1
/
5

【維持運用編】アルバス社員のとある1日

はじめまして。アルバス株式会社の鈴木です。
私はお客様の持つ様々なシステムの維持運用業務を行っております。
このストーリーでは、アルバスで働く維持運用担当者のとある一日を、時系列で紹介していきたいと思います。

9:00~9:30 定例監視

出勤してまず行うのは日々の監視作業です。 主に、夜間に動いていたバッチ処理は正常に終了しているかの確認を行っています。 これが正常終了していないとその日は一日大慌てになりますから、毎朝祈りながらチェックしています(笑)

9:30~11:00 維持運用業務~頭を使う作業など~

お客様から依頼されていた案件の対応方針を検討します。
集中力を要する仕事、頭を使う仕事は、なるべく午前中に行うようにしています。
検討していく中で迷うことやわからないことがあったら、聞きたい内容をまとめて周りの人や上司に相談するようにしています。

11:00~12:00 打ち合わせ

週に一回、抱えている案件の進捗をお客様と共有する会議が開催されます。
会議の中でお互いの疑問点のすり合わせを行ったり、案件のスケジュール調整を行ったりします。

12:30~13:30 昼休み

トラブル中でもない限り、1時間しっかり仕事から離れるようにしています。
昼食後は昼寝したり、本を読んだりして過ごしています。
在宅勤務時だと、この時間に家事を進められるのでとても助かりますね。

13:30~16:00 維持運用業務~単純作業など~

お昼明けは他の時間帯に比べて頭が働きづらいので、ひたすら手を動かすだけの作業を持ってくることが多いです。

16:00~18:00 維持運用業務~資料作成など~

私自身夜型なこともあって、夕方になると元気になってきます。
頭を使いながら手もたくさん動かす資料作成などの作業はこの時間にやることが多いです。
資料作成は実は一番好きな仕事かもしれません。いかに見やすく、わかりやすくするかを追求するのはもちろんですが、この頃は特に「後で振り返りやすいこと」を重視しています。作成した資料はお客様からも評価いただけることが多いです。

18:00~退勤

「明日何をするか」が整理できていれば残業になることはあまりありません。公私のメリハリをつけるためにも残業は極力しないようにしています。どうしても残業することになったら、あらかじめ「どこまでやったら終わりにする」を決めておくようにしています。


いかがでしたでしょうか。基本的にデスクワークなので正直ちょっと地味かもしれません。

維持運用業務というのは、手のかかる子供の世話をするかのような大変さとやりがいがあります。
日々さまざまな視点からトラブルの種がやってきては悩まされることもありますが、一つ一つそれに丁寧に向き合うことで次第に安定稼働するようになって、だんだん手がかからなくなります。

そんな、地道だけど大事な仕事も、アルバスの仕事にはありますということを、最後に知っていただけたらなと思います。

アルバス株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from アルバス株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?