1
/
5

当てはまればYouTubeプロデューサーの素質あり

こんにちは、STAGEON人事部です。

突然ですが、皆さんはYouTubeプロデューサーになる方法、知っていますか?

動画の編集スキルが必要?

YouTubeチャンネルの運営経験は必須?

などなど、気になる人も多いのではないでしょうか。

ということで、今日はよく聞かれるYouTubeプロデューサーになるために必要なことについてお話をしていきます。

結論、スキルは必要ない

誤解しないで欲しいのですが、誰でもできるということを言いたいのではありません。

YouTubeプロデューサーというお仕事は、あくまでYouTubeという媒体をうまく使ってお客様をゴールまで導くお仕事。

YouTubeに関する基本的なノウハウやマーケティング知識、戦略は必ず必要になってきます。

しかし、これがないとYouTubeプロデューサーに挑戦できないのかといわれると、それも違うのです。

先ほどあげたスキルがなくても、本人にやる気、学ぶ姿勢があればYouTubeプロデューサーにはなれます。

スキルや経験は後から必ずついてきます。

反対に、いくら能力がある人でも、向上心がない人にYouTubeプロデューサーの役割は与えません。

そういった意味でも、まずはスキルよりやる気、学ぶ意欲、姿勢がプロデューサーにとって必要だと覚えておいてください。

とにかく自分が楽しむ

YouTubeの企画を作っていくうえで、ノウハウと同じくらい大事なのがユーモアです。

今や視聴者の生活の一部と化したYouTube。
視聴者はそれだけ沢山の動画を見ていて、面白さには、かなりシビアです。

開始2秒で「他より面白そう」と思ってもらえなければその場ですぐ離脱されてしまうような世界です。

いかに面白い企画をサムネイルとタイトルで魅了し、視聴者が見始めたその瞬間から「はやく続きが見たい」と思わせなければいけません。

そんな企画、動画、サムネイルやタイトルを作るには自分自身が「面白い」を追求できる人である必要がありますよね。

おもしろい仕事ができる人はプライベートもおもしろい。
プライベートがつまらない奴は仕事の仕方もつまらない。

とにかく、まずは自分自身が毎日を楽しむこと。
これもプロデューサーへの第一歩なのです。

プロデューサーに向いてる人の要素とは

・やる気、向上心がある
・仕事もプライベートも楽しめる
この2つを重点的にお伝えしてきましたが、
他にもいくつか“プロデューサーに向いている人の特徴”があるので、最後に紹介して終わろうと思います。

・YouTubeが好き
・人と話すのが好き
・素直である
・おもしろいを追求できる
・目標に向かってがんばれる
・成長意欲がある

などなど、1つでも当てはまればYouTubプロデューサーの素質あり!

ぜひ一度「話を聞きに行く」ボタンをクリックオンラインで直接お話ししましょう!

皆様とお話しできるのを楽しみにしています!

㈱STAGEON's job postings
47 Likes
47 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from ㈱STAGEON
If this story triggered your interest, have a chat with the team?