1
/
5

「I’m La Floria」がリニューアル! 新商品の特色をお伝えします

この度、Melliaが手がける「I’m La Floria(以下、アイム ラフロリア)」がリニューアルすることとなりました。CEOの原由記に、リニューアルを決めた理由や新商品の特色などを聞いてみました!



アイム ラフロリアを
リニューアルする理由は?

原:デリケートゾーンケアを通じて、あらゆる人がその人らしさに自信を持ち、自分らしく輝く人生を送ってほしいという想いを込めてお届けしてきた「アイム ラフロリア」は、おかげさまで発売3周年を迎えることができました。多くのお客様が「アイム ラフロリア」の品質に信頼をお寄せくださるようになり、ポップアップ店舗やSNSを通じて「実はこんな悩みを抱えている」「こういうアイテムがあればぜひ使いたい」といったご意見・ご要望を頂戴する機会も増えてきています。

有り難いことに、これまでの「アイム ラフロリア」をご使用になられたお客様に沢山の嬉しいご感想をいただいているのですが、私自身には現状で満足せずにもっと良いものを追い求めていきたいという気持ちが強くあります。皆様からのご要望の一つひとつを大切に受け止め、より多くの方々に安心して親しんでいただけるブランドへ進化させていきたいとの思いから、今回のリニューアルを決断しました。

「I‘m」の大きな文字が印象的な
新しいロゴに込められた想いは?

原:「I‘m」=「私は」という自分の意志によって選んだものから心地よさを得ることで、お客様お一人おひとりにさらなる満足をしていただきたい。それが私たちの願いです。その願いをより一層お伝えしたく、新しいデザインに反映させました。この願いを叶えるためには、心とからだが本当に喜ぶような品質のものをご提供していく責任があると思います。そして、自分がそのアイテムを選ぶことが地球環境を守ることにもつながっていくのであれば、お客様はさらなる心地よさを感じられるはずです。

今回のリニューアルでは、このような視点から、成分やパッケージなどを一つひとつ見直していきました。ロゴの色も従来のネイビーからブラックへと変更し、男女を問わず、あらゆる年代の方に手に取っていただきやすいシンプルなデザインにしています。

成分に関して
特に進化した点は?

原:界面活性剤フリー(ボディウォッシュは石油系界面活性剤フリー)での商品化を実現しました。水と油を混じり合わせる作用を持つ界面活性剤は、多くのシャンプーや化粧品などで用いられていますが、使い方によっては肌の負担になってしまうこともあります。リニューアル後のブライトニングセラムとボディクリームでは、界面活性剤を使用しない代わりに、新たな乳化方法手法を採用しました。ボディウォッシュでは、皮膚の汚れだけを落とし、肌に必要な皮脂は守る洗浄成分を厳選することで肌への負担をより少なくしています。

今回の商品開発でのこだわりは?

原:3アイテムに共通する保湿成分として、肌荒れを防ぎお肌にハリとツヤを与えてくれるツボクサエキスを新たに加えました。いずれも保湿成分は乳酸菌由来のものを使用していて、肌本来のうるおいを優しく守ります。医薬部外品のブライトニングセラムは、ブライトニング成分が肌の乾燥によるくすみを防ぎます。どのアイテムも初めて使った際に感動していただけるようなクオリティを目指し、肌につけたときのなめらかさ、塗ったあとの触り心地といった使用感にもこだわった仕上がりになっているのが特長です。

3つのアイテムは
どう使うのが効果的?

(左からデリケートボディウォッシュ、デリケートブライトニングセラム、デリケートボディクリーム)

原:デリケートゾーンケアが初めてという方には、まずボディウォッシュをお試しいただき、専用のもので洗浄してデリケートゾーンを清潔に保つことを大切にしていただきたいです。そして、デリケートゾーンのニオイと乾燥が気になるならボディウォッシュとボディクリーム、黒ずみと乾燥が気になるならブライトニングセラムとボディクリームというように、お客様それぞれのお悩みに合わせたアイテムをセレクトしてお使いいただければと思います。ボディクリームはよりお求めやすくなるように価格を見直し、30gのミニサイズもご用意しました。また、「アイム ラフロリア」のイヴピアッツェローズの香りをお部屋でも楽しんでいただけるよう、ルームフレグランスも新たに商品化しています。

お客様からのご要望を受けて
実現したことは?

(左から旧デザイン、リニューアルデザイン)

原:ボディウォッシュの容器を、お客様からご要望の多かったポンプタイプに変更しています。ボディウォッシュは、肌への負担が少ない弱酸性を維持しつつ、泡立ちを良くするというのが今回のリニューアルをする上での課題だったのですが、試作を重ねながらベストなバランスを見つけ出すことができました。ポンプタイプにしたことで、今までよりもっと手軽に全身ケアができるようになっていますので、毎日のバスタイムにぜひお使いいただきたいです。

パッケージに関して
配慮した点は?

原:パッケージは、トウモロコシやサトウキビなどの植物から作られる「バイオマスプラスチック」を使用しています。植物由来のパッケージにしたのは、石油の使用を減らし、CO2の排出量をカットしていくことで、より良い地球環境を次の世代につないでいくことができればとの思いからです。ボディウォッシュとボディクリームは化粧箱なしの仕様に変更し、過剰な包装をなくすことも心がけました。環境に調和した循環型社会の実現に向けて、私たちにできることから始めていきたいと考えています。

今回のリニューアルを経て、
今後Melliaが実現していきたいことは?

原:デリケートゾーンケアのNo.1ブランドを目指すとともに、デリケートゾーンケアを歯みがきと同じような「当たり前の習慣」にしていきたいと考えています。ファッションやコスメが季節に応じて変化していくように、私たちの商品もお客様のニーズに寄り添う形で進化させていくことが必要です。「アイム ラフロリア」は、お客様の悩みを解決するご提案ができるブランドでありたいですし、そのためにできることはまだまだあると思います。今後もより上質なものをお届けできるように、さらなるリニューアルを検討することも含め、先を見据えた取り組みを続けていきたいです。


Mellia株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings