1
/
5

【映画好き必見】オウンドメディア「シネマノーツ」のお勧め記事3選。

株式会社Wediaでは音楽サイト「OTOKAE」やフィットネス総合サイト「トレーニングマスター」など複数のオウンドメディア運営をしている会社です。

本日は、洋画から邦画までありとあらゆる映画の考察を楽しめる「Cinema Notes(シネマノーツ)」について紹介します。

「Cinema Notes(シネマノーツ)」とは

Cinema Notes(シネマノーツ)は映画を見終わった後に、気になる伏線や映画の意味などについて解説や解釈をする映画情報サイトです。

洋画から邦画まで幅広く、それぞれのストーリーに隠されたエピソードや疑問点を紹介してます。

映画だけでなく、TVドラマやアニメ、ミュージカルまで全30カテゴリー以上の情報を掲載しているのも特徴です。

「Cinema Notes(シネマノーツ)」お勧め記事3選

①SF部門1番人気『GANTZ』

【GANTZ(ネタバレ)】GANTZは何のために存在するのか徹底考察!先に攻撃したのは人間?なぜ死者を兵士として使うのか

『GANTZ』は2011年に奥浩哉原作の漫画を実写化し公開された映画です。

アイドルグループ「嵐」の二宮和也 と個性派俳優の松山ケンイチのダブル主演で話題になりました。

バトルアクションでありながら、ミステリー要素も備わった完全バーチャルな世界観が観客を魅了します。

劇中の重要アイテム黒球GANTZの真相を深堀したい人は必見です。


②コメディ・ファンタジー・ミュージカルを兼ね備えた洋画「チャーリーとチョコレート工場」

【チャーリーとチョコレート工場】ウォンカの言動に見える幼児性の意味を考察!チャーリーとの出会いで彼の心はどう変化した?

あの有名なティムバートン監督ジョニー・デップの最強コンビによる映画。

大人から子どもまで魅了してしまう独特の世界観。そして、親子で巡る甘くとろけるチョコレート工場に隠された罠。

シュールな描写の中に隠された意味を考察するのは1度見ただけでは難しいかもしれません。

上記記事では、チャーリーとウォンカの人間性に迫り、映画に隠されたメッセージをを追求します。


③誰もが絶叫するドキュメンタリー式ホラー「パラノーマル・アクティビティ」

【パラノーマル・アクティビティ(ネタバレ)】ケイティの正体は何だったのか徹底考察!オリジナル版とDVD版の結末の違いは?

2007年作成のリアリティが半端ないホラー映画。

撮影日数はわずか7日で、場所は監督の自宅のみ。そしてキャストは無名俳優ということで話題を呼びました。

主人公のケイティとその家族が、どんどん悪化する奇怪な現象と直面していく様子は「恐怖」そのものです。

この映画はオリジナル版とDVD版で異なるエンディングを楽しめます。

ストーリーに隠された「悪魔」の正体、リアリティを映し出す映像の真相、この映画が与えた影響などについて、もっと深く知りたい人にお勧め。

映画×ITのアイデアが生んだ「Cinema Notes(シネマノーツ)」

「Cinema Notes(シネマノーツ)」はもともと「映画の意味を深掘りしたい」「もっと映画をたのしみたい」などのユーザーニーズに応えるために立ち上げられたメディアです。

株式会社Wediaでは、映画だけに限らず、常に新たな視点から「ユーザーの当たり前」を実現できるメディア運営を目指しています。

つまり、ユーザーニーズがある限り、どんなトピックもメディア化することが可能です。

Wediaでは現在、事業拡大に伴い新たなスタッフを募集しています。

自分の「こだわり」や「好きなこと」をメディアにして、世の中のユーザーの当たり前を作りませんか?

株式会社Wedia's job postings

Weekly ranking

Show other rankings