1
/
5

性別も年齢も関係ない!25歳でも支店長になれる会社

皆さんこんにちは。スマートテックの近藤です。

今回は新卒で入社し、5年目で支店長になった「住宅エネルギー事業部の児玉さん」へインタビューをしたので、そちらをお届けします。

インタビューの前に簡単に事業部紹介と用語紹介をいたします。

住宅エネルギー事業部とは

太陽光発電や蓄電池などの商材をご家庭向けに販売している部署です。いわゆるBtoCです。
(※テレアポ等でお客様のアポイントメントをいただいてからの営業のため、飛び込みではありません。)
2次アポと呼ばれる営業がお客様との橋渡しを行い、クローザーと呼ばれる営業が契約を行います。

スマートテックで使われる用語紹介

テレアポ:電話でアポイントメントをいただく人
催事営業:大型ショッピングセンター等でアポイントメントをいただく仕事
2次アポ:テレアポ等のアポイントメントを基にお客様と直接話し、クローザーへ繋げる営業さん
クローザー:2次アポのアポイントメントを基にシミュレーション結果等をお客様へ直接伝え、最終的な契約をする営業さん

スマートテックとの出会いと仕事に対する気持ち

▼5年前、数ある中からスマートテックに決めた理由は何ですか?

仕事を選ぶにあたって正直、仕事内容は重視していなかったですね。入ってから自分が適応できればいいかなって。会社説明会に行った時の人事の人とか、社員の雰囲気で決めました。人事の方がいい意味で堅苦しくなく、和気あいあいとしていて。社員の人柄がいいから仕事も楽しくできるかなと思ったんです。

▼働いてみて変わったことはありますか?

入社した当時はお金をたくさん稼ぎたい!とかなかったです。最初は事務志望で、平凡にOLをしたかったんです。再生可能エネルギーとか興味なかったし、触れたことのない分野でした。

でも、働いてみて事務より営業の方が楽しいってことに気づいたんですよね。催事営業をやってみて、アポをどんどん取れるようになってきて、お金もついてきて。そこで稼ぐのが楽しいと気づきました。そこから営業職に前向きになりましたね。

入社から5年、目まぐるしく変わる環境とその苦悩

本格的に営業を始めてから4年。1年目で副主任をとばして主任に昇進。1年半でクローザーの仕事を務め、昨年の冬に副支店長へ昇進。そして今は支店長の座に。

▼この急成長と環境の変化についてどう思っていましたか?

実は主任になることも支店長になることも踏みとどまっていました。クローザーになることすらも半年くらい断りました。上に立つということは下の教育も、月間の進捗や改善なども考えなければいけない立場になるので。責任感が問われたり、プレーヤーとして自由に活動ができなかったり、荷が重いかなと思って。

いざ役職に就いてみると、下から見られているというプレッシャーがかかって。でもそのプレッシャーが良い感じに働いて。最初は乗り気じゃなかったけど、部下が見ているから頑張んなきゃって思えるようになったんです。

負荷はかかるけど、この年齢で支店長をやらせてもらえるって普通じゃ経験できないと思いますし。今は良かったと思います。

▼2次アポとクローザーの違いはありましたか?

話のボリュームとトーク力。2次アポはとりあえず話を聞いてみませんか?ってクローザーに繋ける感じだけど、クローザーはシミュレーションもあって話が長くなるし、実際に契約をするのでそれなりのトーク力が必要になってくる所が違いますね。

その分、クローザーは楽しいです。白黒はっきりして実力が見えるし、面白味があります。部下にもクローザーになって、営業の楽しさを知ってほしいですね。

▼全て上手くいっているように見えますが、大変だった時期はありましたか?

スランプもあったので、カタログを全部見て暗記するとか、統括部長の所に毎日通って自分の音源を聞いてもらってダメ出しをもらうことの繰り返しでした。めげずに行くしかなかったですね。

でも役職を付けてもらってからはスランプもなく数字が安定してきたんです。だから今はやらせてもらって良かったかなって思います。

▼スランプから抜け出した今、課題はありますか?

自分の1番の課題はマネジメント。上司からも「プレーヤーとしてはできているけど、部下に教えるのはいまいちだね」と言われます。自分も苦手意識があって、今の課題です。今回も賞をもらったけど、それを部下に取らせることができるか?とかですね。

その課題を解決するためにも、部長が部下に研修する時にどういう風に教えているのか?見学しています。そこで気づいたのが、丁寧さ。部長は綿密に細かく教えているんです。そっちの方が身に付くんだろうなって。今後は部長を見習ってマネジメントしていきたいと思います。

女性初の快挙!スマートテックの良さとは

インタビューした日はオンライン総会が行われ、児玉さんは女性初の最優秀賞を受賞。

▼さっきの話にも出ましたが、改めて最優秀賞をとっての感想をお願いします!

びっくりしましたね。嬉しかったけど、びっくりしました。自分のPCが少し遅れていて、周りから「おめでとう」って言われて、「え?なに?」みたいな感じで。貢献賞や優秀賞はもらったことがあったけど、まさか最優秀賞をもらえるとは。もらっていいのかな?って思いましたね。

▼皆さんへひとこと!

うちの会社は夢があると思う。全く年功序列じゃない。25歳で支店長にもなれて、稼ぐだけ稼ぐこともできて。たぶん、まあ稼げない金額だと思うので。夢はありますよね。いい意味で普通ではない会社です。新しい事業にもどんどん取り組むし、ワクワクできる。「次はこんなことするんだ」「そっちにも展開できるんだ」って。挑戦できる雰囲気もあって、将来性があるなって思います。

▼さいごに。正直、稼いだお金で何を買いました?

物欲があまりなくて…ブランド物のバッグくらいかな?貯金するのが好きなので。面白くなくてすみません。

25歳の平均年収は超えていると思います…!

平均年収、余裕で超えているらしいですよ。羨ましい!児玉さん、インタビューのご協力ありがとうございました!

彼女がインタビューで話してくれたように、当社は本当に実力勝負です。「若いからなれない」「女性だからなれない」なんてことはありません。年長者へ敬う姿勢はもちろんありますが、実力のある若い社員が活躍すれば、相応の評価をしてくれます。

また、社員総会では女性管理者の登用を50%まで増やすことが目標の1つだと発表がありました。既に女性の雇用も豊富で、なにより女性の支店長もいます。SDGsに力を入れている当社だからこそ、この目標は近い将来実現していると思います。

この記事のタイトル通り、年齢も性別も関係ありません。少しでも気になった方は是非、お話しに来てみてくださいね。

株式会社スマートテック's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more