Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

関われば関わるほど仕事したくなる。インターン生が語るそんなBoulderの魅力とは?

---皆さんはじめまして。株式会社Boulder 採用チームです!

私達のことを知ってもらうために、弊社で活躍する社員やインターン生の実際の声を紹介していきます!第1回はインターン生の清水茜さんにBoulderやご自身のことを聞いてきました!

プロフィール

・名前:清水 茜さん

・学部:文学部英米文学科に在籍

・勤務歴:6ヶ月

・趣味:ホットヨガ

---本日はどうぞよろしくおねがいします。まずはじめに、Boulderでのインターンを始めることになったきっかけを教えてください!

よろしくおねがいします!

代表の牟田さんとの出会いは、以前インターンをしていた企業の上司が紹介してくれたことがきっかけです。

Boulderはco-ba jinnanというコワーキングスペース(https://co-ba.net/jinnan/)に入居しているのですが、私はもともとは、そこに入居している別の会社でインターンをしていました。

新しい経験をしたいと当時の上司に相談していたタイミングで、牟田さんは会社を創業したてで人手が足りなく困っていたようで仕事を紹介してもらいました。

当初は類似サービスや海外事例のリサーチの業務を手伝っていたのですが、いつの間にかそのまま正式にBoulderにインターン生としてお世話になることになり、今に至ります(笑)

---不思議なきっかけですね!(笑)なぜそのままBoulderでインターンしようと思ったのでしょう?

 本人には言ったことがないので恥ずかしいのですが、牟田さんの人としての魅力に尽きます。この人が創る会社の一員として牟田さんをサポートしたいと強く思えました。

もともと私自身がバリバリとインターンで働いたり起業を考えたりするようなタイプではありませんでした。授業のために大学に行き、クラスメイトとランチして、大学が終わったらバイトに行ったりと「THE大学生」の生活をしていたと思います。

そんな中、ちょっとした出会いからコワーキングスペースで働くことになり、さらにたまたまタイミングよく紹介してもらって牟田さんに出会えたことは幸運だったと感じています。

印象的だったのが、牟田さんがBoulderを設立しようと思ったきっかけを話してくれた時です。実は牟田さん自身が過去にとても苦労されているのですが、その経験から従業員の「働き方」にすごく課題を感じていて、自らの力でその課題を解決するんだという強い意志と熱意をもっているのがひしひしと伝わってきました。

牟田さんのように、自分がやりたいことに打ち込むという経験を私はあまりしてこなかったので、正直に「かっこいいなぁ」って(笑)沢山の新しいことやチャレンジングなことに触れ合っていく中で、インターン生として働いているうちにどんどん仕事が楽しくなってしまって、学べることも本当に多いのでここで働き続けてしまっています(笑)

---茜さんはどのような業務を担当されているのですか?

私のお仕事は大きく分けると2つあります。

1つ目がリサーチ業務、2つ目がバックオフィス業務です。

リサーチ業務は、海外や国内のHR、ヘルステック領域の企業や事例を調査しています。

調べた企業の中から参考になりそうなビジネスモデルやサービスを探し出し、プロダクト開発の参考にすることが目的です。Boulderが提供しようとしているサービスの領域は海外でベスト・プラクティスが進んでいるため、最先端の海外事例を集めています。

---海外の事例などを調べるのは骨が折れそうですね…どんな時にリサーチ業務のやりがいを感じますか。

私は英米文学科に所属しているので英語が人並みにはですが使えるため、そのスキルを生かせて、かつほぼすべてを自由に任せてもらっているので楽しいです。

また、様々な企業のビジネスモデルやサービスなどの知識を知れることもとても面白いですね。特にHR領域なんてBoulderでインターンを始めるまでは全く興味なかったですし、このような機会がないと絶対に知ることがないようなサービスばかりなので驚きや好奇心をくすぐられどんどん調べてしまいます。
また何よりも、自分が調査した結果がBoulder全体のキックオフ資料に使われたりプロダクト作りのアイデアの一つになったりするのはとても嬉しいですね!

ちなみに私は4月からIT系の企業に就職するので、他企業のサービスやビジネスモデルなどの知識が、今後活きてくることがありそうだなと感じています。

もう1つのバックオフィス業務は経理を中心とした、人事や労務・総務など、いわゆる会社を支える仕事です。大きな会社だとバックオフィス業務は業務別に部署が存在していると思います。が、スタートアップの場合は、人数も少ないので多様な業務を一つの「バックオフィス」として担わなければいけません。現在は顧問の方に鍛えていただきながら2人で頑張っています。

---バックオフィス業務の大変なところとやりがいを教えて下さい!

多岐にわたっている業務なので調べないとわからないことだらけなことが大変であり、やりがいでもあります。

法律や税金などのことなど、未だに分からないことは多いですが、皆無だった知識が徐々に増えてきて、成長しているという感覚はやりがいになっています。

バックオフィスはフロントに立っている人を支えることが大前提なので、牟田さんと出会ったときに感じた「頑張っている人を支えたい」という意味では自分も微力ながらBoulderを手伝えているんじゃないかなと仕事を通して実感しています。

また、最近は起業を志す年の近いインターン生が増えていて、そのような夢に向かって働いている人たちを目の当たりにできるのもやりがいの一つだと思います。


---ありがとうございます。それでは次にBoulderの良いところ悪いところを教えて下さい。

 いいところはたくさんあるのですが、1番はメリハリがあるところだと思います。会議や議論するときは社員・業務委託全員が真剣に意見を出し合う。会議終わりや休憩時は皆で笑いあう。だらだら仕事をするというよりかは皆さん集中するときは集中し、休む時はしっかり休むというメリハリがある会社だなと思います。

 悪いところは....正直思いつきません(笑)というのも、先ほどお話させていただいたようにインターン生の私からするとBoulderは学べることが多い職場で、何よりも成長できる環境が整っていると思います。どんなことでも学べてしまうから悪いところは思いつかない、というのが正直な感想です。

---最後に、これからBoulderでどうありたいですか?

 牟田さんをはじめとするBoulderに関わる人全員が、安心して仕事を任せられるインターン生になりたいです。特にバックオフィス業務は知識をもっとつけなければいけないと思っているので率先して学んでいきたいと思っています。また「相手が次に必要とするものを考えて行動してみよう」と顧問の方からアドバイスを頂いてからは、「目の前の業務」だけでなく「これから必要になる業務」も考えるようになりました。「今」の業務も「これから」の業務もBoulderの皆さんが安心して任せられるよう、日々精進していきたいです。

---本日はありがとうございました!

株式会社Boulder's job postings
関われば関わるほど仕事したくなる。インターン生が語るそんなBoulderの魅力とは?
清水 茜
株式会社Boulder / インターン
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings