1
/
5

What we do

宅建Jobエージェント|不動産業界専門の転職支援サービス
平均年齢30歳の若いチームです
▍不動産業界に特化したサービス・ソリューションを展開 私たちは、「より良い機会を増やし、社会の幸せに貢献する。」を会社のミッションに掲げ、現在は不動産×IT/人材の領域で事業を展開する3期目のベンチャー企業です。 業界としてまだまだ生産性が低くITの浸透が遅れているのが不動産業界の特徴ですが、弊社はこのような課題を解決するために事業を展開し、不動産業界で働く人や不動産取引に関わる人と企業に質の高い機会をたくさん提供し、業界に貢献したいと考えています。 ◎運営サービス -------------------- 「宅建Jobエージェント」:https://takken-job.com/ 不動産業界専門の転職支援サービスです。不動産業界の経験の有無や保有資格に応じて、働きたいすべての方の就業支援をしています。 「宅建Jobマガジン」:https://takken-job.com/magazine 「不動産業界×働く」について配信するWebメディアです。 「宅建Jobコラム」:https://takken-job.com/column/ 「不動産業界×資格」について配信するWebメディアです。 「イエベスト」:https://rei-book.com/ 「不動産取引」の意思決定をサポートするWebメディアです。 -------------------- ◎採用サイト -------------------- https://hayfield.jp/recruit/ 私たちの主力事業である不動産業界専門の転職支援サービス「宅建Jobエージェント」は、サービス開始から約2年で、毎月600人以上の求職者の方々の転職相談や、東証一部上場企業や大手フランチャイズを筆頭に500社以上の企業の採用をサポートしています。現在も順調に急拡大中の主力事業です。

Why we do

代表の杉浦です
イエベスト|不動産取引をお手伝いするWebメディア
▍不動産業界を明るくする 不動産業界は、飲食・宿泊業に次いで生産性が低いといわれる業界です。 ◎不動産業界の現状 ・ITの浸透は、他業界と比較して非常に遅れている ・産業別のデジタル成熟度は最下位で、現在も情報はFAXでのやり取りが主流 ・残業時間も全業界の平均が28時間/月に対して、不動産業界は33.4時間/月と上回っている 特に、業界全体で非常に離職率が高く、採用/定着の領域で課題が多いのが不動産業界の現状です。しかし、不動産業界を専門としている人材サービスは世の中に少なく、私たちは使命感を持ってこの課題を解決しようと取り組んでいます。 ◎人材の課題 ・ミスマッチによる損失の削減 ・労働人口の確保 ◎生産性の課題 ・デジタル/IT製品の導入促進 ・リード(見込み顧客の提供) 私たちは、これらの課題を解決するビジネスを、ITサービスを中心に生み出しながら事業を展開し、不動産業界で働く人や不動産取引に関わる人と企業の架け橋にることを目指しています。

How we do

▍若く小さい組織だから提供できる「圧倒的成長」と「リターン」 私たちは、約20名の若く小さい組織です。研修・教育環境の整備や福利厚生などはまだまだこれから整備をしていく必要がありますが、このフェーズだからこそ経験できる「圧倒的成長」と成果に見合う「リターン」のある環境です。 まずは「不動産業界No.1の転職プラットフォーム」を作るという方針のもと、足元は不動産業界専門の転職支援サービス「宅建Jobエージェント」に最も力を入れて事業を展開。自ら主体的に提案をしながら、業界No.1のサービスづくりのど真ん中を経験することができます。 また、明確なインセンティブ制度を設けており、成果を出せば出すほど、報酬・新しい役割・新しいミッション・新しい機会など、たくさんのリターンを提供できます。経験ややりがいだけではなく、成果に見合うリターンでも応えられるベンチャー志向の方にとってはぴったりの環境です。 ◎社内の取り組みの例 ・社内勉強会の実施 週1回、持ち回り制で不動産業界や人材業界、その他ビジネス・キャリア関係に関する勉強会を行っています。新人/ベテラン問わず講師になり、全員で発信し全員で学ぶ習慣があります。 ・共有文化の醸成 オープンでフェアであることを大事にしています。成功事例や失敗事例の共有を定期的に行うことはもちろん、オープンチャットでのコミュニケーションの推奨や、CRM等への履歴/データ入力を徹底する文化となっています。 ・1on1ミーティング 個人のスキルアップや仕事の障害を取り除くことを目的とした1on1ミーティングを月1回以上のペースで開催しています。 ・四半期総会 四半期に一度、中長期戦略から短期の戦術まで言語化し、共有する社員総会を実施しています。また、各種表彰もこのタイミングで行います。 私たちは「学び」と「挑戦」からしか成長はないと考えています。そのための学びと挑戦を「習慣でつくる」ことをモットーに、これからも様々な仕組みづくりにチャレンジしていきます。