのケアを出来ていなかった。        今でも申し訳なく思っています。

その経験を踏まえ、現在のMassive Actでは「価値提供の源泉はチームである」という意識のもと    ミッションである「変革の起点を創る。」を前提に、チームで楽しみながら顧客への価値を追求し続け、得た対価を社会や未来に還元していくことを大事にしています。

また、健康経営やフレキシブルなワークスタイル、人事評価制度、福利厚生やオフィス設備への投資など、小規模ながらもハード面・ソフト面での充実を目指しています。

一番は一緒に働く仲間を大切にすることですね。

業績や事業進捗、課題やボトルネック、改善アクションをチーム全体で共有・PDCAを回していけるよう、月次総会やQBR(クールに1回のレビュー)など、定期的に共有の場を設けています。

個々の熱量と会社の目線が合えば、自ずと個々のパフォーマンスが向上します。あくまで個人の活躍の場を提供している気持ちで、しっかりと目線合わせをしていくことを意識しています。


過去のご経験を踏まえて、会社を経営するうえで大切にしていることを教えてください!


最も大切にしているのは、メンバードリブンな組織であること

2020年までは殆ど僕個人でやっていたのですが、丁度そのくらいの時期に法人として活動していく事の意味を考えるようになりました。先輩や経営者仲間などから、沢山のインプットをもらいました。

その中で思ったことは、

正しい活動を正しいメンバーで行い、正しい価値を提供していく。        

会社運営は、これに尽きるということです。


組織体制が本格化した2021年、変化を重ねて創られる「チーム」


Massive Actがチームとして本格始動したのは2021年。昨年ですね。

2月から少しずつメンバーが増え、現在は第二創業期としてチームの在り方や体制を試行錯誤しながら運営をしているので、「会社」とした体裁では実質今が2期目くらいになります。

法人歴こそ6期目を迎えてますが、まだまだ発展途上で綺麗な形として出来上がっている組織ではありません。一緒に働く仲間を大事にし、みんなの満足度を上げることを一番に考えています。



メンバードリブンな組織であること。これをMassive Actのゴールドスタンダードとして挙げたいですね。

勿論、働くメンバーだけでなくその家族やパートナーも大事です。可能な限りそれぞれの働き方を尊重し柔軟に対応していきたいと思っています。


福利厚生制度やオフィス内設備の充実

上で述べた想いを形にする手段のひとつとして、働く環境の満足度にも力を入れており、ここでは代表的なものをご紹介します。



アニバーサリー休暇やボランティア休暇などのユニークな休暇制度に加え、定期的な整体のサービスや 栄養食・軽食が無料で食べられるサービスなど、様々な制度を取り入れています。

その他、休暇制度等Massive Actでの働き方についてはこちらでもご紹介していますので、是非ご覧ください!


社会・未来への投資を続け、持続可能な事業活動を実現する

一緒に働く仲間の満足度を最大限に引き上げたうえで、私たちは持続可能な事業活動を目指します。

お客様、取引先への提供価値を追求し、得た対価を社会や未来に還元していく、ポジティブな装置としての役割を確立していきます。


昔は近江商人の提唱していた「三方良し(買い手、売り手、社会)」があると思いますが、      今は「未来」の軸がSDGs、サステナビリティとして設定されています。この四方良しを会社で体現していきたい。





メンバー一人ひとりの満足度が上がる>顧客に提供できる価値/サービスレベルが上がる>業績が上がる>社会・未来への還元ができる

このサイクルが継続的に実現できれば、チームとして、また組織全体としても成長していけると思います。

源泉になるのは、やはりチームであり働く仲間一人ひとり。結局はここに帰結すると考えています。

なのでメンバーとよくコミュニケーションをとり、必要なタイミングで現状を分析して次にどう導いていけば最適解に辿り着けるかを日々考えながら仕事をしています。

本人たちにも伝わっていれば良いですけどね(笑)


Massive Actには自社サービスもあるようですね?


はい。それがこちらの「ONE MACTs」というサービスです。


昨年に引き続き当社では、現状や未来の社会課題に取り組まれている団体様へのスポンサー活動や、会社として奨励しているボランティア活動に加えて、サービスとしてサステナビリティを意識した取り組みも行っています。活動・理念に共感できる団体様とのアライアンスや協賛も行っており、利益度外視で地道ではありますが、続けていきたいと考えています。

今期はこのONE MACTs事業もさらに強化していく予定です。


最後に、今後の目標とメンバーへの想いをお聞かせください!


今の価値観を大事にしていけるメンバーと、事業を持続可能なものに出来るよう切磋琢磨し続けること。



メンバーへの還元も、社会や未来への還元も、顧客への提供価値を最大化しないと、存在意義・持続可能性は無いので、しっかりとクライアント・取引先・社会に成果でお返しすること。


急拡大中の組織では、どうしても顧客へのサービスレベルが停滞/或いは低迷していきます。      人数規模の追求はスケールメリットを活かせる側面もありますが、最優先はサービス品質を確実に落とさないラインで、無理の無い成長戦略を描くことが重要だと考えています。

事業/サービス面では、デジタルソリューションによる、【事業成長支援】を掲げており、       デジタルマーケティング(Brand Marketing、Direct Marketing)、マーケティングDX(PMO・BPO・アナリティクス)のPromotion領域に加え、DX推進支援/コンサルティング事業、DXの導入監査/アドバイザリー支援等のデータ基盤の領域に注力しています。また、グロースマーケティング支援(既存顧客のアップセル/Xセル)ーMA導入コンサルティング/伴走支援をより強固なものにしていきたいと考えています。

僕らのコアバリューである「実行ドリブン」は、不確実性の高い現代において、デジタルを駆使し、データ起点で物事を設計していくことを体現しているものです。戦略~実行までをトータルで支援していくデジタルコンサルティングファームを標榜しています。

顧客データを統合し、戦略的に見える化/分解/再設計することでデータドリブンな成長支援サービスを展開していきます。



当社は人数こそ少ないものの、経験豊富なベテラン社員が揃っています。              そこを強みとしてサービスの幅を拡充しどんどん切り込んでいきたいですね。

まだまだ成長の余地しかない当社ですので、メンバー一人ひとりが個々の役割を十二分に果たし、   それを糧として成長していける環境は整っていると思っています。


フロント業務・バックオフィス業務関係なく全員が自立し、同じGOALに向かって自走できるメンバーであってほしい。

それは結果的にプロフェッショナル集団を生み出す要素となり会社の財産です。


そんな組織であり続けるために、メンバーへの還元や個々の成長はこれからも組織運営上、一番に考えていくつもりです。


正しいメンバーで、正しい活動を。そして正しい価値を提供する。


Massive Actは、そんな組織を目指していきます。

いかがでしたでしょうか?

小規模ながらも、私たちの意見も聞きながら働く環境を良いものにと試行錯誤してくださる代表を   常日頃見ているので、とても働きやすいです!

当社の代表は優しさの中にもきちんと個人を見てくださっており、個々にあった指導の仕方をしていただけるので成長環境は十二分に整っています。

こんな代表のいる会社で働いてみたくありませんか?



最後までお読みいただき、ありがとうございました!

株式会社Massive Act's job postings

Weekly ranking

Show other rankings